このページではCCNPはフリーランスエンジニアでも取得すべき?という疑問について
調べてみました。
インフラエンジニアの中では大変知名度の高いCCNP。
正社員転職であればもちろん取得すべきですが、フリーランスの場合でも必要な資格なのでしょうか?

現役のフリーランスエージェントが解説していきます。
では早速見ていきましょう。

私

業界でも有名な【フォスターフリーランス】
さんというエージェントに突撃インタビューしてきました。フリーランスについて知りたい人はまず見てみてね。
詳しくはこちら

ちなみに手っ取り早く高単価の案件につきたいんだけど。

転職パンダ
転職パンダ

私

・・・わがままだなあ。
レバテックフリーランス
が一番だろうね。
色々なエージェントをみてきたけどエンジニアへの還元率が段違いに高いよね。

ありがとう。パンダでも入れる現場があるか聞いてみる。

転職パンダ
転職パンダ

私

・・・頑張ってみて。

 

この記事に関連性の深いページはこちらです

(→ネットワーク案件と単価【現役フリーエンジニアが教える最新情報】

(→サーバーエンジニアフリーランス案件と単価【最新情報はこちら!】

 

 

●●●●●●●●●●【ネットワーク案件に強い!おススメエージェントはこちら】●●●●●●●●●●●●●●●●
レバテックフリーランス
※業界でも屈指の高単価とネットワーク案件数を誇るエージェント。
案件はサイトから登録後、エントリーOK!
フリーエンジニア5日以内に案件決定!【ギークスジョブ】
※仮想通貨、人口知能案件など今熱い案件も豊富。ネットワーク案件を探すSEは登録必須!
High-Performer
※経験者の方にめちゃくちゃおススメエージェント。ネットワーク案件やインフラの上流案件も豊富です。
高単価を狙うフリーランスは外せません!
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

結論:あったほうがいい&その理由について

フリーランスエンジニアであってもCCNPは取得しておくべきでしょう。
理由は以下です。

・フリーランスエンジニアの場合経歴書が大変重要である
・自分の知識を系統立てて再確認できる
・そこまで勉強の時間がかからない

では説明していきます。

私

参考にしてみてください。

フリーランスエンジニアの場合経歴書が大変重要である

フリーランスエンジニアの場合、案件選択→エントリー→書類審査→面談→入場
というフローで一連の営業活動が行われるのはご存じの通り。
この中で大きな障害となるのが書類審査です。

人気のある案件や単価のいい案件の場合、採用枠に対して何倍ものエントリーがあることもあります。
経験の少ないインフラエンジニアの場合、他者との比較でお見送りになり、なかなか面談が進まないケースも
決して少なくありません。

この書類審査をクリアするために大変重要なのが経歴書(スキルシート)です。
採用担当者は経歴書を見て面談可否を決めているので、少しでもいい印象を持たれるよう工夫したり、アピールすることが必要となっていきます。

そういった観点でいうと、CCNPはフリーランス市場であってもアピールできる資格の一つです。
また、仮に同じくらいのエンジニアがいて、一人はCCNPの資格保有者で一人はそうでない場合、前者が優位なのは間違いありません。
ということで経歴書の印象をよくする意味でもCCNPは取得しておきましょう。

私

だいぶ印象が違います。

自分の知識を系統立てて再確認できる

フリーランスエンジニアの場合、自分の意志で案件を選べます。
逆に言うとあまり興味がない分野はなかなか経験が少なく、業種や経験スキル、知識などが偏りがちになる傾向があります。
もちろんこれは悪いことばかりでないのですが、「知識に穴ができる」という可能性も生まれてきます。

CCNPの場合、試験時には満遍なく色々な分野から出題されます。
自分の知識が偏っていないか再確認しながら勉強できる、という意味でCCNP取得はおススメできます。

私

実は結構大事。

そこまで勉強の時間がかからない

CCNPは知名度の割には難易度が低いです。
全くの未経験でも50時間から100時間程度勉強すれば取得することができるでしょう。

フリーランスで実務経験を積んでいるSEであれば、
過去問をさっと読み直すだけで合格するには難しくありません。

取得するために工数(時間)がかかり、さらに実務の上であまり役に立たない資格というのも決してすくなくないですよね?
そういう意味ではCCNPは勉強にあまり時間がかからず、なおかつ上述したように実務的(フリーランスの場合、面談が入りやすいなどのメリット)
なコスパがいい資格と言えるでしょう。

また、一度取得したらあとは更新だけでいいので、長いフリーランス生活で早めに取得しておくメリットは大きいです。

私

めちゃくちゃコスパがいい資格。

インフラ案件に強いフリーランスエージェントはここだ!

皆さんエージェント選びはばっちりですか?
インフラエンジニアが成功する秘訣は「インフラ案件に強い商流」をもつ企業と繋がりをもつことです。
(具体的には金融系や官公庁や事業会社etcなどですね)
以下の企業は著者が実際に仕事を一緒にしたことのあるエージェントです。
効率よく現場にアサインするためには登録すべき鉄板エージェントですので是非案件の紹介を受けてみてください。

私

まずは登録!どんどん案件の紹介をもらおう。

最強エージェント!レバテックフリーランス

【登録はこちら】レバテックフリーランス


ご存じレバテックフリーランス。直案件&高単価が魅力です。
ネットワーク案件、サーバー案件など豊富に取り揃えています。
全てのフリーランスエンジニアは登録必須といっても過言ではありません。

私

商流浅めと高単価が魅力的。フリーランスエンジニアのド定番サイトなのでまずは登録しておくべし。

 

最新の案件多数!エンジニアの強い味方!ギークスジョブ

【登録はこちら】フリーエンジニア79.6%が金額アップ↑↑【ギークスジョブ】

気になるベンチャー、勉強している新しい言語・・・
業界でも最先端の案件や情報を取り扱ってます。
まさにギークのためのエージェントです。

私

最新技術やインフラ系に強い。ベンチャーは流行りの熱い案件が非常に多いのでめちゃくちゃおススメ。

ハイスキル案件多数!上流SEであればHigh-Performer

【登録はこちら】High-Performer

コンサルや上流レイヤー向け案件多数。
熟練エンジニアや高報酬を狙うあなたは登録必須です。

 

私

インフラのPMやPL、設計案件など上流SEはおススメ。もちろん単価もバッチリでます!

 

20年の実績!圧倒的な案件数のフォスターフリーランス

【登録はこちら】【フォスターフリーランス】


一部上場企業のグループ会社であるフォスターフリーランス。
20年の実績とノウハウがありとにかく安心して仕事ができるのが特徴。
営業スタッフの質が高いことでも有名。

私

若手からベテランまで安心して仕事探しを任せることができる。オープン系とインフラ系に強みがある。最新技術の案件も取り扱い多数。トータル力が高く、まず間違いがないエージェント。もちろんネットワーク案件も多数扱っている。

おススメ!信頼と実績のPe-BANK

【登録はこちら】【Pe-BANK】

フリーエンジニア向けの案件数&実績抜群!
業務系エンジニア御用達のエージェントです。

私

業界の老舗でエンジニアからの信頼感抜群のエージェント。ここ一筋うん十年というエンジニアも多い。扱う案件は幅広いが、もちろんインフラ系も強い。

 雇用保険&年金加入や契約社員OK!安定のmidworks

【登録はこちら】【midworks】

保険加入可能。高収入と安定性を実現する素晴らしいエージェント。
安定性を求めるかたにはぴったり。

私

フリーランスでも保険に入れたりする。フリーでも安心して働きたい人というニーズに答えたエージェント。業界でも人気が高い。