このページではテストエンジニアは激務か?
という点について調べてみました。

IT業界ではデスマーチ (death march) という言葉があります。
「死の行進」などといわれプロジェクトが破綻し、どうあがいても納期に間に合わずエンジニアに過度な負担がかかる状態をいいます。

テストエンジニアは実際のところどうなのでしょうか?
簡単に説明していきます。

結論:現場によるが比較的残業が多い傾向はある

まずは結論から。
これは就職した会社や、フリーランスの場合であれば常駐先によるので一概にいえませんが。
比較的激務になりやすい傾向にあります。
理由は後述します。

とはいっても最初から炎上しているプロジェクト以外はそこまで警戒する必要はありません。
これはテストエンジニアだけでなくIT業界全般に言えることですが、
突発的な残業や急なリリースやトラブル対応に追われ一時的に稼働が高くなることはよくあります。
厳しい言い方ですが、「残業したくない」という理由であればITエンジニアはどの職種を選んでもうまくいきません。
そういう状況に陥った場合は諦めて心を無にして作業をしましょう(笑)

テストエンジニアに残業が多い理由とは?

テストエンジニアに残業が多いのは何故なのでしょうか?
簡単にまとめてみました。

・納期の関係で無理をさせられやすい
・そもそも残業前提のスケジュールである
・マンパワーが足りてない

このあたりが一般的でしょう。

もしあなたがフリーランス、もしくは正社員転職などの活動をしている場合、
「この会社はどうなのか」という点をチェックしてみるといいでしょう。
特に稼働状況はプロジェクト状況によって大きく左右されます。

「慢性的に忙しい現場かどうか」というのはテストエンジニアにとって非常に重要なポイントになると思いますので、必ず確認することが大切です。

テストエンジニアと残業事情

テストエンジニアの場合、特に現場によって「残業のある、なし」の違いが顕著です。
体力に自信がない、もしくはそもそも残業したくないタイプの方は必ず事前に稼働状況を確認していきましょう。

現場によっては終電当たり前、みたいな過酷な環境で働いていることもあります。
一方で定時退社が当たり前のようなホワイトな現場もありますので事前に調査しておくことが重要になっていきます。