プログラマー未経験でも転職成功!【現役SEが教える鉄板ノウハウ】

このページでは全くの未経験者がプログラマーとして転職することについてお話していこうと思います。

  • プログラマーに興味がある
  • 全くの異業種から転職したい
  • 今はフリーターだけど手に職をつけたい
  • プログラマーは稼げるか知りたい
  • プログラマーになるにはまず何をするべきか知りたい

こういった方向けの記事です。
著者は現役のエンジニアです。
自慢するつもりは全くありませんが、全くの未経験から教育し、バリバリ開発のできるSEに育てあげた実績も多数あります。
そのノウハウや経験を提供することで、少しでも皆さんのお役に立てれば嬉しく思っております。
宜しくお願いします。

 

 

私

このページで紹介している厳選サービスはこちらです。

 

そもそも全くの未経験からプログラマーになれるのか?

まずはこのページをご覧になっている方が知りたいのは、「全くの未経験でもプログラマーになれるの?」という点だと思います。
結論から言うとなれます。

高校卒業程度の日本語能力と理解力があればだれでもなれるのがプログラマーという仕事の大きな魅力です。

  • プロ野球選手
  • 弁護士
  • 医師
  • パイロット
  • 芸術家
  • 営業のプロフェッショナル

世の中にはたくさんの仕事があります。
上記にあげたような職業は生まれ持った才能や、環境によって成功の可否が大きく左右されます。

プロ野球選手で成功しようと思ったら先天的な身体能力に加え、幼少期からの厳しい練習が必要です。
医師や弁護士になるには、勉学に必要な潤沢な資金を持つ家庭に生まれ、かつ本人の圧倒的な努力が必要です。
芸術家も他を圧倒するようなセンスを持ち、かつ恵まれた教育環境で育った人の一握りが成功できる職業です。

高卒、ニート、オタクでもOK。プログラマーは全くの未経験からでも成功できる!

ところがプログラマーというのは全くの未経験でも一定の勉強さえすれば誰でもなれる職業です。
それこそ高卒やニートでもOKです。
一般的にはネガティブなイメージを持たれる経歴を持っていたとしても、技術さえ持っていればしっかりと活躍の場が提供されますし大きく稼ぐことも可能です。

さらに現在はIT業界全体が深刻な人材不足という事もあり、エンジニアに対する需要は今までにないほど高まっています。
また、プログラマーと言っても

  • ゲームエンジニア
  • スマホエンジニア
  • アプリエンジニア
  • 業務系エンジニア

など様々なスキル領域をもった技術者が、多くの現場で必要とされているのです。
このように領域別に見てもまだまだ人材が足りていません。
こういったIT業界の状況を鑑みると、将来性も高く安定して仕事があると予想されます。

リーマンショックを経て、業界は持ち直したどころか追い風が吹いていて人材ニーズはさらに高まりを見せる一方です。
著者は現役のSEのため、業界事情については多少詳しいつもりです。
今はそれこそ経験2~3年の20代そこそこの若者が年収1000万円を稼ぐような時代です。

 

 

(関連記事はこちら→フリーランスエンジニアは20代前半で余裕!?成功者に聞いてみた

 

 

これをどのように見るかというのは人の価値観によって左右されますが、個人的には
プログラマーというのは大変魅力ある仕事だと思っています。
特にお金も仕事もない、何もバックボーンもない若者にとっては大きなチャンスと捉えていいのではないでしょうか。

 

 

(関連記事はこちら→コミュ障エンジニア(高卒ニート)が23歳で年収600万円を稼ぐまで

 

 

 

プログラマーになるのに年齢の上限はあるの?

さて、プログラマーになるための年齢の上限はあるのでしょうか?
結論からいうと、40代までなら大丈夫ということになります。
さすがに50代から未経験でプログラマーになった人はあまり聞いたことがありません。
(趣味で始める場合は別ですが)

また、正社員としての就業を望む場合は30代までがタイムリミットです。
40代を過ぎた年齢で未経験のプログラマーを採用するのは、企業にとっては非常に大きなリスクを抱えることになります。
ですので、40代以降で未経験でプログラマーになろうとする方にとっては、
経験を積んでフリーランスもしくは派遣という形態での就業が現実的といえるでしょう。

若くしてプログラマーになることのメリットは?

また、IT業界でプログラマーになろうとするのであれば若ければ若いほど有利です。
それは年齢が若いほど柔軟性や吸収力があり、順応性に優れていることが多いためです。
もちろん若くからプログラマーとして働けばその分生涯賃金があがる、という物理的なメリットも享受できます。

  • 転職市場において優位性が高い
  • 現場からの需要が高く重宝される
  • 生涯賃金の向上が望める

このあたりが若くしてプログラマーになることのメリットと言えるでしょう。
逆にデメリット、というとこれと言ったものが思いうかびかせん。
もしあなたがプログラミングに興味があるのであればできる限り早くプログラマーとしての一歩を踏み出してみましょう。

やっぱり理系が有利?文系は不利?プログラマー適正とは

一般的にプログラマーの仕事は理系有利とされています。
その理由として、論理的思考力や分析の能力が指摘されることが多いです。

ただし未経験からの転職においては「文系理系のよる優劣はほぼなし」と言っていいでしょう。
もちろんITエンジニアの仕事の中には数学的素養が影響したり理系学生が有利になるような領域も存在します。
一例としてデータ分析エンジニアという職業があります。
これは大学時代にデータ分析や情報処理を勉強したり研究している学生のほうがアドバンテージがあります。

ただし優秀なエンジニアが皆理系か、というと全くそうではありません。
というのもプログラマーの能力、というのは総合力で判断されます。
問題解決力や協調性といった能力といったプログラミング以外の能力も大変重要視されます。

プログラマーに必要なのは技術だけでない!市場価値を高めるためには?

続いて以下をご覧ください。

(参考:IT人材白書:重点的に採用したい学生の専攻について )
こちらはIT企業にアンケートをとったものです。
IT企業がどういった人材が欲しいか、という点を学部ごとに分けて投票したものです。
これを見ると「理系文系といったこだわりはそこまでない」という企業の本音が見え隠れしてきます。

また、Ruby言語の設計者でもあるまつもとゆきひろ氏はインタビューで以下のように語っています。
これは文系理系という区別がいかに無意味かということに気がつきます。
プログラマーの本質はユーザーの満足度を高める、ということです。
技術だけでなくありとあらゆる能力を高めることでより市場価値の高いプログラマーになることができるのではないでしょうか。

個人的には「プログラマーが技術だけで生きるのは幻想」と思っています。ソフトウェア開発をする際、技術だけが必要とされるケースはすごく少ない。どういうソフトウェアを作れば、ユーザーやクライアントが喜ぶか、本当に求められているものは何かを考えることが大切です。ニーズに合致したプロダクトを作らなければ、マーケットで受け入れられず、ビジネスとして成立しません。

 

最初の難関!エントリー時の書類選考について

次に企業に対して送る履歴書、経歴書についてのお話をしていこうと思います。
プログラマー未経験の場合、まず書類選考を突破する、というのが大きな障害の一つです。
とくに10代や20代の場合、アルバイト経験もろくにない、という方も決して少なくありません。

また、未経験の場合候補者が多く、書類審査で比較されるとどうしても経験が浅いと不利なのでは、
と不安に思う方も多いのではないでしょうか。
もちろん経験はあるにこしたことはないのですが、そうもいっていられません。
採用担当者が会いたくなるようにできる限り経歴書でアピールするように心がけましょう。

採用担当者はどこをみているか?

といっても採用担当者がどういった点を見ているかということを未経験者に理解せよというほうが
難しいと思います。
まさか趣味の話をだらだらと書くわけにもいきませんからね。

アピールになる内容は、

  • 資格を取得すること
  • 自分の知識や理解度を示すこと

この二点につきます。
まず資格を取得することは、何よりも雄弁に知識の有無を物語ります。
一定の資格が面接設定の判断基準になることも多いので、できる限り資格を取得しましょう。

次に自分の知識や理解度を示すのについて説明させていただきます。
実は全く未経験といっても知識やスキルの幅は大きいものです。
本当に全く何もわからないという状態の素人から簡単なプログラミングであればできる人まで。

そのあたりを経歴書にかかないと採用担当者は判断がつきかね、保留にしたりお見送りにしたりしてしまいます。
もちろん過剰にアピールする必要はありませんが、きちんと担当者が欲しい情報は伝えるほうにしたほうがいいでしょう。

 

 

(関連記事はこちら→SE転職の強みはこう答えよ!絶対受かる厳選6つの回答例

 

 

 

全くの未経験でも就職できる方法について知っておこう!

次にプログラマー未経験でも就職できる企業を知ってるの?という問題です。
結論からいうとあります。
大手企業でのエンジニア職は基本的に未経験NGです。
ベンチャー企業の場合、未経験でもポテンシャルで採用になることもありますが、
学歴や能力をかなり厳しくみられてしまいます。

ごく普通の高卒やフリーターからエンジニアになる場合、以下のような方法がベストです。

  • 客先常駐・アウトソーシングメインの企業で経験を積む
  • 派遣会社に登録し、経験を積む

この2パターンが王道です。
客先常駐やアウトソーシング企業の場合、「とにかく誰でもいいから採用している」
という企業も決して少なくありません。

こういった会社を狙いましょう。
(未経験歓迎、とか学歴不問、とか打ち出している企業ですね)

また、派遣会社に登録するのも有効な手段です。
派遣会社の場合、手っ取り早くプログラミングの経験が積めるのが魅力です。
正社員転職よりも採用のハードルはぐっと低くなるため、プログラミングにあまり自信がない人は派遣社員から
初めてみてもいいでしょう。

とにかく未経験の場合、最初の一歩が肝心です。
現場に入って経験をつくことさえできればあとは頑張り次第でどんどんキャリアアップしていきますので、ここは気合を入れて頑張ってみましょう。
どういった企業を狙うか、というのは非常に重要なポイントなので後で詳しく説明させていただきます。

未経験でもOKの派遣会社はこちら!

【登録はこちら】とりあえず稼ぎたいなら、ITエンジニア【IT派遣テクノウェイブ】

未経験からOKの派遣会社です。エンジニアになりたいあなたを完全サポートします。

私

ITエンジニアの派遣会社ならここ一択です。

 

未経験でOKの転職エージェントはこちら!

高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

未経験から正社員に転職できる!完全未経験の求人を多数揃えています。

私

いきなり正社員のエンジニアとして働けるのは魅力的ですよね。

 

一生の仕事にできる!プログラマーになるメリットを知っておこう

さて、この段落でプログラマーになるメリットをお話していこうと思います。
プログラマーになるメリットは多数ありますが、四点にまとめました。

著者も現役のエンジニアなので、これは机上の空論ではなく、実生活の中で
メリットとして感じることも多いです。

また、著者の知人のエンジニアに聞いてもだいたい同じような回答が返ってきます。
プログラマーになるか迷っている方は是非参考にしてみてください。

学歴不問!誰でもプロフェッショナルになれる

まず「学歴不問で誰でもプロフェッショナルになれる」という点があげられます。
今の日本は建前は別として完全な学歴社会です。

ホワイトカラーで学歴関係なく成功しようと思ったらプログラマーが圧倒的に確率が高いと思います。
もちろんホワイトカラーであれば、

  • 営業職
  • 資格を生かした専門職

 

も学歴に影響されることは少ないかもしれません。

ただし営業職の場合、センスが必要なことが前提です。また、テクニックし一人前と言われるには長い年月が必要です。
また、資格を生かした専門職の場合ですと資格取得までに莫大な時間とコストを投じる必要があります。
しかもこういった職業で一定のレベルに到達しても激しい競争に巻き込まれます。

その点プログラマーは違います。
学歴不問な上に、スキルの習得にそこまで時間がかかりません。
そのうえセンスがあれば非常に高い収入を獲得することもできるのです。

コツコツと勉強するだけで誰でもプロフェッショナルとして扱われます。
これはプログラマーになる大きなメリットと言えるでしょう。

技術職なので年をとっても安心して仕事ができる

次に「技術職なので年をとっても安心して仕事ができる」という点があげられます。
プログラマーのスキルというのはまさに一生ものです。

もちろん自体によって言語や開発手法のトレンドというのは存在します。
しかしながらプログラミングの本質というのは大きく変わるものではありません。
こういった武器を持つというのは若者やフリーターにとっては非常に大切なことです。

プログラミングによって若者が安心してキャリアを構築できる!

最もよくない転職のパターンとして「ただ職を転々とし、年をとる」
というものがあります。
あなたのそばにもいませんか?

こういった転職は何のスキルを身につきませんし、キャリアも構築できません。
ただただ若さを食いつぶすだけです。
年をとって何のスキルも身についていないとなると、収入も期待できませんし、
社会的弱者や底辺への道まっしぐらです。

プログラミングは基本的には経験を積むだけスキルアップしますしキャリアを構築することができます。
少なくとも何のスキルも身につかず底辺に落ちる、という心配だけはありません。
そういった面で、プログラマーは将来の安定性や老後が心配な若者にとってぴったりの仕事だといえるでしょう。

 

給料はメチャクチャ大事!プログラマーは年収が高い

それだけではありません。
「プログラマーは年収が高い」という点も大変な魅力です。

以下データを参考にしてみてください。
男性の場合、ざっくりですが30代で年収400~500万円のレンジ、40代で年収500~600万円のレンジが多いようです。
ただしこれはあくまでも平均値です。
おそらく地方の企業や中小企業のデータを含まれているでしょう。

著者の周りのプログラマーで、都内で活躍している方たちは見ているともう少し高いレンジの所得を得ている印象です。
30代で年収600万円~700万円、40代で700万円~800万円、
これはしっかりとキャリアを構築すればごくごく妥当な年収ラインだと思います。

参考:(グラフ)侍エンジニアエンジニア塾:(データ)賃金構造基本統計調査

さらに高収入を目指すならフリーランスエンジニアという選択肢も

上記は正社員の年収の話です。
さらに年収アップを狙うのであれば、フリーランスエンジニアとして独立するという選択肢もあります。

フリーランスとして独立すると、年収800万円~1000万円はゴロゴロいます。
また、プログラミング以外のビジネスで利益を得たり、人を雇い事業拡大を行う人も多いです。
ですので貪欲に年収アップを狙うのであればフリーランスエンジニアは非常におススメできます。

高卒やニート出身が20代で年収2000万円とかも普通にある世界ですので、なかなか夢があると思いませんか?

プログラマーは人気の職業!社会的地位も高い

最後に「プログラマーは社会的地位が高い」という点があげられます。
何とソニー生命が発表した中高生の男子のなりたい仕事の一位がプログラマーでした。

(参考:ソニー生命のHP

もちろんこれをもって社会的地位が高いというつもりはありません。
ただし、プログラマーという仕事の認知度や人気が高い、というのは間違いありません。

  • 認知度
  • 人気
  • 安定性
  • 将来性

このあたりをトータルで考えるとプログラマーの社会的な地位は高い、といえると思います。
これもプログラマーになる大きなメリットの一つです。

実践するだけで誰でもできる!未経験からプログラマーになる2つの方法

さて、これまではプログラマーになるための基礎知識についてお話してきました。
最後に未経験からプログラマーになるための実践的な方法をレクチャーしようと思います。

いくら知識があっても行動しなければ全く変わりません。
まずは動くこと。
もちろん面倒くさいことや大変なこともあると思います。
そうした壁を突破して初めて一人前のプログラマーとして活躍できるのです。

未経験OKのアウトソーシング会社に就職する

本文でも説明しましたが、未経験からの転職を成功させるにはアウトソーシング系の企業が
おススメです。
また、経験者でなく未経験者やフリーターに特化し、人材派遣を行っている企業もあります。
こういった企業に紹介を依頼するのが最も効率がいいでしょう。

いきなり優良企業に就職はムリ?少しずつステップアップを狙おう

誰しもが有名企業で高い年収で働きたいと思っているものです。
ただし現実はそう甘くありません。

全くのIT業界未経験から転職するのであれば大手企業は諦めましょう。
中小企業でもアウトソーシング系の企業でもいいので、まずは経験を積むこと。
一度同じ土俵に乗ってしまえばあとはこっちのものです。

努力し学習すれば年収アップを狙えますし、転職も成功しやすくなります。
まずはあせらずステップアップする、という気持ちが大事です。

転職サイトは使うな!?おススメしない理由とは

転職サイトを使ってどんどんエントリーしていく、という手もありますが個人的にはおススメしません。
何故かというと、未経験の場合営業活動が非常に非効率になってしまうからです。

  • 面接対策
  • 経歴書の添削
  • 企業ごとの傾向の把握
  • 年収交渉

など専門業者のアドバイスをもらいながら転職活動を行ったほうがずっとスムーズにいくのは経験上間違いありません。
それだけではありません。
転職するだけでなく、入社後のミスマッチを防ぐというのが実は転職で失敗しないための大きなポイントです。
そのために事前にエージェントに相談し、社風や残業の有無など本当に自分に合うか、という点を見極めるようにしましょう。

プログラミングスクールで勉強して基礎固め!その後就職斡旋を受けよう!

いきなり転職するのではなく、プログラミングスクールでしっかり学びその後就職する、という手もあります。

・すぐに働きたい人→転職エージェントに相談して就職
・自分にあまり自信が持てない人、時間に余裕がある人→プログラミングスクール

という考え方がいいでしょう。

独学は時間の無駄かつ非効率!土台作りが重要である

最も避けたほうがいいのが独学でプログラミングを学ぶことです。
これは最悪ですので絶対にやめるべきです。

一定のスキルを持ったエンジニアが独学をするのであればまだわかります。
基礎ができていないのに独学をしてしまうことによって

  • 知識に偏りができる
  • 間違った認識がそのままになってしまう
  • 自分の好きな事ばかり勉強してしまう
  • 本質的な理解ができていない

このようなポンコツエンジニアが生まれてしまいます。

著者もエンジニアなのでよくわかります。
初心者プログラマーの特徴として

  • コードを書くことで満足してしまう
  • 何かあったときの問題解決策がわからない

こういった点があげられます。
こういった行動は基礎ができてないから応用ができていない、ということに他なりません。

プログラミングスクールでは基礎をしっかり固めたうえで、実践で使う技術をベースにレクチャーしてくれます。
それにより現場に入った時にスムーズに作業に取り組むことができるわけです。

学ぶ言語を選ぼう!あなたはゲームエンジニア?アプリエンジニア?業務系?

学習するプログラミング言語については、WEB系言語であれば特にこだわる必要はありません。
そもそもプログラミグスクールで学べる言語は市場の需要の高いものばかりです。

  • 自分がなりたいエンジニア像は?
  • 興味がある言語は?
  • 人気のある言語は?

このあたりを軸に自由に選んでも全く問題ありません。

個人的にはJavaかPHPあたりを学習することをおススメしますが、
これは個人の方向性の問題ですので特に強制するものではありません。

 

 

(関連記事はこちら→これから稼げる!フリーランス向けプログラミング言語別需要について

 

 

スクール選びはどうする?就職支援を兼ねているプログラミングスクールがベスト

さて、プログラミングスクール選びはどのように考えるがいいでしょうか?
ぶっちゃけていうと、スキールで教える内容自体はそこまで変わりません。

あとは予算と期間と雰囲気などみて総合的に判断するといいでしょう。
一点アドバイスをするとすれば「就職支援があるプログラミングスクールがおススメ」
ということです。

これはプログラミングスクール期間終了後、そのまま企業の紹介をうけ就職支援を受けるという制度です。
スクール運営会社が人材会社もかねて、コネクションのある企業を紹介してくれるんですね。
「自分の実力に不安があるかも」という人はこの制度があるスクールを利用といいでしょう。

スクールからの紹介ですと、

  • 今まで受け入れ実績がある
  • 経験浅めでもOKな現場の紹介を受けることができる
  • 卒業後もフォローしてくれるケースがある

というような恩恵があるからです。
初めての就職で心配なかたにはおススメの制度です。

未経験からプロのエンジニアになれる!就職斡旋ありのプログラミングスクール

【登録はこちら】Tech Boost

私

3か月コースがお手頃なのでおススメです。卒業後の就職斡旋が嬉しい。スクールはここがダントツおススメです。

まとめ

未経験からプログラマーとして転職するために必要な事を全てまとめてみました。
色々不安もあると思いますが、まずは一歩踏みだしてみることがとても大切です。
すぐに実践できるように、当サイトで紹介した人材会社とプログラミングスクールをまとめて紹介しました。
著者が長年つき合いのある会社なので、安心しておススメできます。
では皆さんの成功をお祈りしております。

未経験でもOKの派遣会社はこちら!

【登録はこちら】とりあえず稼ぎたいなら、ITエンジニア【IT派遣テクノウェイブ】

未経験からOKの派遣会社です。エンジニアになりたいあなたを完全サポートします。

私

ITエンジニアの派遣会社ならここ一択です。

 

未経験でOKの転職エージェントはこちら!

高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

未経験から正社員に転職できる!完全未経験の求人を多数揃えています。

私

いきなり正社員のエンジニアとして働けるのは魅力的ですよね。

未経験からプロのエンジニアになれる!就職斡旋ありのプログラミングスクール

【登録はこちら】Tech Boost

私

3か月コースがお手頃なのでおススメです。卒業後の就職斡旋が嬉しい。スクールはここがダントツおススメです。