大阪Java案件の全て!現役フリーランスが教えるノウハウ!

このページではフリーランスエンジニア向けに大阪のJava案件についてお話していこうと思います。

  • 大阪でJava案件を探している
  • 関西に引っ越すので市場調査をしたい
  • 大阪でフリーランスエンジニアとして独立するか検討している

こういう方向けの記事です。
著者は大阪でフリーランスエンジニアとして活動していたこともあります。
少しでも実態をお伝えできればと思っておりますので、よかったら参考にしてみてください。

 

東京のJava案件に事情についてはこちらで説明しました
Javaフリーランスエンジニアが知りたい!単価・案件・年収情報

 

大阪のJava案件の件数について

まずフリーランスエンジニア向けのJava案件ですが、東京と比較すると大分少な目です。
割合でいうと「東京の1/4~1/5」くらいの案件数です。

東京でSES事業を行っている会社はそれこそ山ほどありますが、
その中でも大阪や関西に進出している会社というのはその中でもごくごく一部です。
このようなところからも大阪の案件数の少なさや、マーケットの小ささというのは推測していただけるのではないでしょうか。

高まる東京への一極集中

とにかく今はJava案件に限らず、IT案件は東京に集中しています。
これは著者の知人のフリーランスエンジニアなのですが、東北地方から出稼ぎに東京にきては戻る、
という生活をしているケースもあります。
また、最新の案件に携わりたくて大阪から東京に引っ越してきたなんてフリーランスの知人もいます。

ヒトモノカネだけでなく、IT案件も東京への一極集中が顕著になっているのをひしひしと感じます。
おそらく今後のもこの傾向は強まっていくのではないでしょうか。

大阪でフリーランスエンジニアとして独立するために経験年数はどれくらい必要?

東京でフリーランスエンジニアとして独立する場合、半年から一年程度の開発があればなんとかなります。
それは

  • 東京はマーケットが大きい
  • 売り手市場でエンジニアが枯渇している
  • フリーランスエージェントが多い

などが理由です。

大阪でも売り手市場、という点は共通しているのですがいかんせんマーケットが小さいため
東京と比較すると、独立には慎重になったほうがいいかもしれません。

もちろん人脈やコネクションがあり、成功の確率が高い場合は全く問題ないと思います。

大阪でフリーランスエンジニアとして独立する場合、3年以上の開発経験があったほうが無難です。
東京であればすぐに現場に常駐できるスキルを持っていても大阪だと苦戦するケースもあるため、
そのリスクヘッジという意味合いもあります。

大阪のJava案件の単価について

フリーランスエンジニア向けのJava案件の単価ですが、東京と比較すると安いです。
目安でいうと「10万円~20万円」ほどの差があります。
大阪で単価60万円のエンジニアであれば東京に来れば80万円の案件に参画できる可能性がある、
ということですね。

とは言ってもJavaは他の言語に比べると相場の単価は高いです。
大阪ですとJava以外は組み込み系の案件が多いのですが、組み込み系案件の相場はさらに下がります。
ちなみに東京のJava案件の相場は以下参照にしてみてください。

 

(あわせて読みたい→Java案件と単価【フリーランスエンジニア必見!最新情報】

 

大阪のJava案件の特徴について知っておこう

さて、大阪のJava案件の特徴としてはどういったものがあるのでしょうか?
東京のJava案件の場合、

  • WEB系
  • 業務系
  • ゲーム系

などかなり幅広い数の案件がありますのでかなり選択肢が広いです。

それに伴い技術的な素養という面でも最新の技術を使っている企業からレガシーな環境で開発している企業まで様々です。

大阪のJava案件の特徴としては「業務系」が多いというのが特徴です。
各社のフリーランス向け求人サイトを見てみるとその特徴がよく分かります。

また、Java案件の場合フレームワークの知識や経験が求められるケースもあります。
大阪のJava案件の特徴はフレームワークにもあるようです。
(個人的にはフレームワークの経験を必須スキルにするのはナンセンスのような気もしますが)
大阪案件の場合、現場で使用しているフレームワークは「Struts」が多いです。
東京の案件、今Strutsを使っている現場はかなり少なくなってきますのでこういった点も違いとして認識していくといいでしょう。

C言語・組み込み・PHP・Rubyなど多言語のニーズについて

ちなみに大阪のJava以外の言語のニーズについても少し触れさせていただきます。
Javaの次に多いのはC言語や組み込み系の案件です。

大阪はメーカー企業が多いこともあり、こういった言語のニーズは比較的高いと言えるでしょう。
(といってもJavaと同様、東京のほうが案件数は断然多いですが)
東京に本社を持つメーカーも多いため、案件の内容や作業の内容としては東京とそこまで変わりません。
Java案件については業務内容やフレームワークなど東京と大阪など違いがありますが、多言語についてはそこまで大きく変わらないようです。

大阪でJava案件が集中している地域について

大阪城の堀外濠

さて、次に大阪のJava案件はどの地域(駅)に多いかという点についてチェックしてみました。
フリーランスエンジニアの方の場合ですと勤務地にこだわりを持つ方も多いのではないでしょうか?

ということで案件が多い駅をいつくかピックアップさせていただきました。
大阪のJava案件はほぼ以下の駅に集中しています。
ほとんどが大阪の中心地の駅のため、交通面では問題ないかと思いますが、参考にしてみてください。

新大阪駅

大阪でのJava案件ですが、新大阪駅が非常に多いです。
特に駅周辺に銀行やメーカの支店や事業所があることもあり、
新大阪駅の案件を目にする機会は大変多いです。
新幹線が通っている駅といこともあり、大阪府以外から通勤してくるのにも便利です。

梅田駅

次に多いのが梅田駅です。
駅前は百貨店や大型店舗が多いイメージですよね。
駅から少しはなれた場所に中小のソフトウェア系企業が点在しています。
こちらも交通の便が大変いいため人気のエリアです。

肥後橋駅

駅前は比較的大きなオフィスビルが立ち並んでいるビジネス街です。
大手生保や損保のオフィスがあります。
そこそこの規模のソフトウェア会社やWEB系の会社も複数この地域で活動しています。
梅田駅~肥後橋駅は徒歩圏内ですし、この中間地点に現場があることも多いです。

中之島駅

駅前はホテルや病院などとても開発現場がありそうな雰囲気ではありませんが、
南に向かうとオフィスビルが立ち並んでいます。
昔ながらのソフトウェア会社などの案件を目にする機会が多いです。

大阪のフリーランス市場とマーケットの特徴について

大阪でフリーランスエンジニアをやろうと思う人が知っておくべき点として「マーケットの小ささ」があります。

これは簡単にいうと以下のような状況です。

  • 案件数や企業数が少ない
  • エンジニアが少ない

つまり、このマーケットに関わる人が限られているということです。
一体それによりどういった影響があるのでしょうか?
少し詳しく触れてみます。

評判はすぐに広まる?人間関係を大事にしよう

ここだけの話、東京のフリーランス市場でも「問題を起こすエンジニア」の情報
というのはすぐに伝わります。

それはフリーランスエージェント間でやりとりされることが多いです。
こういったエンジニアに関わるデメリットが大きいためエージェントは過敏に反応します。

また、クライアント内でも一度稼働したエンジニアのリスト化をしていることが多いため、
問題を起こすと別の部署でも就業できなかったりというケースがあります。

大阪の場合、お伝えしたように東京に比べるとずっとマーケットが狭いです。
特にJavaエンジニア、という括りで考えると本当に限られた数の企業とやりとりをすることが多くなるでしょう。
ですので、現場での悪評は自分の首を絞めるようなものです。
現場での

  • 同僚
  • プロパー
  • 取引先

などより気をつかって接するべきだと思います。
これは当たり前のことなのですが、フリーランスエンジニアの場合こういった点をないがしろに
する傾向がありますので特に気をつけましょう。

知っておきたい大阪での商習慣について

マーケットの小ささと関連する内容でもう一点、大阪での商習慣について触れておきます。
大阪の場合、並行営業を嫌う節があります。
並行営業とは、複数エージェントで同時に面接をしたり案件の紹介を受けたりすることですね。
これは一概にはいえませんが、取引先のエージェントやクライアントと情報交換をしながら相談するのがベターです。

著者も一時期大阪で働いていましたからこのあたりは戸惑いました。
いずれにせよ自分のやり方や考え方を貫きとおすのではなく、大阪の商習慣に従うべきでしょう。
まさに「郷に入っては郷に従え」という考え方を持つ必要があります。

大阪でフリーランスエンジニアとして活躍するために

さて、大阪でのJava案件について知っておきたい基礎知識についてお話してきました。
実際に大阪でフリーランスエンジニアとして活躍するためにはどういった方法があるのでしょうか?
参考にしてみてください。

会社員時代のコネクションや紹介を利用する

会社員からフリーランスエンジニアになる場合、人脈は大切にしたいところです。
特に大阪はマーケットが小さくエンジニアが不足しています。
コネクションのあるエンジニアであれば、紹介などがあればスムーズに仕事が見つけられるという
ケースも多いです。

また、東京と比べ「人情」を重視するような傾向も感じられます。
私が東京で独立した際にいつくか人脈を当たってみましたが「実績のないフリーランスと契約は難しい」「コンプライアンス的に個人とは契約できない」など冷たくあしらわれたこともあります。
大阪ですとそのあたりは大分融通がきくようなので、人脈に自信がある人はまずその線で当たってみるといいでしょう。

大阪で活動する専門のエージェントに依頼する

人脈に自信がなかったり経験が浅いエンジニアの場合、フリーランスの専門エージェントに相談してみましょう。
フリーランスエージェントの相談するメリットはとにかく「案件の豊富さ」です。

個人で一社一社取引先を開拓するのは膨大な時間がかかりますし、何より効率が悪いです。
フリーランスエージェントであれば大阪中にコネクションがあるためより希望に近い案件をすぐに紹介してくれるでしょう。
ただし大阪で事業を行っていて、かつ信頼のおけるフリーランスエージェントとなると数が限られています。
著者のよく知っていて実績のあるエージェントを紹介していきますので、大阪でJava案件を探す際には是非相談してみてください。

 

大阪でJava案件を探すなら鉄板!レバテックフリーランス

【登録はこちら】レバテックフリーランス


ご存じレバテックフリーランス。直案件&高単価が魅力です。
オープン系開発からインフラ、スマホ案件まで全て揃ってます。
1都3県(神奈川、埼玉、千葉)、大阪、福岡、名古屋周辺で案件を探している方におススメです。

私

オープン系からインフラ系、デザイナー系まで幅広い案件をそろえています。商流浅めと高単価が魅力的。フリーランスエンジニアのド定番サイトなのでまずは登録しておきましょう。大阪の支店は渡辺橋駅と北新地駅付近にあります。案件数が豊富でなので是非相談してみましょう。

 

大阪のオープン系エンジニアは是非登録したい!ギークスジョブ

【登録はこちら】フリーエンジニア79.6%が金額アップ↑↑【ギークスジョブ】

気になるベンチャー、勉強している新しい言語・・・
業界でも最先端の案件や情報を取り扱ってます。
まさにギークのためのエージェントです。

私

JavaやPHPやPythonやRuby。オープン系に強いエージェントです。最新言語の案件が非常に多く、他ではなかなか紹介できないような現場の紹介をしてもらえます。大阪の御堂筋に支店があります。

 

大阪と京都に支店!業務系エンジニアの強い味方!信頼と実績のPe-BANK

【登録はこちら】【Pe-BANK】

フリーエンジニア向けの案件数&実績抜群!
業務系エンジニア御用達のエージェントです。

私

業界の老舗でエンジニアからの信頼感抜群のエージェントです。ここ一筋うん十年というエンジニアも多い。扱う案件は幅広いが、業務系に特に強い。大阪と京都に支店がありますので関西のエンジニアは是非相談してみましょう。

 

大阪でのハイスキル案件多数!上流SEであればTech Stock(旧:High-Performer)

【登録はこちら】Tech Stock (旧:High Performer)

コンサルや上流レイヤー向け案件多数。
熟練エンジニアや高報酬を狙うあなたは登録必須です。

私

特に上流案件に強みをもつエージェントです。商流浅めで高単価を実現しています。ハイスキルな経験者は登録必須のエージェントです。営業の質が高いのも特徴です。大阪の本町駅に支店があります。