このページではフリーランスエンジニア向けに「在宅での組み込み案件はあるのか?」
という疑問を調査してみました。
フリーランスエンジニアであれば誰しもが出社せずに自宅でのリモート作業を行いたいですよね。
そんな案件はあるのでしょうか?
早速見てみましょう。

私

常駐での組み込み案件C言語案件についての情報はこちらにまとめました。

 

●●●●●●●●●●【組み込み案件に強い!おススメエージェントはこちら】●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
レバテックフリーランス
※業界でも屈指の高単価と組み込み案件数を誇るエージェント。
案件はサイトから登録後、エントリーOK!

【Pe-BANK】※組み込み系と業務系の質と量は業界でも圧倒的。組み込み系エンジニアは信頼と実績のPe-Bankで決まり。
High-Performer
※経験者の方にめちゃくちゃおススメエージェント。組み込みや業務系の案件も豊富です。
高単価を狙うフリーランスは外せません!
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

結論:ほぼない

まず最初に結論から。
いわゆるエージェントで出回っているフリーランス案件の中では在宅でできる組み込み案件はありません。
それはエンジニア自体のスキルや知識とは全く関係がありません。
業界的にない、ということです。

逆に在宅が多いのはスマホアプリ案件やWEB開発案件です。
また、軽めの案件(コーダーやCMSをいじったり)というのはクラウドソーシング上に溢れかえっているのは周知の通りです。

ちなみに在宅案件が少ない理由としてはJava案件のページでも少し触れました。
組み込み案件の場合はそれに加えて理由が何点かあります。

 

●●●●●●●●●●【組み込み案件に強い!おススメエージェントはこちら】●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
レバテックフリーランス
※業界でも屈指の高単価と組み込み案件数を誇るエージェント。
案件はサイトから登録後、エントリーOK!

【Pe-BANK】※組み込み系と業務系の質と量は業界でも圧倒的。組み込み系エンジニアは信頼と実績のPe-Bankで決まり。
High-Performer
※経験者の方にめちゃくちゃおススメエージェント。組み込みや業務系の案件も豊富です。
高単価を狙うフリーランスは外せません!
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

理由①現場の環境や風習

組み込み系案件の現場の多くは、どちらかというと昔ながらのメーカーやソフトハウスです。
持ち帰り案件が多いのはイケイケのベンチャーや自由ないわゆるギークな雰囲気を好むようなクライアントなのですが、いわばその対極に位置する存在ともいえるでしょう。

もちろん全ての現場がそうとはいえませんが、プロパーが偉くて外部から派遣されてくるスタッフの地位が低いのも
特徴です。
なんでプロパーが朝から晩まで働いているのに得体のしれない派遣社員をリモート作業を許可せにゃあかんねん、というような空気感もなきにしもあらず。

理由②実務的な理由

組み込み案件の場合、アプリ開発などと違って開発やデバックの際に実機などが必要となるケースが多いです。
そういったものを貸し出すのはセキュリティの関係から難しいですし、何かあったときに責任問題となりかねません。
このような実務面の理由も大きいです。

また、同じように在宅勤務がまずありえない業種として金融系があげられます。
フリーランスエンジニアなどが企業のデータベースに自宅からアクセスしたり本番環境をいじれたりしたら何が起こってもおかしくありません。
(特に昨今テロ問題、個人情報の問題など企業はめちゃくちゃ敏感になってますしね)
まあこれは当然といえば当然の理由です。

まとめ

在宅での組み込み案件があるのかないのか、という点について簡単にまとめてみました。
組み込み案件を探すフリーランスエンジニアの皆さんの参考になれば幸いです。

 

●●●●●●●●●●【組み込み案件に強い!おススメエージェントはこちら】●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
レバテックフリーランス
※業界でも屈指の高単価と組み込み案件数を誇るエージェント。
案件はサイトから登録後、エントリーOK!

【Pe-BANK】※組み込み系と業務系の質と量は業界でも圧倒的。組み込み系エンジニアは信頼と実績のPe-Bankで決まり。
High-Performer
※経験者の方にめちゃくちゃおススメエージェント。組み込みや業務系の案件も豊富です。
高単価を狙うフリーランスは外せません!
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●