フリーランス時給は5000円が相場?【現役エンジニアが解説します】

このページではフリーランスエンジニアの時給について解説していきます。
業界的には時給5000円が基準などといわれますがどういった根拠なのでしょうか?
現役のフリーランスエージェントが説明していこうと思います。
では早速見ていきましょう。

当サイトおススメのフリーランスエージェントはこちら!自分にあったエージェントを見つけよう。

転職パンダ
転職パンダ
エージェントの特徴 得意なスキル領域
【Pe-BANK】 業界の老舗エージェントで長い実績を持ちます。40代50代の方向け案件も多いのも特徴です。汎用系や業務系に特に強みを持ちます。 業務系/汎用系//組み込み系/PM・PMO
【midworks】 フリーランスエンジニアでも保険に加入できるため、安心して独立することができます。安定志向のフリーランス向けエージェントです。 オープン系/業務系/スマホ系/インフラ系
フォスターフリーランス 業界で20年の実績を持つ老舗エージェントです。幅広い案件と手厚いフォローが初心者にも大人気です。 オープン系/スマホ系/インフラ系/組み込み系/業務系/汎用系/PM・PMO

時給5,000円が基準?

フリーランスエンジニア業界では、自分の稼働報酬の目安として「時給5,000円」とされることが一般的です。
この基準はどのように算出されているのでしょうか?
いくつか理由があると思います。

  • フリーランスの場合、各種保険など様々なものが自己負担である
  • 正社員の年収をベースに考えると時給5,000円程度はほしい(5,000×8時間×20日×12ヵ月=960万円)
  • 受託や持ち帰り作業を行う時の目安になる

では解説していきます。

私

参考にしてみてください。

フリーランスの場合、各種保険など様々なものが自己負担である

正社員の場合、住民税や所得税など様々な税金が控除された金額が自分の口座に入金されます。
そこからさらに公的な税金を控除されることは基本的にありません。
(もちろん民間企業の保険や年金制度に加入している場合は別ですが)

ところがフリーランスの場合、全くの事情が異なります。
税引き前の金額が入金され、そこから諸々の経費を控除していかくてはいけません。

そういった意味でもサラリーマンの年収500万円とフリーランスの年収500万円では全く意味あいが異なってきます。

私

独立している以上、サラリーマン以上は稼ぎたいところ。

正社員の年収をベースに考えると時給5,000円程度はほしい

そういった訳で、時給5000円と考えるとめちゃくちゃハードルが高いようにも思えますが、冷静に計算すると「それくらいないとまずいよね」という事に気がつくのではないでしょうか。
ちょっとシミュレーションしてみましょう(あくまでもざっくりです)。

(例)
■一か月の稼働が160hのエンジニアの場合
160(h)×5,000(円)=800,000円

  • 一か月の報酬:800,000円
  • 一年間の報酬:9,600,000円

これが年間の報酬額です。
ここから様々な税金などが引かれますのですが、この方の場合一体いくらくらいひかれるのでしょうか?

■国民年金保険料と国民健康保険料

国民健康保険は済んでいる自治体によって異なりますので、ここではあくまでもざっくりと把握することを優先して、国民年金保険料と国民健康保険料を合わせて15%とします。

9,600,000円×15% = 1,440,000円

この段階で結構引かれることが分かります。

■所得税と住民税

所得税と住民税は細かく計算すればいくらでもできるのですが、ざっくりと計算する場合は13%程度です。

9,600,000円×13% = 1,248,000円

■ざっくりの手取り

ここまでくると、ざっくりの手取りが計算できます。

9,600,000円 – 1,440,000円 – 1,248,000円 = 6,912,000円

しかしこれだけで終わる訳ではありません。消費税個人事業税も考える必要があります。

■消費税

今のところ2年前の年間売上高が1,000万円を超える場合のみ、納税義務が生まれますが、ここはインボイス制度を見越して、消費税も計算しておきましょう。ざっくり簡易課税制度を使ったものとしてみなし仕入率50%として計算してみます。

(9,600,000円 – 9,600,000円×50%)×10% = 480,000円

2023年からインボイス方式になりますので、1,000万円以下の所得の場合でも納税しなくてはならなくなります。

転職パンダ
転職パンダ

■個人事業税

お住いの自治体によって異なるのですが、概ね5%だと思って良いと思います。計算する際は、各種控除を計算に入れないといけないので、ざっくり2%とします。

9,600,000円×2%=19,2000円

■ここまでの手取り額

9,600,000円 – 1,440,000円 – 1,248,000円 – 480,000円 – 19,2000円 = 6240,000円

いかがでしょうか?稼いだうちの概ね35%位は国または地方自治体に持っていかれることが分かります。

皆さん、気分が悪くなったことでしょう(苦笑)

また、当然ですが移動交通費接待費諸経費は自己負担になります。

そして、これに加えて家賃と生活費がかかる訳です。

時給5,000円と考えると夢のような好待遇のように思えますが、このように具体的に支払うべき税金と費用を考慮すると実現しなくてはいけないごく一般的な数字ということに気がつくのではないでしょうか。

私

だいたいのイメージはつかめたかな?

転職パンダ
転職パンダ

受託や持ち帰り作業を行う時の目安になる

もちろん上記はあくまでも参考なので「自分は毎日の生活ができればいい」という考えのフリーランスもいていいと思います。
ただし多くのフリーランスは高収入という部分に魅力を感じ独立しているのではないでしょうか?
であればその部分から目をそらさず、一定の基準を設けるのは大切ではないでしょうか。

頼まれたら断れない、というのは結局損するのは自分だよね。

転職パンダ
転職パンダ


例えば受託作業や持ち帰り作業などで、仕事を受けるか受けないか迷う場面ってありますよね?

そういった際の目安にしていただく判断材料になると思います。
著者も経験があるのですが、「ま、何とかなるだろ」で仕事を受けて蓋をあけたら泥沼化。
時給で計算したらファーストフード店ばりの単価だった、なんてこともありました(笑)

そういうミスをなくすためにも自分の中で基準を設け判断することが大切です。

私

個人事業主であれば、安請け合いは絶対ダメ。

ちゃんと目標の金額を稼ぐための戦略を構築しないとだね。

転職パンダ
転職パンダ

時給5,000円以上のフリーランスエンジニアになりたい方は?

では時給5,000円以上のフリーランスエンジニアになるにはどうしたらいいのでしょうか?
それは簡単です。
常駐エンジニアの場合、月単価75万円~80万円以上の現場に入ればざっくり時給5,000円くらいはいきます。

かなり高単価な印象ですが、そんな案件ってあるんでしょうか?
実は結構あります。
特に昨今フリーエンジニアの需要は大変高く、売り手市場です。
SEクラスの開発者であればそれくらいの案件はゴロゴロしてます。

今は在宅よりも常駐案件のほうが高報酬で安定しているよ。

転職パンダ
転職パンダ

具体的にはどうしたらいいのでしょうか?
ごくごくシンプルでフリーランスエージェントに登録し案件の紹介を受けましょう。
・自分のスキルだとどれくらいの単価まででるのか
・案件数はどれくらいあるのか

このあたりを丁寧に教えてくれます。
フリーランス営業は膨大な数のエンジニアを見てきていますから、ほとんどの場合かなり的確な回答をしてくれるはずです。

エージェントの比較エージェントのおススメは別ページで詳しく解説したよ。

転職パンダ
転職パンダ

ちなみにフリーエージェントは、サイトから登録→相談(打ち合わせ)→案件紹介というフローが一般的です。
エージェントはネットで検索すればたくさんでてきますし、当サイトのおススメのエージェントも紹介しておきますので参考にしてみてください。

ガッツリ稼ぐには!?知らなきゃ損するエージェント厳選3社を紹介しておこう!

フリーランスエージェントと手数料、中間マージン、エージェントの選び方についてまとめてみました。
少しでも高待遇で現場に参画するには、なるべく自分のスキルにあったエージェントから案件の紹介をもらうことが成功の秘訣です。
フリーランスエージェントはたくさんあるのでネットで自分のスキルに見合った企業を探してみましょう。
当サイトおススメのエージェントもご紹介しておきますので、稼ぎたいあなたは早速登録してみよう!

エージェントによって単価や商流って全然違うんだよね。ここが稼げるか差がつくポイント!

転職パンダ
転職パンダ
私

ガチで稼げるエージェントを紹介しておきました。どれも実績抜群の高単価エージェントだよ。

お~これは参考になるなあ。稼ぎたいアナタはすぐに登録してみよう!

転職パンダ
転職パンダ

業界の老舗なので安心!業務系や汎用系強し!全国に支店があるPe-BANK

【登録はこちら】【Pe-BANK】

業務系エンジニア御用達のエージェントです。全国的に案件を保有していますので、地方での就業も可!

私

業界の老舗でエンジニアからの信頼感抜群のエージェント。ここ一筋うん十年というエンジニアも多いです。業務系組み込み系汎用系のエンジニアは登録必須です。50代でOKの案件も保有しています。

 雇用保険&年金加入や契約社員OK!安定のmidworks

【登録はこちら】【midworks】

保険加入可能。高収入と安定性を実現する素晴らしいエージェント。
安定性を求めるかたにはぴったり。現場は東京中心となりますので、東京で働きたい方におススメです。

私

フリーでも安心して働きたいというニーズに答えたエージェント。業界でも人気が高い。

20年の実績!初心者におススメ!圧倒的な安心感のフォスターフリーランス

【登録はこちら】フォスターフリーランス


20年の実績とノウハウがありとにかく安心して案件探しを任せることができます。1都3県で案件を探している方におススメです。

私

営業スタッフの質が高いことでも有名です。
トータル力が高く、初心者からベテランまで幅広いエンジニアに支持されており、まず間違いがないエージェントです。