ITエンジニア面接の際によくある「何か質問がありますか?」という面接官による逆質問。
いざその場になるとなかなか出てこなかったりしませんか?

このページでは面接に使える逆質問の定番をまとめてみました。
エンジニアであればどんな面接にも使えるシンプルなものばかりなので、
是非あなたも自分なりにアレンジして明日から使ってみてください。

では早速見ていきましょう。

転職パンダ転職パンダ

参考にしてみてね。

逆質問は意欲と理解度を見ている!

そもそも採用側はどういった意図で逆質問の時間を設けるのでしょうか?
それは簡単です。
以下の内容をチェックしたいわけです。

・エンジニアの意欲を見ている
・エンジニアの理解度を見ている

どういうことでしょうか?
簡単に説明していきます。

転職パンダ転職パンダ

まずは面接官の思考を知ることが大事だよね。

エンジニアの意欲を見ている

シンプルに自社に入社する意欲が高いのか?という点ですね。
いくつも面接を受けていて「採用になった企業に入社しよう」
という「自社に入りたい」という意欲の低い候補者の場合は、質問が少ないです。

当たり前なのですが、あたなが「本当に入社したい」という強い気持ちがあり一生その企業で働きたいと思ったとしましょう。
入社後のことについて、

・会社の方針について
・給与について
・役職について
・福利厚生や手当について
・一緒に働くメンバーの人柄やスキルについて
・自分の入社後のキャリアについて

など知りたいと思うことは山ほどでてくるはずです。

転職パンダ転職パンダ

ふんふん。確かに。

逆にそういった質問がほとんど出てこない場合、
「あまり入社意欲が高くない候補者」というカテゴリー分けをされてもおかしくありません。

いくらスキルが高くても意欲的でない=離職リスクが高い
ため、採用担当者的には即NG判断をくだすという場合が多くなります。

「面談はそつなくこなして、質問にも答えられた」と思っているけど不合格になってしまうのは実はこのパターンなのです。

私

エンジニアは結構おとなしい方が多いからね。


転職パンダ転職パンダ

思い当たるかたも多いのでは?

エンジニアの理解度を見ている

もう一点。
逆質問は「面談時に説明した内容を候補者がきちんと理解しているか」というチェックの意味もあります。
質問がアダになる事もあるので、何でもかんでも疑問をぶつけるのがいいわけではありません。

悪い問いかけの例としてはいくつかあります。

・何が知りたいのか明確でない
・内容が薄い
・説明があったにも関わらずその内容をもう一度聞く
・説明された数字な内容を間違えて聞く

こんなところでしょうか。
とにかく採用担当者に「何が知りたいの?」とか「さっき説明したよね?」とか思わせてはダメです。

私

返事だけよくてまったく聞いてない人も中にはいるからね。

これをやると採用担当者的にはめちゃくちゃ減点対象になりますので注意しましょう。
このあたりは

・事前に質問する内容をきっちり固めておく
・相手のいったことはメモしその場で理解する(重複質問を防ぐ)

という2つの対策で防げますので意識してやってみてください。

転職パンダ転職パンダ

すぐにやってみよう!

使える!逆質問例(目的別)

では早速逆質問例を見ていきましょう。
同じような目的の質問を何度もするよりは様々な目的の質問をしたほうがベターです。
例えばずっと給与の質問ばかりしている候補者がいたら相手に与える印象は悪いですよね。

転職パンダ転職パンダ

確かに・・・。


ということで目的を変えて色々と質問してみましょう。
もちろんこれはフォーマットなので、企業のよってアレンジしたり独自の意見をプラスするとさらに
いいでしょう。

また、質問に対するアウト(返し方)も回答を聞いたあとの答え方例として付け加えてみました。
せっかく逆質問をしたけど「意欲が伝わらない」「話盛り上がらない」など逆に印象が悪くなっては何の意味もありません。

あくまでも逆質問は意欲をみせてプラスポイントを積み重ねるための時間です。
ということで自信がない人は回答を聞いた後の答え方例も参考にしてみてください。

・人間関係に関する逆質問
・労働環境に関する逆質問
・スキルアピールのための逆質問
・企業の将来性に関する逆質問
・全体的にアピールになる逆質問

こちらの5パータン用意しました。

私

参考にしてみてね。

人間関係に関する逆質問

まずは人間関係に関する逆質問からです。
面接の際にお話しする面接官は、現場のマネージャーや役職者あるいは人事担当者というケースが多いですよね。

実際にどういったメンバーと働くのか?とか雰囲気はどうか?というのは誰でも気になるところ。

一点注意しておくことがあります。
色々質問するのはいいのですが「人間関係が苦手?」「好き嫌い激しい?」というような疑問を持たせないことです。

特にエンジニアの場合チームプレーで長期間同じメンバーで仕事をする訳です。
他の社員と円滑にコミュニケーションがとれなかったり、トラブルを引き起こす可能性がある人材は
どんなにスキルがあっても不採用になります。
そういった懸念を持たせないよう気をつかいましょう。

転職パンダ転職パンダ

ふむふむ。逆質問例の例はこんな感じかな。

(逆質問例)
・もし採用をいただけた場合、配属される部署の年齢構成や男女比などはどのようになりますでしょうか?
・私は周りから真面目で几帳面な性格だといわれます。もし採用をいただけた場合、配属される部署はどのような雰囲気の方がおおいでしょうか?

この二つをアレンジで充分だと思います。
だいたい「平均40代で男女比率は50%くらいかな」「割とおとなしいメンバーだよ」とか環境を教えてくれれると思います。
以下のように返すといいでしょう。

(回答を聞いた後の答え方)
ありがとうございます。
私は前職の会社でも●●な環境(若手がいるとか、年配のかたが多いとか、女性が多いとかアレンジ)で働いておりました。
私はそういった方と上手くコミュニケーションをとれるのが強みだと思っておりますので、より力を発揮し御社に貢献できると思います。
宜しくお願いします。

私

答え方も準備しておくといいよね。

労働環境に関する逆質問

残業が多いのかな?土日出社はあるの?出張は?
など労働環境に関することは入社後「こんなはずじゃなかった・・・」となっても遅いですよね。
ということで誰もが事前に詳しく知りたいところ。

ただし「あまり残業できないの?」「我儘なエンジニア?」
と思われてしまわないように気をつけましょう。

もちろん入社後に後悔しないためにキッチリと確認しておく必要がある内容です。
ここでは質問の仕方が大事になっていきます。

転職パンダ転職パンダ

逆質問例の例はこんな感じかな。

(逆質問例)
・もし採用をいただいた場合、配属部署のメンバーの一日のおおよそのスケジュールを教えていただけますか?
・先ほどプロジェクトの状況次第で出張や土日出勤があるとお伺いしたのですが、過去一年はどれくらいのペースでしたでしょうか?
・納期に間に合わせるために皆で頑張って仕事をするのはこの業界で当然だと思います。
ちなみに御社では過去一年は平均でどれくらいの残業時間でしたでしょうか?

こんな感じでしょうか。
あくまでも「嫌だからでなくて、参考として知りたい」という事を全面に出すことが大切です。
よくよく聞いたらとんでもない環境だった、ということもありますがそれは後で断ればOKです(笑)
あくまでも面接はネガティブな態度は厳禁です。

転職パンダ転職パンダ

ふむふむ。

(回答を聞いた後の答え方)
結構忙しそう

ありがとうございます。
私は前職の会社でも非常に残業が多く大変な職場環境でした。
そんな中でもチームメンバーと力をあわせ、納期までに作業を完了させるという仕事の楽しさを知りました。
また、そんな中でスキル面だけでなく精神面も成長することができたと実感しております。
もし採用をいただきましたらその経験をいかし御社に貢献させていただけると思っております。
宜しくお願いします。

残業あまりなさそうor一般的な残業時間

ありがとうございます。
私は前職の会社は非常に残業が多く大変な職場環境でした。
私は問題なかったのですが、メンバーの中にはコンディションを崩してしまったりパフォーマンスを落としているケースも見受けられました。
御社では効率を重視し、残業の少ない職場環境を実現しているということで大変魅力に感じました。
もし採用をいただいた際には、より一段とモチベーションをあげ業務に取り組ませていただけると思いました。
宜しくお願いします。

私

事前にどういう風に返すか準備しておくといいよね。

スキルアピールのための逆質問

エンジニアである以上、当然「スキルがあるのかどうか」というのが
選考上大切な基準になってきます。

エンジニア面接の場合、ほぼ例外なくスキルに関する質問がくるでしょう。
ただしほとんどが「聞かれたことに対しての回答」なので「受け身の回答」になりがち。
ですので、逆質問を使ってスキルアピールをするといいでしょう。

面接官はたくさんのエンジニアを見ています。
面談後選考をする際に「あ、この人は●●が強いといっていた人だな」「なかなかいい感じのスキルだったな」
と思い返してもらえるとベターです。

転職パンダ転職パンダ

逆質問例の例はこんな感じかな。

(逆質問例)
・私の最も得意な言語はJavaとPHPです。最近興味を持って勉強しているのがScalaとGo言語です。
もし御社で採用していただいたとして、入社までに理解を深めておいたほうがいい言語などありますでしょうか?
・私は前職で主にフロント側の開発を行っていきました。
JavascirpitとTypescriptについては熟知しており、一通りのフレームワーク経験もございます。
御社でフロントエンジニアとして活躍するために必要な知識や素養などあれば教えていただけないでしょうか?

こんな感じですね。
エンジニアが担当者の場合、具体的な回答をくれるはずです。
そこでさらにアピールしましょう。

(回答を聞いた後の答え方)
ありがとうございます。
●●については最近ニュースになっていたり、周りのエンジニアからもよく聞いていたのでチェックしておりました。
入社までにさらに知識をつけておき、御社で活躍できるよう準備いたします。

私

これも企業サイトや求人媒体などで情報収集しておこう。

企業の将来性に関する逆質問

この企業でずっと働けるだろうか?というのはエンジニアにとって何よりも心配です。
特にベンチャーや歴史の浅い企業、資本金の少ない企業に転職する際にリスクを負うのはエンジニアです。

ということで将来性をチェックしましょう。
簡単に言うと
・企業の経営方針
・事業への取り組み方
・社員への考え方
・5年後10年後のビジョン
・経営陣の能力や人柄
・ビジネスモデルやキャッシュフロー

あたりです。
ただし、面接時に聞ける範囲は限られてます。

忘れていけないのはあくまでも将来性に関する質問は意欲をアピールするための場です。
あまりくどくなりすぎると逆効果ですのでお忘れなく。

転職パンダ転職パンダ

逆質問例の例はこんな感じかな。

(逆質問例)
・私の5年後のビジョンは今まで以上に●●の知識をつけ、周りから頼られるようなSEになることです。
そのために足りていない部分は▲▲と■■の経験なので御社に採用いただけたら必死で経験を積みたいと思っております。
御社の経営方針は★★だとお伺いしたいのですが、御社の5年後の具体的なビジョンがあれば教えていただけないでしょうか?

こんな感じで質問するとだいたいHPに書いてあるような内容を教えてくれるはずです。

(回答を聞いた後の答え方)
ありがとうございます。
●●様からより具体的なビジョンをお伺いできて嬉しく思います。
また、御社の目指す方向性と自身の方向性が一致していることを再確認でき、より御社への志望度が高まりました。
もし採用をいただけたら一生懸命努力しますので、よろしくお願いいたします。

私

テンションあがりました!という感じでいうのがミソだね。

転職パンダ転職パンダ

結構テクニシャンっすね!頑張ってみる。

全体的にアピールになる逆質問

面接によっては面接官が事細かに色々と教えてくれるケースがあります。
逆質問しようと思っても「さっき説明してくれたよな・・・」という感じで
特に質問することがない場合もあります。

そういった際に使える汎用的な質問をまとめてみました。

ざっくりいうと「全体的にやる気あります」という内容の逆質問ですね。

転職パンダ転職パンダ

逆質問例の例はこんな感じかな。

(逆質問例)
・もし御社に採用いただいた場合、入社するまでに学習したほうがいい内容や、読んでおいたほうがいい書籍などございますでしょうか?
もしくは●●様個人的に読んでおいたほうがいい書籍などあれば是非アドバイスをいただけないでしょうか。
・始業時間は9:00ということですが、会社が空いているのは何時からになりますでしょうか?
早めにきて作業をしたりプロジェクトについて学習な準備の時間にあてたいのですが可能でしょうか?
・御社のメンバーで流行っていることや、皆さんが参加されているイベントなどはありますでしょうか?
できれば積極的に社員の方と交流したいと思っていて、事前に参考にさせていただきたいと思い質問させていただきました。

こんな感じですね。
めっちゃごますりっぽく感じます?(笑)
こういった質問をするとこは実は大変重要です。
何故かというと、意欲だけでなく人間性や仕事の取り組み方も垣間見えるからです。

多少のスキル不足もこういう質問でカバーできたりするので騙されたと思って使ってみてください。

私

現時点のスキルだけでなく、意欲や人間性トータルで合否はきまるからね。

面接を突破し、転職で成功するために

いかがでしょうか?
エンジニア面接で使える逆質問についてまとめてみました。

面接でNGだった場合
・スキル
・コミュニケーション
・意欲

いずれかが原因の場合が多いです。

例えば
「面談は盛り上がったのに不合格」の場合はスキルアピール不足。
「そつなく答えれたのに不合格」の場合はコミュニケーションか意欲不足。

など敗因を分析し対策しましょう。

転職パンダ転職パンダ

なるほど。ただ悔しい~じゃダメなんだね。

逆質問はそういった自分の不足ポイントを補しアピールするうってつけの材料です。
まずはフォーマット通りでいいので、逆質問をスムーズにできるように準備しましょう。
ノートに記入しておくでも全然OKです。

また、エンジニアが情報収集と転職活動をする際には、転職サイトよりも転職エージェントを利用することをおススメしておきます。

理由は簡単です。

・転職エージェントの場合、非公開の案件や出回っていない優良企業の求人情報がたくさんある
・転職エージェントの場合、経歴書の指導やチェックもしてくれる
・転職エージェントは社員の声や生の情報、企業をよく知るエージェントから生きたアドバイスがもらえる
からです。

転職パンダ転職パンダ

特に若手はエージェントと相談しながら転職活動するのが無難だよね。


私

うん。エージェントだと面接練習もしてくれるよ。


転職パンダ転職パンダ

エンジニアの場合、若くて面接がうまくなれば無双できるよ。

ということで転職エージェントの情報はネットにたくさんありますので、自分にあった会社をみつけてみてください。
せっかくなので当サイトおススメのエージェントも紹介しておきますのでよかったら参考にしてみてください。

私


まずは登録して相談だね。自分にあったエージェントを見つけよう。

エンジニアの転職はレバテックキャリア一択!

↓優良企業への転職ならまずは相談したい!転職エージェント↓
【登録はこちら】【レバテックキャリア】

ITに特化した転職エージェントです。年収100万円~300万円アップの事例多数!
転職を考えるエンジニアは登録必須。

エンジニアの転職にめっぽう強い!Type転職エージェント

↓ITエンジニア転職の専門スタッフがおり、実績豊富です。まずは登録したい↓
【登録はこちら】
【type転職エージェント/公式】転職者の71%が年収アップに成功!

大手企業からベンチャー企業まで強いコネクションを持っています。
独占求人も保有しており、エンジニアであれば是非登録をしておくべき。

25万人の転職相談実績!WORKPORTなら未経験からでもOK

↓転職コンシュルジュになんでも相談できます↓
【登録はこちら】IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】

楽天やサイバーエージェントなどメガベンチャーを始め常時1万5000件もの求人を保有。
未経験や若手で転職を考えるエンジニアの強い味方です。

現役エンジニアがアドバイスにのってくれる!TechClipsエージェント

↓ITエンジニアの転職&高収入&高待遇に特化したエージェント↓
【登録はこちら】ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】

最大の特徴はIT業界を熟知している現役エンジニアが相談にのってくれること。
年収400万円から500万円程度で年収アップに悩んでいるかたにはピッタリです。

ITとWEBとゲーム業界に強い!Geekly

↓業界に特化しているエージェント。とにかくコンサルタントのレベルが高い↓
【登録はこちら】GEEKLYのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職支援サービス

エージェントの質がとにかく高く少数精鋭で運営している企業。
業界トップの満足度。質にこだわるエンジニアはまずは相談!