※Python案件は少ないの?【現役エージェントが解説します】

このページではフリーランスエンジニア向けに、「Python案件って少ないの?」
ということについて調査してみました。

「Pythonは興味ある」「勉強したい」「WEB系にキャリアチェンジしたい」「これからフリーランスでPythonメインでやりたい」
という方は多いと思います。
ただしフリーランス向け案件が少ないのでは?と不安を持っている方もいるようです。
確かにせっかく勉強しても案件がないと意味がないですよね?
「このあたり実際問題どうなんだろう・・・?」という方にバッチリ答えていきます。
(→Python案件に未経験で参画する方法はこちらで解説しました)

では早速見ていきましょう。

SES営業の田中さん
SES営業の田中さん

ちなみにPython案件に強いおススメエージェントはある?

転職パンダ
転職パンダ
私

レバテックフリーランス
がおススメかな。案件数も多いし。

ありがとう!

転職パンダ
転職パンダ

この記事に関連性の深いページはこちらです

(→Python案件と単価【必見!現役フリーエンジニアが教える最新情報】)

(→※Pythonフリーランス案件に未経験で参画するための3つの方法

(→フリーランスエージェントおすすめは?稼ぐ為の4つの見極めポイント!

 

結論:Python案件は少なくはない

まずは結論から。
Python案件は全く少なくありません。

むしろフリーランスエージェントで案件を扱っていると毎日のように
Python案件の募集を確認することができ、ニーズは高いといっていいでしょう。

よほど単価の高い案件を探しているとか、勤務地を近場で探しているなど
こだわりをもたない限り案件の数は決して少なくありません。

私

Python案件は全然多い。

他の言語と比べるとどうなんだろうか?

JavaC言語PHPなど他のオープン系の言語と比較した場合はどうなんでしょうか?
残念ながら上記のように人気言語と比べると案件数だとまだまだ少なく、差があるといえるでしょう。

それは上記のような言語と比べるとPython自体が歴史が浅い、ということと関係しております。
例えばC言語の歴史自体は50年ほどあります。
一時期は大規模システムの大半がC言語で開発されていました。
また、世の中に存在しているインフラの中で多言語が占める割合を考えるとPython案件がまだまだ少ないのも納得いくのではないでしょうか。

ただし昨今の人工知能(AI)開発や、データ分析案件の需要を見ている限り今後かなりの確率でPython案件が増えていくのは間違いありません。

なのでPython案件は、今は多言語と比較するとまだ案件数には負けている。ただし将来性は高い、というような立ち位置だと認識していくといいでしょう。

私

Java案件やPHP案件と比較するとまだ少ない。

Python案件が少ないと思われている理由とは?

どうもフリーランスエンジニアにはPython案件は少ないと思っている人が一定数いるようです。
上述したように、実はそんなことはないのですが思い当たる理由は一つあります。

Python案件に強みを持つエージェントが少ない」という事です。
これはどういうことなのでしょうか?

ご存じのようにPythonはまだまだ新しい言語です。
人口知能開発を行っている企業やベンチャー企業などがクライアントになります。

そのため、昔ながらのエージェント(Sierや業務系をメインのクライアントにしているエージェント)はそのあたりがカバーしきれていない面があるのは否定できません。

Pythonをメインに開発しているクライアントは開拓しないとなかなか繋がりをもてません。
このように、フリーランスエンジニアの方が「Python案件って少ないよね?」という印象を持つ方があるのは、Python案件に強みをもつエージェントが少ないのが理由なんですね。

私

エージェント側の問題。

おススメのPython案件との関わり方

Pythonという言語は今後爆発的な需要の伸びを見せる可能性を秘めています。
特に最近Googleの三大言語(C++, Java、Python)に指定されたこともあり、
まさに世界的な標準言語といっていいでしょう。

ですので、今後Python一本に絞りスキルアップしていくのもアリです。

ただし将来どうなるかは誰にもわからないのがこの業界の常識でもあります。
フリーランスエージェント的にはPython案件のスキルと経験を積みつつ、
他のWeb系言語を複数習得していくほうがおススメ。

リスクヘッジという意味と、単純に様々な言語を仕えたほうが現場で作業効率がいいから。
また、スキルシート上も様々な言語の案件があるほうが安定感があり色々な現場に参入しやすいという現実的な面もあります。

私

できれば複数言語マスターしたいところ。

Python案件が多いエージェントはどこ?

上項でもお伝えしたように、

・人口知能案件
・データ分析
・ゲーム
・ベンチャー企業や事業会社

などと繋がりの深いエージェントがPython案件を多数保有しています。

例えばネットで「人工知能案件 フリーランス」など検索すると色々なエージェントがでてくるので
調査してみるといいでしょう。
当サイトでもPython案件に強みをもつエージェントを紹介しておきますので、よかったら参考にしてみてください。

私

まずは登録!どんどん案件の紹介をもらおう。

最強エージェント!レバテックフリーランス

【登録はこちら】レバテックフリーランス


ご存じレバテックフリーランス。直案件&高単価が魅力です。
オープン系開発からインフラ、スマホ案件まで全て揃ってます。
全てのフリーランスエンジニアは登録必須といっても過言ではありません。

 

 

最新の案件多数!エンジニアの強い味方!ギークスジョブ

【登録はこちら】フリーエンジニア79.6%が金額アップ↑↑【ギークスジョブ】

気になるベンチャー、勉強している新しい言語・・・
業界でも最先端の案件や情報を取り扱ってます。
まさにギークのためのエージェントです。