プログラマー未経験でも転職成功!【現役SEが教える鉄板ノウハウ】

このページでは全くの未経験者がプログラマーとして転職することについてお話していこうと思います。

  • プログラマーに興味がある
  • 全くの異業種から転職したい
  • 今はフリーターだけど手に職をつけたい
  • プログラマーは稼げるか知りたい
  • プログラマーになるにはまず何をするべきか知りたい

こういった方向けの記事です。
著者は現役のエンジニアです。
自慢するつもりは全くありませんが、全くの未経験から教育し、バリバリ開発のできるSEに育てあげた実績も多数あります。
そのノウハウや経験を提供することで、少しでも皆さんのお役に立てれば嬉しく思っております。
宜しくお願いします。

 

 

私

このページで紹介している厳選サービスはこちらです。

 

そもそも全くの未経験からプログラマーになれるのか?

まずはこのページをご覧になっている方が知りたいのは、「全くの未経験でもプログラマーになれるの?」という点だと思います。
結論から言うとなれます。

高校卒業程度の日本語能力と理解力があればだれでもなれるのがプログラマーという仕事の大きな魅力です。

  • プロ野球選手
  • 弁護士
  • 医師
  • パイロット
  • 芸術家
  • 営業のプロフェッショナル

世の中にはたくさんの仕事があります。
上記にあげたような職業は生まれ持った才能や、環境によって成功の可否が大きく左右されます。

プロ野球選手で成功しようと思ったら先天的な身体能力に加え、幼少期からの厳しい練習が必要です。
医師や弁護士になるには、勉学に必要な潤沢な資金を持つ家庭に生まれ、かつ本人の圧倒的な努力が必要です。
芸術家も他を圧倒するようなセンスを持ち、かつ恵まれた教育環境で育った人の一握りが成功できる職業です。

高卒、ニート、オタクでもOK。プログラマーは全くの未経験からでも成功できる!

ところがプログラマーというのは全くの未経験でも一定の勉強さえすれば誰でもなれる職業です。
それこそ高卒やニートでもOKです。
一般的にはネガティブなイメージを持たれる経歴を持っていたとしても、技術さえ持っていればしっかりと活躍の場が提供されますし大きく稼ぐことも可能です。

さらに現在はIT業界全体が深刻な人材不足という事もあり、エンジニアに対する需要は今までにないほど高まっています。
また、プログラマーと言っても

  • ゲームエンジニア
  • スマホエンジニア
  • アプリエンジニア
  • 業務系エンジニア

など様々なスキル領域をもった技術者が、多くの現場で必要とされているのです。
このように領域別に見てもまだまだ人材が足りていません。
こういったIT業界の状況を鑑みると、将来性も高く安定して仕事があると予想されます。

リーマンショックを経て、業界は持ち直したどころか追い風が吹いていて人材ニーズはさらに高まりを見せる一方です。
著者は現役のSEのため、業界事情については多少詳しいつもりです。
今はそれこそ経験2~3年の20代そこそこの若者が年収1000万円を稼ぐような時代です。

 

 

(あわせて読みたい→フリーランスエンジニアは20代前半で余裕!?成功者に聞いてみた

 

 

これをどのように見るかというのは人の価値観によって左右されますが、個人的には
プログラマーというのは大変魅力ある仕事だと思っています。
特にお金も仕事もない、何もバックボーンもない若者にとっては大きなチャンスと捉えていいのではないでしょうか。

 

 

(あわせて読みたい→コミュ障エンジニア(高卒ニート)が23歳で年収600万円を稼ぐまで

 

 

 

プログラマーになるのに年齢の上限はあるの?

さて、プログラマーになるための年齢の上限はあるのでしょうか?
結論からいうと、40代までなら大丈夫ということになります。
さすがに50代から未経験でプログラマーになった人はあまり聞いたことがありません。
(趣味で始める場合は別ですが)

また、正社員としての就業を望む場合は30代までがタイムリミットです。
40代を過ぎた年齢で未経験のプログラマーを採用するのは、企業にとっては非常に大きなリスクを抱えることになります。
ですので、40代以降で未経験でプログラマーになろうとする方にとっては、
経験を積んでフリーランスもしくは派遣という形態での就業が現実的といえるでしょう。

若くしてプログラマーになることのメリットは?

また、IT業界でプログラマーになろうとするのであれば若ければ若いほど有利です。
それは年齢が若いほど柔軟性や吸収力があり、順応性に優れていることが多いためです。
もちろん若くからプログラマーとして働けばその分生涯賃金があがる、という物理的なメリットも享受できます。

  • 転職市場において優位性が高い
  • 現場からの需要が高く重宝される
  • 生涯賃金の向上が望める

このあたりが若くしてプログラマーになることのメリットと言えるでしょう。
逆にデメリット、というとこれと言ったものが思いうかびかせん。
もしあなたがプログラミングに興味があるのであればできる限り早くプログラマーとしての一歩を踏み出してみましょう。

やっぱり理系が有利?文系は不利?プログラマー適正とは

一般的にプログラマーの仕事は理系有利とされています。
その理由として、論理的思考力や分析の能力が指摘されることが多いです。

ただし未経験からの転職においては「文系理系のよる優劣はほぼなし」と言っていいでしょう。
もちろんITエンジニアの仕事の中には数学的素養が影響したり理系学生が有利になるような領域も存在します。
一例としてデータ分析エンジニアという職業があります。
これは大学時代にデータ分析や情報処理を勉強したり研究している学生のほうがアドバンテージがあります。

ただし優秀なエンジニアが皆理系か、というと全くそうではありません。
というのもプログラマーの能力、というのは総合力で判断されます。
問題解決力や協調性といった能力といったプログラミング以外の能力も大変重要視されます。

プログラマーに必要なのは技術だけでない!市場価値を高めるためには?

続いて以下をご覧ください。

(参考:IT人材白書:重点的に採用したい学生の専攻について )
こちらはIT企業にアンケートをとったものです。
IT企業がどういった人材が欲しいか、という点を学部ごとに分けて投票したものです。
これを見ると「理系文系といったこだわりはそこまでない」という企業の本音が見え隠れしてきます。

また、Ruby言語の設計者でもあるまつもとゆきひろ氏はインタビューで以下のように語っています。
これは文系理系という区別がいかに無意味かということに気がつきます。
プログラマーの本質はユーザーの満足度を高める、ということです。
技術だけでなくありとあらゆる能力を高めることでより市場価値の高いプログラマーになることができるのではないでしょうか。

個人的には「プログラマーが技術だけで生きるのは幻想」と思っています。ソフトウェア開発をする際、技術だけが必要とされるケースはすごく少ない。どういうソフトウェアを作れば、ユーザーやクライアントが喜ぶか、本当に求められているものは何かを考えることが大切です。ニーズに合致したプロダクトを作らなければ、マーケットで受け入れられず、ビジネスとして成立しません。

 

最初の難関!エントリー時の書類選考について

次に企業に対して送る履歴書、経歴書についてのお話をしていこうと思います。
プログラマー未経験の場合、まず書類選考を突破する、というのが大きな障害の一つです。
とくに10代や20代の場合、アルバイト経験もろくにない、という方も決して少なくありません。

また、未経験の場合候補者が多く、書類審査で比較されるとどうしても経験が浅いと不利なのでは、
と不安に思う方も多いのではないでしょうか。
もちろん経験はあるにこしたことはないのですが、そうもいっていられません。
採用担当者が会いたくなるようにできる限り経歴書でアピールするように心がけましょう。

採用担当者はどこをみているか?

といっても採用担当者がどういった点を見ているかということを未経験者に理解せよというほうが
難しいと思います。
まさか趣味の話をだらだらと書くわけにもいきませんからね。

アピールになる内容は、

  • 資格を取得すること
  • 自分の知識や理解度を示すこと

この二点につきます。
まず資格を取得することは、何よりも雄弁に知識の有無を物語ります。
一定の資格が面接設定の判断基準になることも多いので、できる限り資格を取得しましょう。

次に自分の知識や理解度を示すのについて説明させていただきます。
実は全く未経験といっても知識やスキルの幅は大きいものです。
本当に全く何もわからないという状態の素人から簡単なプログラミングであればできる人まで。

そのあたりを経歴書にかかないと採用担当者は判断がつきかね、保留にしたりお見送りにしたりしてしまいます。
もちろん過剰にアピールする必要はありませんが、きちんと担当者が欲しい情報は伝えるほうにしたほうがいいでしょう。

 

 

(あわせて読みたい→SE転職の強みはこう答えよ!絶対受かる厳選6つの回答例

 

 

 

全くの未経験でも就職できる方法について知っておこう!

次にプログラマー未経験でも就職できる企業を知ってるの?という問題です。
結論からいうとあります。
大手企業でのエンジニア職は基本的に未経験NGです。
ベンチャー企業の場合、未経験でもポテンシャルで採用になることもありますが、
学歴や能力をかなり厳しくみられてしまいます。

ごく普通の高卒やフリーターからエンジニアになる場合、以下のような方法がベストです。

  • 客先常駐・アウトソーシングメインの企業で経験を積む
  • 派遣会社に登録し、経験を積む

この2パターンが王道です。
客先常駐やアウトソーシング企業の場合、「とにかく誰でもいいから採用している」
という企業も決して少なくありません。

こういった会社を狙いましょう。
(未経験歓迎、とか学歴不問、とか打ち出している企業ですね)

また、派遣会社に登録するのも有効な手段です。
派遣会社の場合、手っ取り早くプログラミングの経験が積めるのが魅力です。
正社員転職よりも採用のハードルはぐっと低くなるため、プログラミングにあまり自信がない人は派遣社員から
初めてみてもいいでしょう。

とにかく未経験の場合、最初の一歩が肝心です。
現場に入って経験をつくことさえできればあとは頑張り次第でどんどんキャリアアップしていきますので、ここは気合を入れて頑張ってみましょう。
どういった企業を狙うか、というのは非常に重要なポイントなので後で詳しく説明させていただきます。

未経験でもOKの派遣会社はこちら!

【登録はこちら】とりあえず稼ぎたいなら、ITエンジニア【IT派遣テクノウェイブ】

未経験からOKの派遣会社です。エンジニアになりたいあなたを完全サポートします。

私

ITエンジニアの派遣会社ならここ一択です。