このページではフリーランスエンジニア向けに商流の説明をしていきます。
ご存じのように日本のIT業界は下請け構造で成り立っています。

特にフリーランスエンジニアの場合、商流が自分の報酬に直接関わっていきますので、知識を深めておくに越したことはありません。
フリーランスが得する情報をまとめましたので参考にしてみてください。
では早速見ていきましょう。

私

Java案件PHP案件制御案件C言語案件サーバー案件ネットワーク案件については別ページで詳しく紹介してます。


転職パンダ転職パンダ

ちなみに手っ取り早く高単価の案件につきたいんだけど。


私

・・・わがままだなあ。
レバテックフリーランス
が一番だろうね。
色々なエージェントをみてきたけどエンジニアへの還元率が段違いに高いよね。


転職パンダ転職パンダ

ありがとう。パンダでも入れる現場があるか聞いてみる。


私

・・・頑張ってみて。

フリーランスエンジニアと商流について

フリーランスエンジニアの場合、「商流」はあらゆる意味で大変重要です。
参画前であれば、

・案件の確度
・案件のスピード感
・面談回数

などを左右します。

また、入場後は

・単価

などに影響があります。

もちろん基本的には商流の上流に位置していたほうが有利なことは間違いありません。
簡単にこのあたりを説明していきます。

私

詳しく説明していきます。

案件の確度

フリーランスエンジニアにとって「案件の確度」は大変重要です。
何故ならこの業界は、面談を受けたものの

・予算の関係でぽしゃってしまう
・別の商流からの人で決まってしまう
・単価が全然合わずNGになってしまう
・先方の希望していたスキルと違うためNGになってしまう

など、エンジニア以外の原因で話が進まないケースが多いのです。
そういった事象は「クライアントとエージェントがきちんと話を詰め切れていない」ということから起きがち。

つまり商流が深いとこういった確度の低い案件をつかまされがちになってしまう、ということです。

逆に商流が浅いとどうでしょうか?
自社から何人も入っていたり、現場とリレーションを構築できているような案件であればこういったことはまず起きません。
案件紹介から面談まで非常にスムーズに進むことが多いのはこういったケースです。

私

きっと経験があるはず。

案件のスピード感

上段で説明した内容とも似ています。
商流が深い場合、案件にエントリーしたけど

・書類審査が通ったかわからない
・いつになったら回答がもらえるか不明

その後面談しても、

・結果に時間がかかる
・いつになったら回答がもらえるか不明

というようなケースがおります。

これはフリーランスにとっては非常にストレスですよね?
商流が深いとこのようにスピード感が非常に落ちます。

特に現場に入っているエンジニアの場合、極力営業に関わる時間は削減したいものです。
そういった意味からも商流が深いデメリットは大きいと言えます。

私

これはストレス。

面談回数

これも商流によって影響を受けます。
フリーランスエンジニアにとって面談が多いというのはデメリットだらけ。

特に、
・事前面談
・人物確認
・スキル確認後提案

などは時間を切り売りしているフリーランスにとっては無駄でしかありません。

しかも面談回数が多くなり確実に決まるのであればまだしも、
多くは一回目の面談から二回目まで時間がかかります。

商流が浅ければ一回が基本ですので、もしあなたが二回面談ばかり受けているようであれば
すぐにでもエージェントを変えるべきでしょう。

私

面談は極力一回にしたいよね。

単価

最も重要なのがここですよね。
商流に介入している企業が多いほどマージンが発生してますから、エンジニアへの還元は少なくなります。

極端な話全てエンドクライアントと直契約できるに越したことはありませんが、そうもいきません。
(個人では口座を開けない企業も多いですからね)
そこで活躍するのがフリーランスエージェントなのはご存じの通り。

どれだけフリーランスエージェントが商流の浅い案件をもっているかというのが我々エンジニアの成功の鍵を握っているといっても過言ではありません。
正社員の場合、年収を10%上げるのは難しいですよね?
ただしフリーランスの場合、エージェントと商流改善をすれば10%くらい単価が上がるのはそこまで難しくありません。
エージェント見直しは今日からでもできますし特にデメリットはありませんので、単価を重視するのであればすぐにで行動するべきです。

私

これが一番大事です。

商流浅めのエージェントを知ろう

いかがでしょうか?
フリーランスエンジニアと商流について簡単にまとめてみました。
本文でもご説明したように、フリーランスにとって商流はめちゃくちゃ重要です。

また、商流浅めの案件にアサインするためにはコツがあります。
自分のスキルに強みのあるエージェントか?ということです。
例えばですが、
・オープン系案件に強い
・業務系に強い
・インフラに強い
・上流案件に強い

などなど。

転職パンダ転職パンダ

エージェントによって強みが違うんだね。


強みのある領域であれば多数クライアントを保有していますので、必然的に商流が浅くなり単価も出やすくなります。
ですのでエージェント選びの際には「自分のスキルにあったエージェントを選ぶこと」を心がけましょう。
ネットで調べると色々なエージェントがあるので自分にあった企業を探してみてください。
当サイトでもスキルごとに商流浅めのおススメエージェントを紹介しておきますので、よかったら参考にしてみてください。
私

まずは登録して相談だね。自分にあったエージェントを見つけよう。

最強エージェント!レバテックフリーランス

【登録はこちら】レバテックフリーランス

ご存じレバテックフリーランス。直案件&高単価が魅力です。
オープン系開発からインフラ、スマホ案件まで全て揃ってます。
全てのフリーランスエンジニアは登録必須といっても過言ではありません。

 

業務系や汎用系強し!信頼と実績のPe-BANK

【登録はこちら】【Pe-BANK】

フリーエンジニア向けの案件数&実績抜群!
業務系エンジニア御用達のエージェントです。

 

 雇用保険&年金加入や契約社員OK!安定のmidworks

【登録はこちら】【midworks】

保険加入可能。高収入と安定性を実現する素晴らしいエージェント。
安定性を求めるかたにはぴったり。

ハイスキル案件多数!上流SEであればHigh-Performer

【登録はこちら】High-Performer

コンサルや上流レイヤー向け案件多数。
熟練エンジニアや高報酬を狙うあなたは登録必須です。

最新の案件多数!エンジニアの強い味方!ギークスジョブ

【登録はこちら】フリーエンジニア高額案件多数【ギークスジョブ】

気になるベンチャー、勉強している新しい言語・・・
業界でも最先端の案件や情報を取り扱ってます。
まさにギークのためのエージェントです。