このページではフリーランスエンジニア向けに「スキルセット」について説明していきます。

「スキルセット」という言葉はよく聞きますが、具体的に「スキルセットってそもそも何?」とか「自分には何が必要?」と言われると分からない方も多いと思います。
フリーランスエンジニア向けにわかりやすく解説していきますので参考にしてみてください。
では早速見ていきましょう。

転職パンダ転職パンダ

ちなみに手っ取り早く高単価の案件につきたいんだけど。


私

・・・わがままだなあ。
レバテックフリーランス
が一番だろうね。
色々なエージェントをみてきたけどエンジニアへの還元率が段違いに高いよね。


転職パンダ転職パンダ

ありがとう。パンダでも入れる現場があるか聞いてみる。


私

・・・頑張ってみて。

スキルセットを理解するためのポイント

フリーランスエンジニアであれば自分のスキルや需要が単価に直結します。
市場のニーズに取り残されないために自分の知識や経験を高めようというのは当然です。

そのためによく取りざたされるのがスキルセットです。
簡単にいうと特定の業務をこなすために必要もしくは望ましい技術や知識、くらいの意味ですね。

スキルセットついてもう少し掘り下げるためにいくつかポイントをまとめてみます。

・スキルセットはエンジニアの業務により違う
・スキルセットを満たしているかで単価が違う
・具体的なスキルセットは案件ごとに異なる
・スキルセットはエージェントに聞くのが早い

では説明していきます。

私

参考にしてみてください。

スキルセットはエンジニアの業務により違う

当然のことながらエンジニアのスキルセットは皆一緒ではありません。
例えば開発エンジニアでも

・Java
・PHP
・C
・Python
・RUby
・.net

など開発言語によって異なっていきます。

また、インフラでも

・サーバー
・ネットワーク
・DB

など担当領域によって異なってきます。

基礎的ですが、まずはこれを理解しておきましょう。

私

スキルセットはエンジニアのスキルによりバラバラ。

スキルセットを満たしているかで単価が違う

次にスキルセットを満たしているかで案件に参画する際の単価が異なってきます。
そもそもスキルセットを満たしていない場合ですと、書類審査で通過しないケースが多いです。

当然ながら「色々なスキルセットを求めてくる案件=ハードルが高い」訳ですから、単価も高くなる傾向があります。

ですのでエンジニア側としては、市場のニーズの高いスキルを理解し、その習得に時間を充てる、
とうのが最も効率よく単価を上げる方法といってもいいでしょう。

特に開発エンジニアの場合、新しい言語や最新の技術というのは続々と生まれてきます。
そういったもの全てを習得するのは難しいかもしれません。
ただし、早めにキャッチアップすることにより経験が浅くとも高報酬を獲得できたりとメリットは非常に大きいため、このあたりを理解しアンテナを張っておくことが非常に大切になってきます。

私

これは当然。

具体的なスキルセットは案件ごとに異なる

ではフリーランス市場ではどのようなスキルセットを求められるのでしょうか?
例えばJavaエンジニアであれば、

・Javaの開発経験●●年以上
・SpringFWの経験と知識
・●●の業務知識
・Javascriptの経験
・基本設計の経験●●年以上
・DIコンテナの理解
・Java8の理解

こんな感じですね。これは一例ですが。

こういったスキルセットは案件ごとに異なります。
当然ながら案件ごとに単価も異なります。

フリーランスエンジニアの場合、「これくらいの単価がほしい」といってもスキルセットが追い付いていない場合もあります。
逆に「そのスキルであればもっと単価もらえますよ」というケースもあります。

そういったエンジニアの希望単価とスキルセットのマッチングをし、マッチングしている案件を紹介してくれるのがフリーランスエージェントになります。

私

スキルセットは案件ごとに異なる。

スキルセットはエージェントに聞くのが早い

ですので、自分が「もっと単価を上げたい」「市場価値を高めたい」と思ったらフリーランスエージェントに聞くのが一番手っ取り早いです。
彼らは業界の最前線で誰よりも多く案件を取り扱っています。
それこそ数千社の取引があったりしますから業界の動向は誰よりも理解しています。
なので個人的に「この言語を勉強しれば単価あがるかな」という判断をする前にエージェントに相談してみるほうが間違いがありません。

実際に優秀なエンジニアやアンテナの高いエンジニアほど、「現在の案件状況どうですか?」とか「今伸びているのはどういう案件ですか?」など情報収集をしてきます。

技術を習得しレベルを上げるのは個人の時間を投入するしかありません。
ただし選択と集中の判断を業界のプロに仰ぐのは、フリーランスエンジニアにとってはごく当然と言えるかもしません(しかも無料)

ましてや若手のフリーランスエンジニアの場合、業界の分からない知識、というのも多いと思います。
それ以上に20代のうちの回り道は痛すぎますから、どんどんエージェントに質問することをおススメしておきます。

私

これが一番効率的。

当サイトおススメのエージェントは?

本文でもお伝えしたように、エンジニアの言語や業務によって必要なスキルセットは違ってきますし、
それが単価に直結します。

また、自分のスキルに強い案件をもつエージェントに案件の紹介を受けることが高単価を実現するには必須なので、そのあたりも気をつけるといいでしょう。

例えば「Java フリーランス案件」など自分のスキルの関連するキーワードで検索してみるのもいいでしょう。
ネットで検索するとたくさんでてきますので、自分にあったエージェントを探してください。
当サイトでもおススメのエージェントを紹介しておきますので、よかったら参考にしてみてください。

私

エージェント選びが実はめちゃくちゃ大事。

 

最強エージェント!レバテックフリーランス

【登録はこちら】レバテックフリーランス

ご存じレバテックフリーランス。直案件&高単価が魅力です。
オープン系開発からインフラ、スマホ案件まで全て揃ってます。
全てのフリーランスエンジニアは登録必須といっても過言ではありません。

 

業務系や汎用系強し!信頼と実績のPe-BANK

【登録はこちら】【Pe-BANK】

フリーエンジニア向けの案件数&実績抜群!
業務系エンジニア御用達のエージェントです。

 

 雇用保険&年金加入や契約社員OK!安定のmidworks

【登録はこちら】【midworks】

保険加入可能。高収入と安定性を実現する素晴らしいエージェント。
安定性を求めるかたにはぴったり。

ハイスキル案件多数!上流SEであればHigh-Performer

【登録はこちら】High-Performer

コンサルや上流レイヤー向け案件多数。
熟練エンジニアや高報酬を狙うあなたは登録必須です。

最新の案件多数!エンジニアの強い味方!ギークスジョブ

【登録はこちら】フリーエンジニア高額案件多数【ギークスジョブ】

気になるベンチャー、勉強している新しい言語・・・
業界でも最先端の案件や情報を取り扱ってます。
まさにギークのためのエージェントです。