このページではフリーランスエンジニア向けに国籍不問の案件求人はあるのか?
という点について解説していきます。

日本で働くフリーランスエンジニアの方も最近大変増えてきていますよね。
外国籍エンジニアの皆さんでフリーランスになろうと検討してる方も多くいらっしゃるかと思います。
そういった方のために現役エージェントが詳しく説明してきます。
では早速見ていきましょう。

転職パンダ転職パンダ

ちなみにおススメのエージェントってあるの?


私


レバテックフリーランス
がおススメ。他のエージェントに比べ単価も高い。


SES営業の田中さんSES営業の田中さん

業務系エンジニアの場合は【Pe-BANK】
もおススメ。

結論:結構ある

まずは結論から。
国籍不問のフリーランス案件は結構あります。
そもそもプログラミング言語というのは、国籍はや言語を問わないのが特徴の一つといっていいでしょう。
とはいえ、残念ながら企業によっては「日本国籍のみ」を対象としている案件もまだまだ多いです。
やはり国籍不問の外国籍OKの案件はまだまだ市民権を得ていない、というのがSES業界の現実です。

ただ、このような環境の中でも日本の開発者と同じか、同等のスピードですぐに現場が決まる方も
実は結構多いです。

そういった方には共通の特徴があります。
簡単にまとめてみましたので参考にしてみてください。

私

案件自体は多い。

こうすれば現場がすぐきまる!4つのポイント

すぐに現場が決まるフリーランスエンジニアには共通したポイントがいくつかあります。
毎回なかなか現場が見つからない、という人は参考にしてみてください。
もちろんすぐに改善することは難しい内容も含まれていると思いますが、きっと参考になる情報だと思います。
以下の4ポイントです。

・日本語が流暢(日本語検定1級以上)
・オープン系の開発エンジニア
・面談受けがよく、協調性がある性格である
・営業の強いエージェントと繋がりがある

では簡単に解説していきます。

私

案件探しに毎回苦戦している人は参考にしてみてください。

日本語が流暢(日本語検定1級以上)

これは非常に大切です。
国籍不問の現場といっても、半数以上が日本人で日本語での会話がされる事が基本だと考えていいでしょう。
開発作業や会議、簡単な打ち合わせにおいて最低限のコミュニケーション能力と日本語力が求められます。

基準は日本語検定1級以上です。
もしまだ日本語検定1級資格を取得してない、もしくはそのレベルに達していない人は日本語のレベルアップに時間を投資しましょう。

方法はいくつもあります。
・知人のソフトウェアエンジニアに日本語の家庭教師をしてもらう
・日本語教室に通う
・自習し単語の知識を増やす

このいずれかを一年ほど継続し、日本語で生活すればかなり日本語能力の向上が見込めます。
日本語の中でも特に難しいのがイントネーションです。
このあたりは外国籍のかたが一番つまずきやすいところです。
誰に教えてもらってもいいので、「イントネーションがおかしなところがあったらすぐに指摘してください」と伝えましょう。
これで大分聞き取りやすくなりますし、印象も変わってきます。

私

コツコツと地道な努力が必要ですね。

オープン系の開発エンジニア

国籍不問案件のほとんどはオープン系の開発案件です。
フリーランス向けのインフラエンジニアの案件や求人はかなり少なく、苦戦が必至なのでインフラ技術者の場合は、正社員での転職活動をしたほうが現実的です。

また、オープン系の開発言語ですが、Java案件に最も案件が集中しております。次点でPHP案件です。
これからプログミング言語を学習する開発者はそのあたりに注力すると効率よく採用が決定する事でしょう。

私

これは大事。

面談受けがよく、協調性がある性格である

せっかくマッチする案件があって面談まで進んでも、そこで落ちてしまっては何の意味もありません。
面談で落ちる理由は国籍問わず以下2つです。
・プログラミングスキル不足
・コミュニケーション不足

一つ目のプログラミングスキルについてはすぐに向上させるのは困難です。地道の努力し知識と経験を蓄えていくしかありません。
ただし二つ目のコミュニケーション力はちょっとした意識の持ちかたで相手に与える印象が違ってきます。

面談は極論印象が全てです。
「この人と一緒に働いてみたいな」「いい人そうだな」
という印象を与えることができればほぼ合格するといっても過言ではありません。
では具体的にどこに気を使えばいいのでしょうか?

それは
・ニコニコしている
・相手の話を最後までよく聞き、さえぎらない」
・丁寧なしゃべり方をする

これだけで充分です。
「そんなの簡単だよ」といわずにやってみてください。
自分では全く問題ないつもりでも採用担当者や面接官から見たら全くできてない、ということは往々にてありますので是非騙されたと思って試してみてください。

私

意外とできてない人が多いです。

営業の強いエージェントと繋がりがある

最も楽なのが、案件数の多いエージェントと繋がりをもつことです。
フリーランスエンジニアの場合、特に紹介される案件数がもろに営業効率に影響がでます。
実は自分のスキルを磨く、コミュニケーション力を磨く以上にエージェントとの付き合いは大事です。

特に高単価を狙うエンジニアにとってはエージェントの存在は欠かせません。
高報酬の案件というのは、常駐先がメガベンチャーや大手企業などが非常に多いです。
そういったクライアントは個人では取引ができず、口座を開けないため、いかにエージェントがそういった企業とのコネクションを持っているか、というのがエンジニアの収入に直結します。

私

優秀なエージェントと付き合おう。

国籍不問の案件を探す方はこちら

当ページでも説明したように国籍不問案件にアサインするためには、まず案件数の多いエージェントに登録することです。
一概にエージェントといっても企業ごとに強みが特徴がありますので、自分にあったエージェントを探してみましょう。

サイトから登録→相談(打ち合わせ)→案件紹介というフローが一般的です。
エージェントはネットで検索すればたくさんでてきますし、当サイトのおススメのエージェントも紹介しておきますので参考にしてみてください。

私

まずは登録!どんどん案件の紹介をもらおう。

最強エージェント!レバテックフリーランス

【登録はこちら】レバテックフリーランス

ご存じレバテックフリーランス。直案件&高単価が魅力です。
オープン系開発からインフラ、スマホ案件まで全て揃ってます。
全てのフリーランスエンジニアは登録必須といっても過言ではありません。

 

業務系や汎用系強し!信頼と実績のPe-BANK

【登録はこちら】【Pe-BANK】

フリーエンジニア向けの案件数&実績抜群!
業務系エンジニア御用達のエージェントです。

 

 

 雇用保険&年金加入や契約社員OK!安定のmidworks

【登録はこちら】【midworks】

保険加入可能。高収入と安定性を実現する素晴らしいエージェント。
安定性を求めるかたにはぴったり。

ハイスキル案件多数!上流SEであればHigh-Performer

【登録はこちら】High-Performer

コンサルや上流レイヤー向け案件多数。
熟練エンジニアや高報酬を狙うあなたは登録必須です。

最新の案件多数!エンジニアの強い味方!ギークスジョブ

【登録はこちら】フリーエンジニア高額案件多数【ギークスジョブ】

気になるベンチャー、勉強している新しい言語・・・
業界でも最先端の案件や情報を取り扱ってます。
まさにギークのためのエージェントです。