このページではフリーランスエンジニアの年収相場と年収を伸ばす方法についてお話していこうと思います。
以下のような方向けの記事です。

  • フリーランスエンジニアだけど年収が頭打ちになってきた
  • 客先常駐フリーランスが副業的に稼ぐ方法を知りたい
  • フリーランスエンジニアになろうと思っていて情報が欲しい
  • とにかく稼げる方法が知りたい。

著者は現役のフリーランスエンジニアです。
このページを最後まで読むことでフリーランスエンジニアの年収相場と劇的に年収アップするためのリアルな戦略について理解できますので興味がある方は是非参考にしてみてください。

ちなみに常駐型フリーランスエンジニアにおススメのエージェントはある?

転職パンダ
転職パンダ

私

レバテックフリーランス
が一番だろうね。
案件数が圧倒的に多く単価も高いのでおススメです。

 

【結論】フリーランスエンジニアの月単価は60万円~80万円が相場。年収は720万円~960万円が相場。

まずは結論から。
フリーランスエンジニアの月単価は60万円~80万円が相場です。
年収に直すと720万円~960万円が相場です。

この単価は一定の経験をもつITエンジニアの場合なので、
未経験や経験年数の浅いエンジニアの場合はもう少し下がります。

転職パンダ
転職パンダ

正社員からフリーランスエンジニアになる理由はやはり年収面

正社員からフリーランスエンジニアになる人の多くが年収アップが目的です。
この背景はとてもシンプルです。

私

業界経験の長い方であればご理解いただけるかもしれませんが、
エンジニアの場合スキルや経験がそのままストレートに給料に反映されるケースは少ないのです。
それよりも年収を左右しているのが自分の所属している企業の規模と会社組織の給与体系です。

  • 日本のトップクラスのSIerや優良な上場企業で働くSE
  • 中小企業や客先常駐の派遣企業で働くSE

この平均年収を比較すれば一目瞭然です。

年収1000万程度であれば常駐型フリーランスで充分狙えるのが現実

効率よく勝ち組のエンジニアになるにはフリーランスエンジニアになるという選択一択です。
年収一千万円程度であれば常駐型フリーランスエンジニアで充分OKです。
低収入のエンジニアが脱出して年収アップするには

  • 転職していい会社から内定をもらい年収アップを狙う
  • フリーランスエンジニアになる

の二択しかありません。
転職して年収アップが簡単にできればそれに越したことはないのですがそれには問題があります。
それは学歴の問題です。

優良企業の場合転職者が優秀なケースが多いため学歴などプログラミング以外の部分で比較されがちです。
大手は当然高卒や専門NGですし、高学歴でないと面接にすらたどり着かないという現実があるのです。
(そもそも高学歴のエンジニアであれば一定の収入を確保していることが多いと思いますが)

転職パンダ
転職パンダ

私

フリーランスエンジニアの場合、学歴や前職などは一切関係ありません。
あなたの報酬を決めるのはあなたのスキルが市場にいくらで評価されるかという点のみです。
やはり低収入エンジニアが勝ち組エンジニアになるためにはフリーランスエンジニアという選択肢が最適なのは間違いありません。

常駐型フリーランスエンジニアの年収を決めるポイントは?

フリーランスエンジニアの場合、単価を決定する要素は以下です。
エンジニア自身でどうしようもない部分(年齢や経験値など)はもちろんありますが、これを知っておくことにより戦略的に高単価案件にアサインできます。

・プロジェクトの予算と商流
・開発言語の経験年数
・年齢
・業務知識
・コミュニケーション力

ではそれぞれについて説明していきます。

プロジェクトの予算と商流

フリーランスエンジニアの場合プロジェクトの予算と商流によって報酬単価が大きく変わってきます。
IT業界で働いている経験が長い方にはご理解いただけると思いますが、プロジェクトはまず予算ありきです。

仮に同じ難易度の作業を行し、同じレベルの作業者を雇用するにせよ、予算によってエンジニアに対する報酬が全く異なります。
フリーランスエンジニアの立場からするとまずは少しでも予算のでるプロジェクトに参画することが大切。

転職パンダ
転職パンダ

では予算のあるプロジェクトとはどういった案件なのでしょうか?
一般的には、

・メガベンチャー系
・大手事業会社やナショナルクライアント

あたりに常駐すると条件面が優れているのが常識となっています。
しかしながら開発者のスキルや経験によってそもそもそういった企業での案件がない、という事はよくあります。

でかい企業のほうが単価は出やすい傾向にある。

転職パンダ
転職パンダ

ただ、口座をもってやり取りをしているエージェントが限られているため案件はなかなか出回ってこない面もある。

SES営業の田中さん
SES営業の田中さん

そういった場合はせめて商流を意識しましょう。
発注先から開発者まで複数の企業が介在することで、マージンが多くとられ報酬額がガクンと落ちてしまいます。
商流についてはエージェント選びとも関連しています。
自分の得意なスキルの案件に強いエージェントですと、必然的に商流が浅くなりますし、その逆もありえます。

私

ここが一番大事。

開発言語の経験年数

開発言語の経験年数も報酬単価に大きく影響します。
業界の経験年数よりも言語の経験年数が重視される傾向にあります。

フリーランスエンジニアの場合、様々な言語の言語を幅広く積むよりも、
一つの言語を長く経験しているほうが高報酬を獲得できる傾向にあることは知っておくといいでしょう。

転職パンダ
転職パンダ

私

もちろん言語の市場ニーズやその時代によっても左右されるので一概にはいえませんが、
あれもこれも手をだすよりは一つの言語をマスターするまでしっかり腰を落ち着かせてキャリアを積むほうが好ましいです。

年齢

年齢というのも報酬単価に影響してきます。
若い分にはいいのですが50代以上になると開発者の場合パフォーマンスに悪影響がでやすい、とみなされる場合があるためです。
また、経歴書が通りにくくなったりと高年齢になると悪い影響がでることも少なくありません。

業務知識

フリーランス案件において業務知識というのは意外と重要視されますし単価報酬に影響があります。
開発者的には、「そんなの入ってから覚えるから大丈夫だよ」と思いますよね?

私

ただし採用担当者の場合、「本当にこの人を採用して大丈夫なのか?」
というような見方で面談をしていることも結構多いです。
特にフリーランスの場合、企業としては決して安くない金額を報酬として支払いますので、なお厳しいチェックが入ります。
(もちろん企業体質や採用担当者にもよりますが)

業務知識は実はめちゃ大事。ない場合最低ネットで調べるだけでも印象が違うよ。

転職パンダ
転職パンダ

そんな時に業務知識や業界経験があるとその心理的なハードルが下がるわけですね。
安心できますし、似たような業種業界での経験があれば大丈夫だろうと。
特に外部から業務委託で採用する場合、教育などはそもそも念頭にありません。
いかにスムーズに立ち上がり業務に慣れれくれるか、というのも採用時の大きなポイントです。
なのでそんな時に業務知識な業界経験があると印象がいいですし、単価も出やすくなる、という現実があるわけです。

 

コミュニケーション力

本来であればプログラミング技術とコミュニケーション力自体は切り離して考えられるべきものです。
ところが、やはり面接をする人も人間です。

いくら優秀な技術をもっていても、「コミュニケーションがとりにくいな」とか「感じが悪いな」
と思うと不合格にしたり採用判断に影響がでるのも事実です。

媚びを売る必要はありませんが、最低限自分が不利益を被らない程度のコミュニケーションや配慮があったほうがいいでしょう。

 

実はただコツコツ働くだけではフリーランスエンジニアの年収は劇的には伸びない

フリーランスエンジニアの場合ただコツコツ働くだけでは年収は伸びません。
もちろんスキルや経験が上がれば単価は上がりやすくなります。
また、年収も正社員と比較にならないほど高い事が多いでしょう。

ただし常駐型のフリーランスの場合あくまでも高単価で時間の切り売りをしているとも言えます。
もちろんそれは時給に直すと5000円以上になったりするので十分すぎるのですが、何倍にもなることはまずありません。

転職パンダ
転職パンダ

私

フリーランスエンジニアが年収を何倍にも伸ばすためには他に収益の柱を持つ必要性があります。
ただし多くのエンジニアの場合その方法やテクニックを知らないだけなのです。
向き不向きはあると思うのですが色々試してみればかならずあなたにピッタリの方法が見つかると思います。

まずは自身がビジネスマンとしてのスキルを上げることが前提

今回紹介させていただく方法はどちらかというとエンジニアとしてのプロミングスキルはそこまで関係ありません。
それよりも大事なのはビジネスマンとしてのスキルです。

  • コミュニケーション能力
  • 交渉能力
  • 信頼感
  • 営業能力
  • マネジメント能力

こういったスキルが稼げるかという事に影響を及ぼしてくるようです。

私

プログラマーの場合特にこういったスキルを備えていなくともプログラミングができれば仕事は成立します。
ただしプログラマーとして仕事ができるだけでは年収は頭打ちになることは間違いありません。
年収を上げようと思ったらこのあたりの意識を変え経営者脳になることが大変重要なのです。

フリーランスエンジニアが年収を上げる方法①人材の仲介(SES)をして稼ぐ

フリーランスエンジニアが最もシンプルに年収を上げるのが人材の仲介(SES)をして稼ぐ方法です。
フリーランスエンジニアであれば、

  • 自分の現場の案件情報、知人の現場の案件情報
  • 知人のフリーランス人材の情報

こういった情報が自然と手に入るようになります。

私

案件と人材のマッチングを行いその差額をもらうというのがこのビジネスモデルでSES営業と呼ばれています。

SES事業のビジネスモデル

このビジネスの特徴はとにかく分かりやすくて簡単な点です。
仮にエンジニアへの支払いが60万円だとしたらクライアントに70万円で提案する。その差額の10万円が利益になるという訳です。

私

SES営業はコツをつかめばとっても簡単です。
その理由は現場と人材双方からのニーズが高いので、マッチングさえ成立すればとてもスムーズにいくことが多いためです。
何かを一方的に売りつける営業とは全く異なります。
マッチングが成立し仮に月10万円の利益で10人稼働させたら10万円×10人=100万円の利益が放っておいても懐に入ってくるわけです。

まずは何から始めるの?

ではフリーランスエンジニアがSESで稼ごうと思ったら何から始めればいいのでしょうか?
とにかく案件の情報・人材の情報が命です。
できる限り商流が浅く他社にない情報を集めることが大事です。

  • 案件の情報・・・自分の現場や知人の現場の情報
  • 人材の情報・・・自分の知人のフリーランスや自社の社員の情報

を集め同業他社に提案したり配信したりする方法が王道です。

私

また、SES企業とのコネクションも大事になってきます。
「SES ビジネスパートナー」などで検索すると多数の企業がヒットしますのでコツコツと人脈を広げていくことが大事です。

フリーランスエンジニアからSESで独立するケースは多い

常駐していたフリーランスエンジニアがSES事業を始めるケースというのは大変多いです。
理由は簡単です。

  • 手っ取り早く稼ぐことができる
  • 自分が働くよりもずっと効率がいい

という理由からです。

私

著者の知り合いでもフリーランスエンジニアから始めて年商数億のSES企業に育てた例を知っています。
彼のケースは会社を企業するためにしばらく常駐型のフリーランスで資金を貯め、人脈を広げ事業の下地を作っていたようです。

いずれにせよ人材仲介はフリーランスエンジニアが年収を上げるためには王道の手法と言えます。
まずは手探りでもいいので案件や人材の情報をマッチングしていくところから始めてみてはいかがでしょうか?
場合によっては色々教えてくれるような親切な営業さんや先輩が現れるかもしれません。

転職パンダ
転職パンダ

もちろんデメリットも

人材仲介(SES)の場合、当然ながらメリットだけではありません。
常駐型フリーランスの場合定時内は開発業務がありますのでマッチングをするとしたら業務時間外です。
電話対応の必要性も生まれてくるため少々忙しくなることもあるでしょう。

私

著者の知り合いも夜遅い時間にメールを送ってきたり頑張っているようです。
SES営業自体割と遅い時間帯まで仕事をしているのでマッチング業務に支障はないと思いますが、
体力的な面や時間的な面で拘束されるというデメリット
はあります。

また、稼働人数が多くなるとトラブルなども発生してきます。
こういった対応もしなくてはいけなためある程度軌道に乗りだしたら人を雇ったり専任になるケースがほとんどです。
こういった対人面のコストや精神的な負荷がかかってくるのはデメリットとして認識しておくといいでしょう。

転職パンダ
転職パンダ

フリーランスエンジニアが年収を上げる方法②企業と直接契約をする

フリーランスエンジニアが年収を上げるために必要なのが企業と直接契約することです。
これは手間がかかる分、大幅に単価がアップする可能性があるため見返りも大きいです。

私

ただしエージェントなどを経由しているクライアントに対して直接契約を求めるのはご法度です。
あくまでも新規の企業に対してアプローチし現場を探すようにしましょう。

年収2000万円~3000万円の桁違いに稼ぐフリーランスエンジニアはだいたいコレ

著者の知り合いでも桁違いに稼ぐフリーランスエンジニアは皆直接契約です。
それも予算が潤沢な企業と契約してガッツリ稼いでいるというケースがほとんどです。

私

PMやコンサルで現場に入っている場合、優秀なエンジニアに対しては150万円とか200万円くらい払う企業は決して少なくありません。
著者の知り合いのケースですと某金融機関のPM職が月単価500万円(!)で契約していると聞いたことがあります。
冒頭でもお伝えした通りこういった契約を勝ち取るには時間や手間がかかりますがそれでも十分トライする価値はあります。

法人をもっていないとダメなことがほとんど

一点注意点があります。
昨今個人事業主という形態ですと直接契約ができないクライアントがほとんどです。
特に上場している企業や大手の場合コンプライアンスの問題もあり、個人と直契約を締結することはまずありません。

  • 一定の期間運営している法人であること
  • 実態があり決算書が提出できること
  • 赤字でないこと

などが最低限のラインとなると思います。
ですので企業と直接契約をして年収アップしたいのであれば前もって法人化しておいたほうがスムーズにいくでしょう。

とにかくエンジニアとしてのスキルを高めよう

企業と直接契約をして年収を上げるためにはエンジニアとしてのスキルを上げることが必須です。
これは企業側が高額の報酬を払いリスクを負うことを考えれば当然です。
雇用側からすればどこにでもいる平均的なスキルのエンジニアであれば業務委託や派遣契約と言った方法で調達することは難しくないからです。

  • 業務知識が豊富である
  • プログラミング能力が極めて高い
  • 同業他社での経験が豊富である

など何らかに特化した能力が求められます。
今自分自身にセールスポイントがないと思うフリーランスエンジニアも悲観する必要はありません。
こういった企業側からの視点を持つことによって自分の市場価値を高めることができるからです。

どうやってクライアントを見つける?

ではどうやって直接契約をするクライアントを見つければいいのでしょうか?
一般的な方法はコツコツと企業のHPから問い合わせをすることです。
自身のレジュメやアピールポイント、プレゼン資料やコードを送ることで興味を持った担当者から連絡がくることはあります。
一度打ち合わせの機会を持つことで企業を紹介してくれたり人脈が広がることもあります。

私

また、SNSを有効活用するのもおススメです。
IT企業の社長や決裁者というのはTwitterなどで人材を広く募っていることもあります。
確率は決して高くありませんがあなたが優秀な人材であればトントン拍子で話が進むこともあります。
興味がある会社にどんどんアプローチしてみてみてはいかがでしょうか?

フリーランスエンジニアが年収を上げる方法③自社サービスを開発する

フリーランスエンジニアが年収を上げるための方法として自社サービスを開発するのもおススメです。
常駐や受託の作業の合間にサービスを開発して収入を得ているエンジニアは思いのほか多いです。

  • アプリ開発
  • WEBサイト開発
  • ゲーム開発
  • マッチングサイトの開発
  • トレーディングシステムの開発

など何でも構いません。
あなたが興味があるジャンルやこんなサービスがあったらいいなと思うものを開発してみましょう。
ポイントを一つ上げるのであれば今までの自分の人生で関わりの深いサービスや親和性の高いサービスをローンチすることが大切です。
ゲームをしたことがない人がゲーム開発をしてもユーザーの気持ちに寄り添うことは難しいように
自身がサービスを使う側でないと高品質のものを生み出すのは難しいからです。

著者の知り合いの例

著者の周りで人気なのはやはりスマホアプリ開発です。
著者の知り合いでアプリからの収入が何もしなくとも月200万円を超えているエンジニアもいます。
(もちろんバグ修正や更新作業はしているようですが)
AppStoreでは数多くのアプリがリリースされて公開されているのはご存じの通りです。

私

競合は多いですが、ヒットした時の見返りは果てしなく大きいです。
月200万円とまではいかなくともスマッシュヒットするだけで生活していく分には困らないくらいの報酬を得ることはできるでしょう。

時間と労力はかかるが見返りは大きいので事業としてじっくり取り組もう

アプリ開発の場合自身のスキルアップにも直結しますし上手くいけば大きな収入を得ることもできます。
しかしながらサービスを開発してリリースするまでは莫大な労力がかかります。
そのため多くのエンジニアは挫折したり後回しにして結局何もしないという方が大半です。
しかし年収を上げるためには時間を切り売りするだけの労働所得では限界があるというのは本文でもお伝えしている通りです。

私

自身の作ったアプリやサービスがあればフリーランスエンジニアとして売り込む際のアピールにもなります。
趣味と実益を兼ねていると思って楽しんでガリガリ開発してみてはいかがでしょうか。
仕事終わりに居酒屋で飲む時間を削って頑張るくらいでないと年収アップというのはおぼつないと思っていたほうがいいでしょう。

まとめ

フリーランスエンジニアが年収を上げる方法についてお話してみてました。
王道かつ今日からすぐにできる実践的な方法ばかりをお伝えしたので参考になれば幸いです。
ちなみに常駐型フリーランスエンジニアが年収アップを狙う場合はとっても簡単です。
高単価をもらえるエージェントを選ぶだけです。

私

これだけで年収が100万円~200万円くらいアップするケースも多いので、現在の年収に不満のあるエンジニアは是非エージェントを変えてみてください。
著者のおススメのエージェントも紹介しておきますので参考にしてみてください。
皆さまが素晴らしいエンジニアライフを送れるようにお祈りしております。

常駐型フリーランスのド定番!最強エージェントのレバテックフリーランス

【登録はこちら】レバテックフリーランス


業界でのトップクラスの実績を誇るレバテックフリーランスは直案件&高単価が魅力です。
オープン系開発からインフラ、スマホ案件まで全て揃ってます。

私

支払いサイトは何と業界最短の15日です!
フリーランスエンジニアのド定番サイトなのでまずは登録をおススメします。

ゲーム&WEBエンジニアは登録必須!WEB系に特に強みを持つギークスジョブ

【登録はこちら】フリーエンジニア79.6%が金額アップ↑↑【ギークスジョブ】

業界でも最先端の案件や情報を取り扱ってます。
WEB系エンジニアやゲーム系エンジニアは登録必須です。

私

JavaやPHPやPythonやRuby。オープン系に強い。最新言語の案件が非常に多く、他社では扱っていない現場の紹介もあります。仮想通貨や人口知能など今熱い案件も多数保有しています。

20年の実績!フリーランス初心者にもおススメ!圧倒的な安心感のフォスターフリーランス

【登録はこちら】【フォスターフリーランス】


一部上場企業のグループ会社であるフォスターフリーランス。
20年の実績とノウハウがありとにかく安心して案件探しを任せることができます。

私

営業スタッフの質が高いことでも有名です。
トータル力が高く、初心者からベテランまで幅広いエンジニアに支持されており、まず間違いがないエージェントです。

ハイスキル&経験豊富なエンジニアはこちら!上流SEであればHigh-Performer

【登録はこちら】High-Performer

コンサルや上流レイヤー向け案件多数です。

私

熟練エンジニアや高報酬を狙うあなたは登録必須です。
商流浅めで高単価を実現しおり、大変おススメできます。

ハイスペックコンサルにおススメ!BTCエージェント

【登録はこちら】フリーコンサル向け案件を紹介【BTCエージェント】

私

高単価のコンサル案件が豊富なBTCコンサル。
コンサルフリーランスは是非登録しておきたい。

ハイスペックフリーランスエンジニアにおススメ!BTCエージェント

【登録はこちら】フリーエンジニア向け案件を紹介【BTCエージェント】

私

経験豊富なフリーランスエンジニア向けのエージェントです。高単価案件がめちゃくちゃ多い

40代50代もOK!業務系や汎用系強し!全国に支店があるPe-BANK

【登録はこちら】【Pe-BANK】

業務系エンジニア御用達のエージェントです。

私

業界の老舗でエンジニアからの信頼感抜群のエージェント。ここ一筋うん十年というエンジニアも多いです。業務系組み込み系汎用系のエンジニアは登録必須です。50代でOKの案件も保有しています。

 雇用保険&年金加入や契約社員OK!安定のmidworks

【登録はこちら】【midworks】

保険加入可能。高収入と安定性を実現する素晴らしいエージェント。
安定性を求めるかたにはぴったり。

私

フリーでも安心して働きたいというニーズに答えたエージェント。業界でも人気が高い。