※フリーランスエージェントの手数料と中間マージンを知ろう!【決定版】

このページではフリーランスエンジニア向けにフリーランスエージェントの手数料についてお話をしていこうと思います。

  • マージンをたくさん引かれている気がする
  • 単価が相場に比べて安い
  • 商流が深くて単価が安い
  • もっと単価があがらないかと考えている
  • よりいいエージェントがあれば乗りかえしたい

こういった方向けの記事です。
著者は現役のフリーランスエンジニアです。
このページはマージンとエンジニアが稼ぐためのエージェント選びという観点で色々情報を提供していこうと思います。
是非皆さんの参考にしていただければ幸いです。

ちなみに手っ取り早く高単価の案件につきたいんだけど。

転職パンダ
転職パンダ
私

直案件のみtech tree と定番の【Pe-BANK】の組み合わせが一番だろうね。
色々なエージェントをみてきたけどエンジニアへの還元率が段違いに高いよね。

まずは契約先と商流について理解しよう


まずは基礎的な部分から解説させていただきます。
フリーランスエンジニアはエージェントを介している場合常駐先(お客様)ではなく、フリーランスエージェントと契約を結びます。
フリーランスエージェントはクライアントと契約を結びますし、間に元請けやSierが仲介している場合はさらにその企業同士で契約を締結します。

以下みたいな感じ。IT業界独特の下請け構造と言われたりしますよね。

転職パンダ
転職パンダ

(契約イメージ)
企業←→フリーランスエージェント←→フリーランスエンジニア

もちろん中間に入っている企業は営利目的として介在しているわけなので、
商流にはいった場合は手数料をとっているわけです。

(複数企業が入っている例のイメージ)
企業←→Sier←→フリーランスエージェント←→フリーランスエンジニア
企業←→フリーランスエージェント←→フリーランスエージェント←→フリーランスエンジニア

(※←→の部分で中間マージンが発生している訳です。)

私

このように発注者から最終受注者までの間に複数企業や仲介会社が入ることを商流、といいます。
中間にはいる企業が多いことを商流が深い、といったりします。

商流が入るデメリットについては別ページでも詳しく解説したので参考にしてね。

転職パンダ
転職パンダ
私

商流に入っている会社が多ければ多いほどマージンが引かれているため、エンジニアの単価が安くなってくる、というのが一般的です。

とにかく商流が入るとデメリットが大きい、と覚えておこう。単価が安い原因の多くはこれが占めるわけです。

転職パンダ
転職パンダ

 

実は単価を左右するキーマン!!SES営業とは!?

常駐型のフリーランスエンジニアにとって非常に大切なのがフリーランスエージェントの存在です。
エージェントの営業担当をSES営業といいエンジニアの報酬にも大きな影響があります。

  • 案件の紹介
  • 面談のスケジュール調整
  • 契約締結
  • 入場後のフォロー
  • 単価交渉
  • トラブル対応

など全面的にサポートします。

鉄板!フリーランスに大人気のエージェント
  • 【Pe-BANK】 ・・・老舗エージェント。業務系案件に強みあり。全国をカバー。これであなたもプロのエンジニアになれる。

フリーランスの常駐エンジニアにとっては必須の存在です。フリーランスエージェントという言い方もします。

転職パンダ
転職パンダ