まだまだ稼げる!フリーエンジニアが50代でも活躍するための4つのコツ

このページは50代のフリーランスエンジニアの案件とお仕事についてお話していこうと思います。

  • 40代だけど50代以降仕事があるか心配だ
  • 50代になり案件が減ってきた気がする
  • 50代になり書類通過率が落ちてきた
  • どこかいいフリーランスエージェントを知りたい

こういったフリーランスエンジニアの方向けの記事です。
是非参考にしてみてください。

【結論】仕事のこだわりを捨てる!それが長くフリーランスを続けるコツ

まずは結論から。
50代以降のフリーランスエンジニアはこだわりを捨てることが長く仕事を続ける秘訣です。
あなたの経験やスキルにもよりますが、一般的に40代後半以降はフリーランスエンジニアの需要はなだらかに落ちてきます。
つまり今までと同じようなスタイルでは仕事が少なくなってくるのは当然といえるのです。
著者は今までフリーランスの世界で20年飯を食ってきました。
またSES営業も兼業でこなしていますので、

  • 50代でも活躍しているフリーランスエンジニア
  • 50代になり仕事がなくなるフリーランスエンジニア

これらの特徴についてはっきりとわかります。
これから50代を迎えるエンジニアの方には是非参考にしていただけると嬉しいなと思っています。

50代・60代でも活躍するフリーランスエンジニアは実は多い。何が違うの?

著者の経験上50代・60代でも活躍しているエンジニアはたくさんいます。
SES営業をしているとたくさんの人材情報が流れてきますが、60代でブランクなくバリバリ開発をしている方も決して少なくはありません。

私

ですので案件が少なくなってきたからダメだという考えではなく活躍している方と自分では何が違うのか、という点に注目することが大切です。
そういった方とあなたの間でスキルや能力が大幅に違うわけではないという事がポイントです。
大げさに言えばフリーエンジニア市場を攻略するコツを知っているか知らないかというだけです。

では50代になってもバリバリ活躍するためにはどういった点を改善すればいいのでしょうか?
ポイントをまとめてみました。

転職パンダ
転職パンダ

50代フリーエンジニアが活躍するコツ①単価に対するこだわりを捨てる

50代フリーエンジニアにとって最も大切なのは単価に対するこだわりを捨てるということです。
これはあなたが思っている以上にずっと重要な事です。
悪いことはいいません。
エージェントに案件が見つかりそうな適正単価はいくらですか?と聞いてその金額で営業してもらってみてください。
大分結果が異なってくると思います。

まずは面談に到達することが大事

フリーエンジニアの参画までのフローを考えてみましょう。
まず第一関門は書類選考を突破し面談にこぎつけるということです。
面談まで到達すればあとはなんとかなるという事がほとんどです。

私

ところがSES業界の場合一つの案件に複数のフリーランスエンジニアがエントリーしています。
特に高年齢でもOKのケースですとかなり競争過多になることも多いです。
50代以上になると経験などではほとんど差がつきません。
ですのである程度単価で選別し優先順位をつけて面談をしていくというケースが圧倒的に多いのです。

単価を下がることで競争力が生まれる

正直単価が5万円違うだけで結果は全く違ってきます。
10万円下げれたらさらに違ってきます。

もちろん働く以上なるべく単価が欲しいというのは皆同じです。
そこをぐっと我慢してみましょう。

転職パンダ
転職パンダ
私

考えてみれば書類が通らず仕事がなく収入がゼロであるのであれば単価が安くでもずっと働き口があったほうがいいに決まっていますよね。
まとめると自分の希望単価でなく、エージェントの希望単価で一度案件を探してみようということです。
実はこれが一番の必勝法です。

50代フリーエンジニアが活躍するコツ②勤務地に対するこだわりを捨てる

50代フリーエンジニアにとって次に大切なのは勤務地の対するこだわりを捨てることです。
うまくいってないエンジニアの多くは勤務地にこだわりがあることが多いのです。

もちろんなるべく通勤時間を減らしたいという気持ちはより分かります。
満員電車が嫌でフリーエンジニアになった方も多いと思います。

転職パンダ
転職パンダ
私

ただしそれで仕事がなくなってしまっては本末転倒もいいところではないでしょうか。
フリーエンジニア案件というのはスキルや業種によって勤務地にも偏りがでてきます。
(例えば証券会社の案件であれば日本橋や茅場町に多い、とかですね)
ですので勤務地にこだわりがあると本来紹介される数の何割かに減ってしまうため大きな機会損失が生まれてくるわけですね。

マンスリーマンションという選択肢もおススメ

千葉や埼玉、あるいは神奈川に住んでいて都内にでてきるので2時間かかるという方も多いと思います。
確かに往復4時間以上の通勤となると体にも負担がかかりますよね。
そういった方にはマンスリーマンションという選択肢もおススメです。
現場が決まったらその近くに借りればいいのです。更新も単月なので現場の契約更新にあわせればOKです。

家賃は場所によりますが5万円~10万円程度です。
家具やネット環境も基本完備なので、一日に換算して考えればメチャクチャ安いと思います。

転職パンダ
転職パンダ
私

案件が決まらず家で仕事がないくらいであれば多少出費があっても確実にキャッシュが入ってくる方法を選ぶべきです。
著者の知りあいは地方に住んでいて現場が決まったらウィークリーに住むという出稼ぎをしているエンジニアもいます。
50代以降はブランクがあるとさらに面談が入りにくくなります。
年をとってきたらえとにかく貪欲に仕事にありつく姿勢が必要です。

50代フリーエンジニアが活躍するコツ③現場での振舞いと我慢は大事

50代フリーエンジニアにとって大切な事は一つの現場に入ったらそこでなるべく長期稼働するようにするということです。
何しろ次の案件を探すのが大変な訳ですから一つの現場でずっといれたらそれにこしたことはありません。
そのためには現場で

  • 勤怠や勤務中の態度に気をつけること
  • なるべくパフォーマンスを出す努力をすること
  • リーダーや同僚との人間関係に気をつけること

などが大切です。

私

ITエンジニアの現場だと理不尽なことはたくさん起こります。
そこはぐっと我慢してなるべく良好な人間関係を構築するようにしましょう。
外注エンジニアの契約を切るときは消去法です。
単価・パフォーマンス・人間性などトータルでみてこの人を残したいと思ってもらえることが長期参画のために重要なポイントになってきます。

50代フリーエンジニアが活躍するコツ④優秀なフリーランスエージェントに案件探しを依頼する

50代フリーエンジニアにとって非常に大切なこととして優秀なフリーランスエージェントに案件探しを依頼することです。
実はこれが最も大切と言っていいかもしれません。

とにかく案件がないエージェントは登録しても全く案件紹介がきません。
そもそも若手エンジニア向けの案件しか扱っていないエージェントもあります。
また、汎用機や組み込みなどの案件がなくスキル的に案件紹介ができないというケースもあります。
こういったエージェントに登録しても全くの無駄です。

転職パンダ
転職パンダ
私

逆にこういった点に強みをもつエージェントに紹介を依頼すればかなり仕事が捗ります。
まずは今使っているエージェントが本当に信頼できるのか、という点について一度考えてみてもいいでしょう。
また、ある程度年齢がいってくると複数エージェントに登録するのは必須です。
とにかくブランクにならないようにたくさんのエージェントに声をかけ案件をかき集めてもらうといいでしょう。
もちろん本文で示したように単価や勤務地などの重要なポイントを決して忘れてはいけません。

まとめ

50代のフリーランスエンジニアの案件とお仕事についてお話してみました。
40代・50代のフリーランスエンジニアの方は是非参考にしてみてください。
本文でも述べましたがフリーランスにとってエージェント選びは本当に大切なポイントになります。
著者のおススメの企業を紹介しておきますので是非登録して活動をスタートしてみてください。
あなたのエンジニアライフが豊かになるようにお祈りしております。

50代OKのエージェント!業務系や汎用系強し!Pe-BANK

【登録はこちら】【Pe-BANK】

業務系エンジニア御用達のエージェントです。

私

業界の老舗でエンジニアからの信頼感抜群のエージェント。ここ一筋うん十年というエンジニアも多いです。業務系組み込み系汎用系のエンジニアは登録必須です。50代でOKの案件も保有しているため安心できます。

40代50代のコンサルは登録必須!High-Performer consultant

【登録はこちら】【ハイパフォーマー コンサルタント】

経験豊富なコンサル人材は登録必須です。

私

業界でもコンサル案件に特化したエージェントのサービスです。高単価&支払いサイト15日も魅力です。

20年の実績!圧倒的な案件数のフォスターフリーランス

【登録はこちら】【フォスターフリーランス】


1都3県で案件を探すなら、一部上場企業のグループ会社であるフォスターフリーランス。
20年の実績とノウハウがありとにかく安心して仕事ができるのが特徴。
営業スタッフの質が高いことでも有名。

私

案件数5,000件以上(非公開案件を含む)。若手からベテランまで安心して仕事探しを任せることができる。オープン系とインフラ系に強みがある。最新技術の案件も取り扱い多数。トータル力が高く、まず間違いがないエージェント。