フリーランスだけどロースキル案件ってあるの?

このページではフリーランスエンジニアのロースキル向け案件について
解説していきます。
フリーランスで独立したものの、経験不足やスキル不足で案件探しに困ってはいないでしょうか?
著者の周りにも結構そういう開発者の方はいます。
そんな悩めるあなたの参考になれば幸いです。
では早速見ていきましょう。

私

ちなみにロースキル案件がたくさんあるエージェントってあるの?

転職パンダ
転職パンダ
私

レバテックフリーランス
がおススメ。他のエージェントに比べ単価も高い。

ロースキル案件もバッチリ!おススメのエージェントはこちら

そもそもロースキル向けの案件はあるの?

そもそもフリーランスでロースキル向けの案件ってあるのでしょうか?
結論からいうとあります。

著者は業務委託やSES契約での営業を行っているのでそのあたりはよくわかります。
SEの派遣会社は毎年4月になると未経験の新卒エンジニアが入社してきます。
彼らは当然未経験なのですが、営業は手分けをして未経験で現場に入れる案件を探すわけです。

全くの未経験者でも1~2か月以内には何らかの現場に参画できていることを考えれば
ロースキル向けの案件はある、というのは明らかです。

では、一体ロースキル向けの案件とは具体的にはどういったものがあるのでしょうか?

私

私が見たロースキル案件としては、運用保守フェーズとなったプロジェクトでSIerが下請けITベンターに仕事を投げているケースです。下請けITベンターも運用保守は単価が低いため、できるだけ自社のロースキル技術者を投入しようとします。更に、それで手が足りなそうであれば他のSES会社からエンジニアを派遣してもらい自社のエンジニアとして投入します。この末端のエンジニアレベルになると、完全な未経験なことも珍しくありません。

ロースキル向けにはどういった案件があるのか

一言でロースキルといっても、開発エンジニアなのかインフラエンジニアなのかディレクターなのかはたまたデザイナーなのか
業種によって異なります。
一つ一つ説明をすると大変なので最も割合として多い開発エンジニアに絞って説明させていただきます。

  • テスター
  • 開発
  • 開発補助
  • コーディング

ではちょっと見てみましょう。

私

ロースキル案件とはどういう作業をするか知ることも大事。

ロースキル案件もバッチリ!おススメのエージェントはこちら

テスター

ロースキル案件の代表格いえるテスター
もっとも案件数としては多いです。

新卒エンジニアは大部分がテスター案件にアサインされます。

  • 必須スキルとしてはコミュニケーション能力
  • 面談時の人柄が重視される傾向にある
  • 開発知識や経験があれば尚よし
  • テスターの経験があれば尚よし

ポイントとしてはこんなところでしょうか。
単価の目安としては35万円~45万円程度が目安です。

私

ロースキル案件で最も多い。テスターを足掛かりに、ちょっとした修正をやらせてもらうなどして、徐々に開発に移行していくというのが、一般的な新卒エンジニアのキャリアパスです。

開発

未経験ロースキルから開発案件に入れるケースは稀ですが、
業務委託案件の中には「ポテンシャル採用OK」や「現場で教育します」という
案件もあります。
もちろん本人の能力が一定以上あることが前提。

こういった案件自体は少ないため運とタイミングに左右される部分があります。
ラッキーにも面談にいけた場合はやる気をアピールすることが大切です。
また、何らかの成果物があれば準備しましょう。

単価の目安としては40万円~50万円程度が目安です。

私

タイミング次第です。しかし、よほど困った(炎上中の)現場でなければ、未経験のエンジニアをアサインすることはありません。もし受けるのあれば、相応の覚悟が必要でしょう。

開発補助

開発SEの手伝いをするようなポディション。
上述した開発案件のように「ポテンシャル採用」の意味合いが強いです。
多くは長期案件なので、スキルがついてくれば開発に携われるケースも多々あります。

単価の目安としては40万円~50万円程度が目安です。

私

頑張り次第でステップアップできる。しかし、指揮命令を受けることが前提なので、準委任契約(SES契約)や請負契約だと偽装請負になってしまいます。コンプラに緩いITベンダでないとこういった発注形態はないかもしれません。

コーディング

いわゆるWEBサイト開発のコーダを指します。
HTMLやCSSの理解があればある程度作業を進められるため敷居は低い。
未経験やロースキル人材と相性がよく、
案件がない場合はコーディングレベルを上げるためにこういった案件に参画するのも戦略の一つです。

単価の目安としては40万円~50万円程度が目安です。

私

自分でサイトを作ったりポートフォリオを作成するのもおススメ。プログラムの初心者は、HTMLとJavascriptを使ってWebサイトを作ってみると非常にスキルが上がりますよ。

ロースキルとフリーランスエージェント

さて、ロースキルの場合自分で仕事をとってくるのが大変難しいです。
常駐エンジニアの場合、フリーランスエージェントへの登録が必須になってきます。

自分の希望案件と単価などのすり合わせをした後、
打ち合わせ後案件紹介のスタートとなります。
フリーランスエンジニアの場合、エージェントとの付き合いが成功の秘訣といってもいいでしょう。

私

レバテックフリーランス
がエージェントの代表格。他のエージェントに比べ単価も高い。

まとめ

フリーランスのロースキル案件について簡単にまとめてみました。
ページで説明したように案件自体はたくさんありますので、
あとは本人の努力次第です。
「自分のスキルをあげる」「エージェントに依頼したくさん案件にエントリーする」
この二点さえ意識すれば間違いなくうまくいくと思いますので、
若手の皆さん頑張ってみてください!

エージェントを利用して賢く稼ごう!

フリーランスエンジニア向けのロースキル案件についてまとめてみました。
ロースキル案件や若手案件といえど、単価にはこだわりたいですよね?
効率よく高単価案件に参画するためにはエージェント選び、商流が最大のポイントです。

私

稼ぎてえ

エンジニアのベース単価によっては10万円単位で手取り報酬が変わってきますので、効率よく稼ぐためにはココにこだわるのは当然といえるでしょう。

確かに!

転職パンダ
転職パンダ

少しでも高待遇で現場に参画するには、なるべく自分のスキルにあったエージェントから案件の紹介をもらうことが成功の秘訣です。
フリーランスエージェントはたくさんあるのでネットで自分のスキルに見合った企業を探してみましょう。
当サイトおススメのエージェントもご紹介しておきますので、よかったら参考にしてみてください。

エージェントによって単価や商流って全然違うんだよね。ここが稼げるか差がつくポイント!

転職パンダ
転職パンダ
私

まずは案件の紹介をしてもらい比較してみるといいよね。

最強エージェント!レバテックフリーランス

【登録はこちら】レバテックフリーランス


ご存じレバテックフリーランス。直案件&高単価が魅力です。
オープン系開発からインフラ、スマホ案件まで全て揃ってます。
全てのフリーランスエンジニアは登録必須といっても過言ではありません。

私

オープン系からインフラ系、デザイナー系まで幅広い案件をそろえている。商流浅めと高単価が魅力的。フリーランスエンジニアのド定番サイトなのでまずは登録しておくべし。

20年の実績!圧倒的な案件数のフォスターフリーランス

【登録はこちら】【フォスターフリーランス】


一部上場企業のグループ会社であるフォスターフリーランス。
20年の実績とノウハウがありとにかく安心して仕事ができるのが特徴。
営業スタッフの質が高いことでも有名。

私

若手からベテランまで安心して仕事探しを任せることができる。オープン系とインフラ系に強みがある。最新技術の案件も取り扱い多数。トータル力が高く、まず間違いがないエージェント。

最新の案件多数!エンジニアの強い味方!ギークスジョブ

【登録はこちら】フリーエンジニア79.6%が金額アップ↑↑【ギークスジョブ】

気になるベンチャー、勉強している新しい言語・・・
業界でも最先端の案件や情報を取り扱ってます。
まさにギークのためのエージェントです。

私

JavaやPHPやPythonやRuby。オープン系に強い。最新言語の案件が非常に多く、他ではなかなか紹介できないような現場の紹介をしてもらえる。