このページでは客先常駐でクレームにならないための方法を上げてみました。
客先に派遣される開発者にとって最も怖いのがクレーム。
自分で自覚がなくとも周りからのクレームがくる場合、何らかの理由があります。

クレームが発生すると自社からの評価にも影響し、自分の給与にも悪影響を及ぼす可能性があります。
また、クレームがくるエンジニアは何度も繰り返す傾向があります。

問題が起きている原因を知り、早急に改善する必要がありますので、
自分は大丈夫かどうか一度振り返ってみることが大事です。
早速よくあるクレームの内容と対策をみていきましょう。

勤怠のクレーム

客先常駐エンジニアで最も多いといってもいいのが勤怠に関するクレームです。
遅刻、早退、欠勤などが常識を超えた頻度で発生する場合、大きな問題になります。

正社員の場合、風邪をひいて一週間休んだとしても周りから心配されるだけで終わりますが、
外注派遣の場合はそうもいきません。

正当な理由があったとしても支払いについての調整や、今後の対応策などかなり厳しい指導が入るケースもあります。
クライアントからしたら外注に対しては決して安くないお金を払っている存在。
にも関わらず、工数が常識を下回っていれば当然費用対効果の面でと問題視されるのも理解できます。

もちろんインフルエンザや1日2日程度の風邪であれば仕方ありませんが、
大幅に勤怠が乱れる場合、いきなり一発レッドカードを突き付けられる例もあります。
ただし同じように勤怠が乱れるにしても普段しっかり稼働しているのと、ちょくちょく遅刻や欠勤をしているとでは大きく印象が異なります。
社会人として当たり前のことですが、普段から時間を守り勤務することを心がけましょう。

スキルのクレーム

単純に周りの人のレベルに追いついていない、という理由でクレームになる場合もかなりの割合をしめます。
常駐先の中には非常にレベルの高い社員ばかり集めているような開発現場もありますし、クライアントからの要望が無茶な場合もあります。

ただしそういった特殊なケース以外でスキル面でのクレーム、というのはやはり自分の問題があると考えるのが自然でしょう。
そういった問題が起きた場合、自分に一体何が足りないか認識し、必死に勉強することが必要です。
スキル不足を指摘されるとたまに逆上し開き直る人がいますが(笑)そのような態度は好ましくないですね。

仮に一つの現場でスキル不足が指摘されたとして、それを次の現場への糧とすればいいだけです。
長いエンジニア人生なので、少しずつレベルアップしていくという謙虚な気持ちで取り組みましょう。

コミュニケーションのクレーム

勤怠、スキルの次に多いのがコミュニケーション不足を指摘されるケースです。
多くの場合、上長や同僚と意思疎通がとれていないことがほとんどです。
完全に一人で開発をする、というケースは少ないため、どのような現場にいっても必ず必要なスキルであると言えます。

具体的にどういった内容の指摘が多いのでしょうか。
例えば上長の指示を理解しない、従わないなど。
もちろん最初から理解しようといない人や、ましてや従わない人はいないと思います。
一緒に仕事をするなかでホウレンソウがないために、そのように思われるケースが多い、というのが本当のところだと思います。

コミュニケーション力不足を指摘すると多くのエンジニアは、現場の雰囲気や社風、上長の指示や仕事の進めかたを理由に責任回避しようとします。
それは考え方を改める必要がありますよね。
報告、連絡、相談を行って社会人として当たり前のことを態度をとっていれば、
スキル不足を指摘されることはあってもコミュニケーション力のクレームになりません。

不満がたまったり、うまくいかないからといって自分の殻にこもってしまっては悪循環を招くだけです。
開発だけでなく、それに付随する問題解決を行う事、というのもエンジニアの仕事のうちだと認識し業務に取り組みましょう。

服装、その他のクレーム

 

上位3つに比べるとやや割合は少ないですが、服装やその他を指摘されるケースです。
服装はだらしない、というのが一般的です。
何をもってだらしないかは人それぞれですが、例えばワイシャツのボタンをヤンキーばりにあけていたらちょっと怖いですよね(笑)

その他、というのはレアケースですがいくつかあります。
夏場の匂いや香水、セクハラなどまあ色々なパターンがあります。
職場が特殊な場合を除き、一度指摘されたものは必ず改善できるケースがほとんどなのですぐに対処しましょう。

まとめ

客先常駐で多いクレームをいくつかまとめてみました。
明日から改善できるような内容ばかりなのですぐに対処しましょう。
ではまた!