40代のおじさんプログラマーが転職に成功する全知識とノウハウ

このページでは40代プログラマーの転職についてお話していこうと思います。
40代向けのエンジニアで

  • 年収が低いので転職しようか検討している
  • 今の会社でずっと働き続けることができるか将来が不安だ
  • 年齢的に転職できるギリギリだと思い迷っている

こういったことで悩んでいる方向けの記事です。
このページを最後まで読むことで40代エンジニアの市場価値と転職ノウハウについて理解していただけますので興味がある方は是非参考にしてみてください。

ちなみにすぐ転職したい人とどうすればいいの?あと年収も上げたい。

転職パンダ
転職パンダ
私

ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】という転職エージェントがめちゃおススメです。年収アップの実績が非常に豊富だよ。40代のプログラマーの転職であれば抜群の実績をもっています。質の高いエージェントがそれを実現可能にしているんだ。

ありがとう。転職活動頑張るね!

転職パンダ
転職パンダ

プログラマー35歳定年説は本当か?

かつてプログラマー35歳限界説というものがありました。
それは、以下のような理由から一定年齢を過ぎるとシステム開発者として大幅にパフォーマンスが落ちる、というような理由からです。

  • 体力の低下
  • 学習能力の低下
  • 柔軟性の低下

しかしながら現在はそもそも経験やスキルが積み上がり一人前になるのは30代後半からという見方が多いため、35歳限界説はあまり現実に即しているとは言えない考え方と言えるでしょう。

年齢別の市場ニーズについて

まず昨今のIT業界の人材ニーズを年齢別にみるとどうなっているのでしょうか?
最もニーズが高いのは20代で若ければ若いほうが価値が高いという状況です。
大手企業やベンチャーがこぞって若手SEの青田刈りをしているのが現状でして、今後のこの傾向は続くと言われています。
とはいっても全体的にIT業界は圧倒的な人材不足です。
30代後半や40代でも一定のスキルや経験さえあれば引く手あまたであるということは間違いありません。

 

40代が転職のタイムリミット

ただし40代後半や50代前半になってくるとさすがに企業の反応は鈍くなってきます。
ですので30代から40代のうちにいかに優良企業に内定をもらい定年までに稼ぐかというのがエンジニアの生涯賃金を決定するうえで大変重要になってきます。
そのためには自分の市場価値を少しでも高め企業に売り込むことが重要です。
いくらIT業界が売り手市場だからといってもスキルの低いエンジニアではいい条件で就職することは困難だと言えるでしょう。
つまり

  • なるべく年齢の高いうちに転職活動をスタートさせる
  • 市場価値を高めて自分を売り込む

これが30代40代の転職活動を成功させるために重要なポイントなのです。

40代以降のプログラマーが市場価値を高める方法について

では実際にプログラマーが市場価値を高め自身を高く売り込むためにはどういった努力が必要なのでしょうか?
ごく簡潔にいうと

  • プログラミング能力そのものを高める
  • 業務知識や専門知識を高める
  • ビジネスマンとしての能力や人間的魅力を高める

この三点があげられます。
市場価値を高めるといいますが決して簡単ではありません。
現時点の年収が低いのであればそれは市場価値が低いということに他なりませんのでまずはそれを認識し少しでも努力で補うようにしましょう。

プログラミング能力そのものを高める

プログラマーにとってプログラミングの能力は最も重要なのはいうまでもなく、
技術力さえ高めることができれば年収というのは自ずとついてくるのがエンジニアという仕事です。
にも関わらずプログラミングの勉強を常に向上心を持って取り組んでいるエンジニアというのはほんの一握りです。
プログラミングのセンスや論理的思考力というのは一朝一夕で身につくものではありませんが学習量に比例することは間違いありません。

私

本当に年収をあげたいと思ったらコツコツとプログラミングの学習をしスキルを上げることが最も手っ取り早く年収を上げるコツなのです。

スキル不足を指摘されるエンジニアはそもそもの考え方を変える必要があるケースもあります。
エンジニアのスキルについてはこちらの記事で詳しく説明したのでさらに詳しく知りたい人は参考にしてみてください。

鉄板!エンジニアに大人気の転職エージェントはこちら

業務知識や専門知識を高める

市場価値を高めるためにできる最も簡単かつシンプルな方法が業務知識や専門知識を高めることです。
転職市場において同業他社で仕事をしていた経験や特定業務に関する専門知識は大きなアドバンテージになります。
実際にIT業界において同業間でのヘッドハンティングが頻繁に行われていることからもその事実が理解していただけると思います。
具体的なアクションとしては

  • 今の仕事に関する資格を取得する
  • 今までの実績をポートフォリオにまとめ同業他社を狙う
  • 自己学習し業務のスペシャリストになる

この三点をおススメしておきます。
この方法が簡単といったのは日々の業務で関わる部分なので理解が早いことが理由です。
全く業務にかかわったことがない人が勉強をするのとは訳が違います。

私

繰り返しになりますが同業他社での経験や専門知識というのは本人が思っているよりずっと価値があるものなのでそこを突き詰め市場価値を上げるというのは大変合理的な方法なのです。

ビジネスマンとしての能力を高める

市場価値を上げるために重要なポイントの三点目はビジネスマンとしての能力です。
プログラマーというのは依頼された設計書とコードを書いてテストして納品すれば終わりだと思っている人が非常に多いのです。
プログラマーの仕事は本質的にはプログラミングを通じて何らかの問題解決を行うという価値を提供しなくてはいけません。
そのために自分がクライアントのために何ができるかというビジネス視点が非常に重要なのです。

コミュニケーション能力や折衝能力や提案力も市場価値を高めるには必要

そのために

  • クライアントのニーズを引き出すためのヒアリング力
  • サービスを深く理解する努力
  • 改善のための提案をするプレゼン力

という能力が必要になってきます。
こういった能力はプログラミング能力というよりはコンサルに近い仕事です。
ただしこのような意識を持つことでどこでも活躍できる人材になれますしあなたと一緒に働きたいと思う企業は間違いなく増えるでしょう。
プログラミングという枠だけにとらわれるのでなくビジネスを包括的にみる視野や能力があなたの市場価値を高めるのです。

40代プログラマーの年収・給料について

さて、次に40代プログラマーの年収と給料についてみてみましょう。
厚生労働省の調査をもとに算出されたプログラマーの平均年収ですが、
40代の場合、40歳~44歳で475.4万円、45歳~49歳で515.85万円というデータがあります。
(参考:厚生労働省賃金構造基本統計調査

なお、40代にこだわらず20代~60代の全世代別の平均値についても述べておきます。
これについては直近はコンスタントに年収500万円を超えているというデータがあります。

プログラマーは稼げる?

このようにデータを見る限り「稼げる」職業ということは間違いなさそうです。
これはあくまでも平均値であり都内で働くのであれば地方より年収も高いのが一般的ですし、派遣やアルバイトという雇用形態も含まれていることを考慮すると実態はもう少し年収が高いと思われます。

私

著者の知り合いでも年収700万円~800万円というのはごくごく平均値ですし、
優秀なWEBエンジニアや大手企業に勤めているエンジニアであれば年収1000万円を超えるケースはざらです。

鉄板!エンジニアに大人気の転職エージェントはこちら

40代のプログラマー転職者に多い質問と回答

著者は業界での経験も長いため、40代のプログラマーから色々と相談を受けることが

あります。
実際キャリアについて悩みを持っている人はとても多いのですが、
実は何パターンかに分けることができます。

悩めるプログラマーのお役に立てればと思い、質問とその回答を簡単にまとめてみました。
よかったら参考にしてみてください。

ただ年収アップをしたいという転職はNGなのでしょうか?

転職相談者で最も多いのが給料に不満を持ち転職するケースです。
仕事をする以上しっかりと年収で評価されたいと思うことは健全であり全く問題がありません。
特に客先常駐SEや派遣型SEの場合不当に搾取されていて年収が抑えられているケースが多いので面談時に年収を理由にするのはOKということにまります。

40代なのですがマネージメントや上流工程の経験がありません。転職できますか?

40代で上流工程経験がないとなると転職市場では苦戦する可能性があります。
それは40代であれば即戦力で一人称で対応できる人材が求められるからです。
ただし本文でもお伝えしたように、何かに強みを持ったり業種に特化している人材であれば突破できるケースもあります。
あくまでも年収アップが希望でそこまでスキルがないのであればフリーランスになることも選択肢の一つです。

 

40代で年収400万円台です。年収が低いように思えるのですが・・・

40代で年収400万円台は確かに平均値を下回っているように見えます。
大事なのは、何故そのようになっているか?という原因です。
厚生労働省のデータによると、従業員100人未満の会社と従業員数1000人以上の年収は平均で100万円~150万円ほど違います。
これは働いている環境の違いが年収の差に直結している」という環境をよくあらわすデータと言えるでしょう。
特に中小企業で働く派遣型SEの場合同年代の年収平均を大幅に下回る傾向がありますので転職するだけでぐっと年収があがることがあります。
まずは年収が低い理由を理解し対策を練ることです。
自分で考えてもわからない場合はプロの転職エージェントに相談するというのがおススメです。
自分の市場価値やキャリアについて第三者の視点でアドバイスをもらうことができます。

プログラマーは50代以降どうなるのでしょうか?将来が不安です

50代以降についてはそれこそ企業と個人によりけり、としかいいようがありません。
一点注意があります。
客先常駐SEや派遣型SEの場合大変危険です。
何故なら50代以降は案件が少なくなり、待機になったり解雇になるリスクが高いからです。

社内で受託案件などのポディションがあればまだいいのですが、多くのSES企業は完全に人売りビジネスです。
もし案件が少なくなるようですと給与カットや退職勧告もあり得ます。
もしこういった企業で働いているようであればすぐに転職すべきでしょう。
幸い40代であればまだギリギリ間に合いますので一刻も早い決断をしましょう。

まとめ

40代プログラマーの市場価値と転職ノウハウについてまとめてみました。
かなり具体的な内容まで踏み込んでご説明したので参考にしていただけるのではないでしょうか?
本文でも説明させていただきましたが転職を考えているのであればなるべく若いうちに転職して脱出することをおススメします。
それは年収や将来性以外にも

  • 少しでも若いほうが市場価値が高いため転職が容易である
  • 客先常駐SEは低年収が多いため、転職で年収アップする可能性が高い
  • 40代になると転職先が限定される選択肢が少なくなってくる

という理由がありざっくばらんに言うと若いうちならば何とかなるという現実があるからです。
いかにここに気がつき若いうちに転職活動するかというのがエンジニアの一生を左右します。

転職サイトは使うな!失敗しないためには転職エージェントを利用すべし

退職のターゲット日が確定したら早速転職活動をしましょう。
転職の手法としては、転職サイト登録と転職エージェントを使う2パターンあるのですのが、転職サイト利用はおススメしません
理由はいくつかあります。
転職サイトの場合登録してポチポチして活動が楽に見える反面、

  • 実は面接にいったら客先に派遣される会社だった
  • 入社後に初めて知らされるような情報があるケースがある
  • 大量採用企業や隠れブラック企業が潜んでいて判別ができない
  • 会社の雰囲気や開発手法など分からない点が多すぎる

などの大きなリスクがあります。
その点、転職エージェントは

  • 企業の社風や環境などリアルな情報を事前に入手できる
  • 年収アップの交渉を任せることができる
  • 面接対策や企業ごとの対策ができ効率がいい
  • 自分の希望にあった企業の紹介を受けることができるので楽

というメリットがあります。
入社後の「こんなはずじゃなかった!」とミスマッチを防ぐ意味でも転職エージェントを使うのはマストといえるでしょう。

私

善は急げ!著者おススメの転職エージェントもご紹介しておきますので、まずは登録して転職活動をスタートさせてみてください。

自社開発&年収アップならココ!最強エージェントのレバテックキャリア!

【登録はこちら】レバテックキャリア


業界屈指の求人数を誇るエージェントで最大の特徴は年収アップの実績です。
転職により100万円~200万円の年収アップはざらにあります。
客先常駐から脱出し、優良企業を狙うエンジニアと年収アップを狙うエンジニアはぴったりのエージェントです。

私

全てのエンジニアにおススメできるド定番の転職エージェントです。

自社開発なら!事業会社に特化しているのでめちゃおススメ!TechClipsエージェント

【登録はこちら】ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】


高年収&高待遇に特化した転職エージェントです。
紹介する企業は非常に厳選されて事業会社に特化してますので信頼感があります。
客先常駐からの脱出にもうってつけのエージェントです。
一生働ける企業への転職を実現します。

私

年収600万円~700万円の求人を多数保有しています。経験を積んだエンジニアがステップアップするにはもってこいの転職エージェントです。

若手エンジニアの転職ならWORKPORTが鉄板!圧倒的な転職実績

【登録はこちら】未経験からの転職ならWORKPORT

IT業界の中でも幅広い領域を扱う転職エージェント未経験や若手に特に強みがあります。
楽天やサイバーエージェントやガンホーなどメガベンチャー系企業やゲーム系企業
もカバーしており15000件以上の求人を保有しています。
扱う業種が多岐に渡るため社内SEやセールスSE、開発からインフラへなどキャリアチェンジを考えている方にもぴったりです。

私

若手エンジニアの転職であればまず相談したい転職エージェントです。