最近では時代遅れの代表的な言語のように言われてしまうこともあるCOBOL。
ただし「COBOLはなくならない」というのも事実です。

このページではCOBOL案件が将来も続く4つの理由をまとめました。
COBOLエンジニアで将来が不安な方や、これからCOBOLエンジニアになる若手のSEのかたの参考になれば幸いです。
では早速見ていきましょう。

転職パンダ転職パンダ

ちなみにCOBOLエンジニアのおススメのエージェントはある?


SES営業の田中さんSES営業の田中さん

うん。COBOLや業務系エンジニアは【Pe-BANK】
がおススメだよ。

COBOLがなくならない?エンジニアが知っておく基礎知識

どのような言語にも流行り廃りはあります。
現在は毎年のように新しい言語や最新の技術がリリースされているのは
皆さんもご存じの通りです。

COBOLは60年以上の歴史があります。
このような日進月歩の業界において60年前に開発された言語が「化石扱い」
されるのは致し方がない面もあります。

転職パンダ転職パンダ

ふむふむ。

しかしながらそんな中生き残っているというのはCOBOLがいかに優れた言語であることの証明ともいえます。
まずCOBOLがなくならない理由を何点か上げてみようと思います。

・現行の大規模システムが稼働しているため、保守案件が多い
・今後刷新案件が増えてくることが予想される
・言語自体は拡張され、オブジェクト指向にも対応している
・エンジニア数が減り、希少価値が高まってくる

では解説していきます。

SES営業の田中さんSES営業の田中さん

参考にしてみてね。

現行の大規模システムが稼働しているため、保守案件が多い

現在の日本では、金融系や流通系をはじめとし、莫大な数の基幹システムがCOBOLで開発されています。
単純にそういったシステムを保守するだけでも相当な数の案件が動いています。

また、当然ながら保守だけでなく
・新規開発
・機能追加
・改修
・障害対応

など付随する様々な作業が発生する訳です。

転職パンダ転職パンダ

確かに。

一度COBOLで作ったものを多言語に置きかえるには、大変なコストと労力がかかります。
よほど資金が潤沢にある企業でない限りそこまでの余裕はありません。
経営的に考えても多少のユーザビリティの低下には目をつぶって、
現行システムを保守したり追加改修して使い続けたほうがはるかにコスト的に効率的です。

ざっくりまとめてしまいますと、どこの企業もそんな予算はない、というのがポイントになってきます。
この辺りの環境を理解せずに「ただCOBOLが古いからなくなる」というのはちょっと考えが甘いわけです。
そんなこんなでCOBOLはまだまだ生き残るでしょう。

SES営業の田中さんSES営業の田中さん

実際に案件はたくさん動いているよね。

今後刷新案件が増えてくることが予想される

仮に予算を確保して他の言語に刷新するとして元のCOBOLを知らないとなかなかうまくいきません。
例えば、
・COBOL→Java
・COBOL→VB

でもなんでもいいのですが、
COBOLの知見が必要なのはいうまでもありません。

もちろん将来的には全体のCOBOL案件の何割かがJavaや多言語に置きかえになっている可能性はあります。
ただしそれも5年10年でようやく全体の2割とかいって3割くらいでしょう。

このあたりがまだまだCOBOLエンジニアが活躍できる理由といえるでしょう。

転職パンダ転職パンダ

こういう案件も今後さらに増えてくるだろうねえ。

言語自体は拡張され、オブジェクト指向にも対応している

COBOL自体拡張され、2000年代に入ってからはオブジェクト指向にも対応しています。
ですので、今の40代のCOBOLエンジニアは、いわゆる「コボラー」と揶揄されるように、
COBOLしか理解できない、という人は少ないです。

著者の知り合いでもCOBOL案件をやったりJava案件をやったりVBA案件をやったりしている
エンジニアもいます。

今後は色々な開発言語が混在しているような現場も増えてくることが想定されます。
いわゆる「言語」にとらわれるよりも「プログミング」という大枠の中で仕事をするようなSEが
重宝されるのではないでしょうか。

こういった環境や考え方というのもCOBOLが生き残っている要因の一つと言えるでしょう。

転職パンダ転職パンダ

なるほどねえ。

エンジニア数が減り、希少価値が高まってくる

その一方でCOBOLのエンジニア自体が減少している、という現実があります。
以前のSEですと、C言語やCOBOL言語から学び現場に入りキャリアを積む、という流れが一般的でした。
最近ですと若手のSEはPHPやJavaなどWEB系の言語をまず習得しますし、COBOLに触れる機会すらありません。

現在の40代50代のエンジニアは10年後20年後には皆引退していますし、
相対的にCOBOLエンジニアの数は減少してしまいます。

転職パンダ転職パンダ

言われてみればそうだ。

案件はたくさんあるにも関わらずエンジニアが減少すれば、当然ながら希少価値が高まるでしょう。
相場の世界で逆張りという言葉があります。
そこまで大げさでないにせよ、COBOLエンジニアというだけで今後アドバンテージになる可能性は十分にあります。

また、上段でもお伝えしたように、COBOLエンジニアの道を進むとJavaの開発ができないか、というと全くそんなことはありません。
プログラミングという大枠は同じなので興味がある言語はどんどんキャッチアップしていけばいいだけです。

SES営業の田中さんSES営業の田中さん

言語ごとにメリットデメリットはあるよね。

まとめ

COBOL案件がなくならない理由を5つのポイントにまとめてみました。
「古い」という見方でなく、色々な方面からCOBOLの将来や需要を考えてみると面白いのではないでしょうか。

若手のエンジニアも、現役バリバリのエンジニアもこれから活躍のチャンスはたくさんあるのは間違いありません。

COBOL案件に強いエージェントは?

COBOL案件にアサインしようと思ったら、「COBOL 案件」などネットで調べてみるといいでしょう。
情報はたくさん出てきますので、色々調査して自分にあったエージェントを探してみてください。
当サイトおススメのエージェントも紹介しておきますのでよかったら参考にしてみてください。

SES営業の田中さんSES営業の田中さん

気になったらまずは案件の紹介を受けてみよう。

業務系や汎用系強し!信頼と実績のPe-BANK

【登録はこちら】【Pe-BANK】

フリーエンジニア向けの案件数&実績抜群!
昔からあるエージェントなのでCOBOLの案件もバッチリカバーしてます。

COBOLエンジニア御用達のエージェントです。

SES営業の田中さんSES営業の田中さん

COBOLに強いエージェント。めちゃおススメです。