このページではフリーランスエンジニアが在宅案件を獲得する方法についてお話していこうと思います。

  • フリーランスエンジニアになったものの仕事がとれるか不安だ
  • フリーランスエンジニアとして常駐型で働くか在宅型で働くか迷っている
  • リーランスエンジニアの在宅事情が知りたい

こういった方向けの記事です。
このページを最後まで読むことでフリーランスが在宅案件を獲得する効率的な方法について理解できますので興味がある方は是非参考にしてみてください。

【結論】フリーランスの在宅案件は不安定なのでリスクヘッジが必須

まずは結論から。
フリーランスが在宅案件で生活するのであれば非常に不安定なため複数受注先を持つリスクヘッジが必須です。
よほど金払いがいいとか信頼のある大手企業のクライアントから優先的に仕事をもらえる方以外は複数取引先をもって仕事を回していくべきです。
その理由は簡単で在宅型で仕事をしているフリーランスにとって最も怖いのがキャッシュがショートしてしまうことなのでそれを防ぐためです。
実際問題として在宅型フリーランスがうまくいかない理由の大部分は

  • 資金繰りがうまくいかずキャッシュがショートしてしまう
  • 仕事量が安定しない
  • 仕事はあるものの利益率が低く食べていけない

このいずれかに集約されます。
在宅フリーランスの場合、成功するよりもまずは失敗しないための準備が必要です。

私

そのために小口の取引先でもいいので安定して仕事を振ってくれるようなクライアントを持つように準備して独立することをおススメします。
では次にフリーランスが在宅で仕事をとるための具体的な方法についてお話していきます。

フリーランスが在宅案件を確保する方法①人脈やコネクションを利用する

フリーランスが在宅案件を確保する最も簡単な方法は人脈やコネクションを利用することです。

  • 前職の取引先や人脈を生かす
  • 異業種交流会などで知り合い仕事ももらう
  • SNSなどで知り合い仕事をもらう

など仕事に繋がる可能性があるコネクションは何でも利用する姿勢が大事です。
多くのつき合いがあったとしても実は実際にそこから仕事に繋がるのは実はごく一部です。
そのように考えるといくら声をかけてもかけすぎるということはありません。
ちなみにフリーランスが在宅案件を確保するのに最も楽な方法はいうまでもなく前職関係の取引先から仕事をもらうことです。

私

あなたのスキルや人柄を知っているので仕事を任せやすいためできる限り会社を辞める前に交渉して仕事をもらえるように手配しておくといいでしょう。
ちなみに退職してからだと結構冷たくされたりすることもあるので事前に話をまとめておくのが一つのコツです。

フリーランスが在宅案件を確保する方法②自分自身で営業する

フリーランスが在宅案件を確保する方法の一つは自分自身で営業することです。
営業手法としては様々ですが

  • 企業にDMを送る
  • テレアポをする
  • SNSを活用する

などが一般的です。
その際には自分のプロフィールやポートフォリオ、ソースコードが確認できるものなどを一通り準備しておきましょう。
言い方は悪いのですがどこの誰とも知らないフリーランスエンジニアに在宅で仕事を任せようという企業は少ないので仕事を依頼するだけのメリットを感じさせることが必要です。

私

自身の強みや得意や領域をまとめ、簡単なサイトを作成する方法もおススメです。
このあたりは個人の戦略によりますが少しでも効率のいい方法を模索してみてはいかがでしょうか。

フリーランスが在宅案件を確保する方法③クラウドソーシングを利用する

フリーランスが在宅案件を確保する方法の一つはクラウドソーシングを利用することです。
クラウドソーシングでは様々なタイプの発注者がおりますし数も多いため、仕事を獲得するだけであればとっても簡単です。
ただしクラウドソーシングを利用する際には注意しなければいけない事があります。
それは

  • 色々な発注者がいるので仕事を請けていいかしっかりと見極めること

です。
フリーランスが在宅で仕事をする場合、キャッシュフローが大事なことは説明した通りです。
クラウドソーシングの場合極めてリテラシーの低い発注者やそもそも資金的に問題のある発注者も一定数潜んでいます。

私

開発作業が始まったものの追加要件や認識の違いでズルズル工数を伸ばされ結局赤字赤字になってしまったなんてケースは山ほどあります。
在宅案件の場合そのあたりの見極めをミスるとすぐに立ち行かなくなってしまうので気をつけましょう。

フリーランスが在宅案件を確保する方法④常駐先から仕事をもらう

フリーランスが在宅案件を確保する方法の一つで実は王道なのが常駐先から仕事をもらうことです。

私

フリーランスエンジニアを常駐で受け入れている企業の中には、持ち帰りを歓迎してくれたりリモートへの移行を積極的に行ってくれる企業も少なくありません。
まずは常駐して経験を積みその後在宅で仕事をするというのは非常に多いパターンです。

この場合しっかりと常駐先でパフォーマンスを上げて信頼を勝ち取る必要がありますので一定の時間はかかりますが、当然常駐期間は報酬も払われますので決して悪い話ではありません。
また、常駐型の中にもフルタイムでなく週3や週4勤務OKの現場もありますので在宅をメインに仕事をしたいフリーランスにとっては様々な選択肢があります。
常駐型のフリーランスの場合、自身で営業するのでなく専門のエージェントに相談するのが業界のセオリーです。
まずはエージェントに相談し自分の希望を伝えてみましょう。

リモート案件や週3、4勤務案件が豊富なエージェントはこちら
フリーランスエンジニアに安心保証と豊富な案件紹介を【midworks】

とにかく常駐案件が豊富なのでおススメのエージェントはこちら
フリーエンジニアの案件なら、レバテックフリーランス

まとめ

フリーランスエンジニアが在宅案件を獲得する方法についてまとめてみました。
かなり具体的かつ実践的な方法まで踏み込んだので参考にしてみてください。
本文でも説明したように在宅案件や持ち帰り案件を獲得するのであればエージェントを利用することが手っ取り早い方法です。

私

著者おススメのエージェントも紹介しておきますので是非相談してみてください。

週三案件やリモート案件がバッチリ揃う!midworks

【登録はこちら】【midworks】

私

フリーランスエージェントの中では屈指のリモート案件数を誇ります。
正社員並みの年金や各種保険なども完備しており、フリーランスエンジニアにとっては大変心強いエージェントです。

業界トップクラスの案件数!レバテックフリーランス

【登録はこちら】レバテックフリーランス

私

とにかく常駐案件が豊富で単価の高いエージェントです。
クライアント先にはリモート案件に移行できる企業も多いため是非相談してみてはいかがでしょうか。