IT業界で働くエンジニアの皆さんこんにちは。
転職活動の面接ってどんな服装でいくか迷いませんか?

「面接官がTシャツなのにスーツだと雰囲気にあわないかな?」とか
「ネクタイはしたほうがいいかな?」
とか悩みだすと結構難しい問題ですよね。

このページでは面接時の服装に悩むSE向けに情報をまとめました。
これで明日から面接の服装には迷わないはず!
では早速見ていきましょう。

転職パンダ転職パンダ

参考にしてみてね。

面接時は何も言われなければスーツが基本

IT業界といえど、スーツ着用の企業は決して少なくありません。
また、普段はカジュアルな服装でも打ち合わせやオフィシャルな場では
スーツにネクタイを着用する、という企業は非常に多いです。

ということで何も言われなければスーツで面接に臨むのが常識です。

・IT企業だから
・ベンチャー企業だから
・私服勤務と書いてあったから

というような理由で私服でいくのは絶対にやめましょう。
(採用担当者が「面接の場だから」という理由でスーツで出社していたりする可能性もあります)

私

何も言われなければスーツにネクタイで行こう。

リクルートスーツは?

さて、スーツであれば何でもOKというわけではありません。
特に若手の場合就職活動の際に利用していたリクルートスーツを着用したがる傾向にありますが、
これはNGです。

理由は簡単です。
・リクルートスーツは新卒の就職活動のみに着る服である

というのが一般的な考え方としてあるためです。
個人的な意見は置いておいて、転職市場ではそれが常識なのでやはり従ったほうが無難でしょう。

転職パンダ転職パンダ

社会人の場合はちゃんとスーツを着たほうがいいよね。

また、リクルートスールはどうしても学生を連想させてしまいます。
中途の場合、「若手」「リフレッシュさ」よりは
自分の経験やスキルなど、社会人として積み重ねた能力をアピールしたいものです。

そういった意味からもリクルートスールは絶対にやめておきましょう。

金銭的な問題でスーツを購入するのが大変、という方もいるかもしれません。
ただし今ではスーツの大型チェーン店であれば1~2万円程度の予算でしっかりしたものが購入できます。
相手に不快感を与えないことが目的なのでそこまで高価でなくとも十分なのです。

私

安いスーツでも全然大丈夫だよ。

大丈夫?ビジネスバックも気をつけよう

エンジニアの面接において案外盲点なのがビジネスバックです。
結構無頓着な方もいますが、必ずスーツにあったシックな色と形を選ぶこと。

スーツスタイルの場合、リュックは控えたほうがいいでしょう。
(色形にこだわらず)
また、スポーツブランドのロゴが入ったバックやリュックは論外です。

お客さんとの打ち合わせにそのバックでいくんですか?と思っちゃいますし、常識を疑われてしまいますよね。

3000円~5000円くらいでそれなりのバックは入手できます。
面接官は結構細かいところまで見ているのでもし持っていないようであれば購入しましょう。

私

ビジネスシーンにあったバックを選ぼうね。

ちょっと細かいですが・・・バックの中ぐちゃぐちゃはNG

少し細かいですが、面接官や採用担当者はバックの中もみていたりします。
履歴書やノートを出したりしまったりする際にどうしても目にはいるんですよね。

その際に

・スマホ
・ペットボトル
・ノート
・お菓子
・ファイル

こういうものが散乱してないですか?

ちなみに新人の営業マンは入社後こういうところを厳しく教育されます。
クライアントに「だらしないな」と思われたらどんなにいい商談をしても説得力が低下しますよね?

とはいえもちろんこういった細かい点が気にならない面接官もいます。
ただしマイナスになる可能性があることは排除したほうがいいに決まってます。
面接前の1分でできる気遣いなので次回から気をつけてみてください。

私

面接うんぬんよりも社会人とての信頼感が大切だよね。

コートはシックな色であればOK

冬場のコートは黒やグレーのシックな色使いであれば全く問題ありません。
(というより普通のスーツのお店にはそういった色しか置いてないと思います)

NGなのは私服で着用するようなダウンジャケットや柄が入ったり色使いが派手な服装ですね。
そもそもそういった服装はスーツにあいません。

が、服装のセンスというのは人それぞれです。
他人に指摘されるまではそれがヤバいとは思わなかったりします。
とにかくシックな色の普通の形のコートを着用しましょう。
お値段は一万円程度しますが、ふさわしいコートをもってない場合は必ず購入するようにしましょう。

私

これは大丈夫な人が多いと思うけど念のため。

私服OKといわれたら?

上述したように、何も言われなければスーツで面談に臨みましょう。
それ以外の場合は、企業側から
「私服でお越しください」「クールビズで結構です」

などと指定があります。
その場合はそのまま指定された服装でいけばOKです。
とはいえ何点か気をつけたほうがいいポイントがありますので、まとめてみました。

参考にしてみてください。

私服のセンスは人それぞれですが・・・

私服であれば何でもいいか、といわれるとちょっと微妙です。
何故かというと私服のセンスは本当に人それぞれだからです。

極端な話、林家パー子さんのような服装で面接にきたらどうでしょうか?
本人にとってはベストな服装でも第三者にとってはそうでない場合というのもあります。

ということで一応最低限のポイントだけはおさせておきましょう。

Tシャツだけはありか?

Tシャツ一枚で面接にいくのは有りなのでしょうか?無しなのでしょうか?
もちろん「私服で来てください」というルールには何ら反してません。

基本的には真夏日やどうしようもない理由がない限りは避けたほうが無難です。
襟付きのシャツかTシャツのうえにカーディガンかジャケットを羽織るようにしましょう。

理由は以下です。

・Tシャツの肌みせを不快に感じる人もいる
・Tシャツのみで清潔感をだすのは難しい
・会社内は冷房が入っていたりして結構寒いこともある

などです。
そんな理由?と思うかもしれませんが、
結構大切です。

着る人の体形によってはTシャツのみって結構不快指数が高かったりします。
できる限りそういった無駄なリスクは避けましょう。
それにカーディガンなどをさらっと一枚羽織っているだけでも雰囲気は大分洗練されます。
ということで面接時のTシャツ一枚は基本なしと思いましょう。

私

Tシャツ一枚はやめておこう。

サンダルはありか?

サンダルも「私服で来てください」というルールには何ら反していません。
ただルール違反ではないですがマナー違反です(笑)

理由はこんな感じです。

・面接官とは初対面である
・採用を決める選考の場である
・他の候補者とのマナー面の比較

別にダメではないけど、わざわざ自分から不利になるようなことをする必要はないよね、
ということです。

私

サンダルはもっとダメ。

アクセサリーはどう?

男性の場合アクセサリー(ピアスなど)は基本NGです。
奇抜な服装を好むとか、ピアス推奨とか特殊な条件下でない限りアクセサリーは外しましょう。

女性の場合はピアスや控えめなアクセサリーであれば問題ないでしょう。
要はバランスとして「この服装でこのアクセサリー変じゃね?」
と思われなければOKです。
女性についてはそのあたりは問題ない人が多いと思います。

私

女性の控えめなアクセサリーはOK。

一番いいのはビジネスカジュアル?

何だかんだいって「私服で来てください」の時にはビズネスカジュアルが一番無難です。
本当に私服でいってマイナスになるパターンはめちゃくちゃありますが、プラスになることはありません。

ビジネスカジュアルの場合は、基本マイナスになるパターンはあまりありません。
(服装がしわくちゃとか以外であれば)
ですのでとりあえずビジネスカジュアルをおススメしておきます。

男性であれば
・チノパンやスラックス
・革靴
・シャツ
・ジャケット

女性であれば
・スカートやパンツ
・パンプス
・ブラウス
・ジャケット

でシックな色であればOKです。
よほどめちゃくちゃな配色にしない限り、一定の清潔感はキープできる服装ですので、こだわりがない限りはこれでOKです。

私

これが最強の服装です。

まとめ

エンジニアの面接時の服装について詳しく説明してみました。
やはり大事なのは清潔感です。

自分の着たい服よりも第三者にあたえる印象を重視して服装を選ぶような
意識をもつといいでしょう。