このページではプログラマーで入社したのに「テストばかりやらされている」
という不満をもつ開発者のためはどのようにすべきか、ということをまとめてみました。

実はエンジニアの中にはこういった不満をもつかたは非常に多いです。
「ずっとこのままだったらどうしよう」「同期や同年代と差がついてしまう・・・」
という不安をもつのは当然ですよね?

そんな時にどういう行動をとるべきかアドバイスしていきます。
では早速見ていきましょう。

転職パンダ転職パンダ

ちなみにすぐ転職したい人はどうすればいいの?あと年収も上げたい。


私

・・・わがままだなあ。
レバテックキャリア
という転職エージェントがめちゃおススメ。年収アップの実績がマジすごい(100万円~300万円)あとは客先常駐SEからの転職も経験豊富でバッチリ対策してくれます。まずは相談してみよう。


転職パンダ転職パンダ

頑張る!

新人はみなテスターから?

新卒でSierや客先常駐などの派遣会社に入社した場合、キャリアのスタートはテスターからというのが常識です。
もちろん自社開発を行っている企業や、現場によっては開発者のサポートなどからスタートし、早い段階で開発に携わるケースもあたります。
ただし新人は当然プログラミングの知識が少ないわけですから、開発を任せれてバリバリできる人は少ないはずです。

ということで、IT業界の初めての現場はテスターで、というのが一般的になっています。

私

これは仕方ないよね。

テスターは簡単?スキルが身につかない?

テスト自体は開発工程の中で重要な役割を占めます。
昨今ではテスト自体を自動化したりして効率化することもあります。
また、スキルのあるエンジニアであれば高度なツールを作成し、プロジェクトのコストを大幅に下げることも可能です。
ですので、テスター=単純な「簡単な作業」という認識という認識は改めるべきでしょう。

とはいえ、それも現場によります。
残念ながら本当に単純なチェックや検証、モンキーテストを延々と繰り返すような現場も少ならずあります。
「ある程度の経験を積む」という観点であればそういった現場で働くことに意味もあります。
ただし開発スキルに直結しないような作業も多いため、どこかで次のステップに移る必要があります。

では一体どれくらいの期間テスターを経験しないといけないのでしょうか?

私

テストの場合特にスキルが身につかない、という現場も多い。

どれくらいの期間テスターをするのか?

テスターとしての期間は3か月、どんなに長くとも半年を目安に考えておきべきでしょう。
理由は簡単です。
それ以上の期間はテスターとしてのスキルや経験はあがるかもしれませんが、開発者のスキルは上がらないという事が問題です。

案件によってはそれこそ年単位でテストだけ行ってほしいという現場もあります。
会社の都合を優先すると、自分のエンジニアとしてのキャリアアップができずボロボロにされてしまう、というようなことは往々にしてありますので気をつけましょう。

著者の知り合いでも入社から3年もテスターをやらされたようなケースもあります。
「会社の契約だから」というような理由らしいですが、あんまりですよね。
さすがに3年はないかもしれませんが、同じようなケースは実はめちゃくちゃ多いです。

私

問題は会社都合で長期化する場合ですよね。

エンジニアの人生は新卒から5年が勝負ともいえる

エンジニアのキャリアを考えた時に、新卒から5年の30代前までが非常に重要な期間です。
ここで、「どのような経験をしたか」「どのようなスキルを身につけたか」
ということでエンジニアとしての価値を決めるといってもいいでしょう。

特に転職市場における30代は勝負どころ。
というのも開発者の場合、40代以降になると極端に転職が難しくなります。
もし転職を考えるのであれば、30代のうちに「いかにいい企業に転職するか」というのが生涯賃金を左右します。

客先常駐や特定派遣などのSEの場合、年収が低いのが特徴なので、
できるだけ早めに開発スキルを磨き、自分を売り込みたいところ。
そういう意味でもテスターを長々やっているのは時間の無駄というのは間違いありません。

私

自分のキャリアを優先するか、会社都合を優先するか。

開発ができない場合はどうする?

では、一定期間テスターをしても開発ができない場合はどうしたらいいでしょうか?
これは簡単です。
転職活動をしましょう。

・自社開発
・SES企業

勤務形態などに関わらず、経験が浅くても開発をさせてもらえる会社は実はたくさんあります。
特に現在は開発者は売り手市場です。
企業からすすと優秀なエンジニアは特に青田刈りして確保したいものです。
また、転職エージェントなどを利用すれば年収アップも比較的容易なので、そのあたりも交渉してもらうといいでしょう。

私

プロであるエージェントに相談すると話が早い。

まとめ

プログラマーで入社したのにテストばかりやらされている、というエンジニアのために
情報をまとめてみました。

本文でも触れたように、エンジニアの場合新卒で入社し5年目まででいかに開発スキルを上げ経験を積むかが勝負といえます。
入社後短期間であればテストを習得するために時間を使うのは仕方がありません。
ただし会社都合なのであまりに長期化するようであれば転職活動を始めるべきです。

残念ながら一日8時間を開発に使うエンジニアとテストに使うエンジニア、一年たつととんでもない差が開いてしまいます。
同年代に差をつけられ、市場価値が下がってしまうのが何よりのリスクととらえるべきでしょう。

ちなみに、転職し年収アップには転職エージェントの存在が必要不可欠です。
エージェントは企業ごとに特徴がありますので、ネットで色々と調べてみましょう。
当サイトおススメのエージェントも以下にまとめておきますのでよかったら参考にしてみてください。

私

まずは登録して相談。自分にあったエージェントを見つけよう。

客先常駐からの脱出はレバテックキャリア一択!

↓自社開発&優良企業への転職ならまずは相談したい!転職エージェント↓
【登録はこちら】【レバテックキャリア】

ITに特化した転職エージェントです。年収100万円~300万円アップの事例多数!
転職を考えるエンジニアは登録必須。

私

年収アップなら鉄板のエージェント。とにかくおススメ。

エンジニアの転職にめっぽう強い!Type転職エージェント

↓ITエンジニア転職の専門スタッフがおり、実績豊富です。まずは登録したい↓
【登録はこちら】
【type転職エージェント/公式】転職者の71%が年収アップに成功!

大手企業からベンチャー企業まで強いコネクションを持っています。
独占求人も保有しており、エンジニアであれば是非登録をしておくべき。

私

ベンチャーから大手まで幅広い求人を保有している。

25万人の転職相談実績!WORKPORTなら未経験からでもOK

↓転職コンシュルジュになんでも相談できます↓
【登録はこちら】IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】

楽天やサイバーエージェントなどメガベンチャーを始め常時1万5000件もの求人を保有。
未経験や若手で転職を考えるエンジニアの強い味方です。

私

新卒や若手に強い転職エージェント。抜群の実績をもっている。

現役エンジニアがアドバイスにのってくれる!TechClipsエージェント

↓ITエンジニアの転職&高収入&高待遇に特化したエージェント↓
【登録はこちら】ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】

最大の特徴はIT業界を熟知している現役エンジニアが相談にのってくれること。
年収400万円から500万円程度で年収アップに悩んでいるかたにはピッタリです。

私

エージェントのレベルが高いのが特徴。

ITとWEBとゲーム業界に強い!Geekly

↓業界に特化しているエージェント。とにかくコンサルタントのレベルが高い↓
【登録はこちら】GEEKLYのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職支援サービス

エージェントの質がとにかく高く少数精鋭で運営している企業。
業界トップの満足度。質にこだわるエンジニアはまずは相談!

私

経験者におススメ。年収700~1000万円レンジの求人がめちゃ多い。