このページではテストエンジニアとテスターの違いについて解説していきます。
「テストエンジニア?」「テスター?」何が違うの?
ということでもやもやしている人もいるかもしれません。

現役エージェントがそのあたりを簡単に説明してみます。

私

転職パンダ転職パンダ

ちなみにテスト案件がたくさんあるエージェントってあるの?


私


レバテックフリーランス
がおススメ。他のエージェントに比べ単価も高い。

呼び方以外は同じ?

テストエンジニアとテスターはほぼ同じ。
ただし一般的にテスターは「テストをする人」でテストエンジニアは「テスト全般を行うエンジニア」というようなニュアンスが強いです。
そのため、あえていうのならテストエンジニアのほうが上級レイヤーの作業者といえると思います。

ただしフリーランスエンジニア向けのエージェントの中では「テスター」という呼び方が一般的で
「テストエンジニア」という呼ばれ方は少ないです。
エージェントの中ではほとんどが「テスター」という呼び方のため「テストエンジニア」も区別なく使っている使っているのが少し気をつけたほうがいい点かもしれません。

テストエンジニアの適正について

少し脱線しますが、
テストエンジニアについての適正について書いてみます。

WEBエンジニアや開発エンジニアの中でもテストエンジニアとして適正がない人は結構います。
それは「短気」や「仕事が雑」や「コミュニケーション能力が低い人」です。

テストエンジニアの場合、
コツコツと正確に作業することが求められます。
また、開発部隊とコミュニケーションをとったり打ち合わせを行う機会もありますので、
一定のコミュ力は必須です。

まとめ

テストエンジニアとテスターの違いについて
まとめてみました。
みなさんの参考になれば幸いです。