このページでは「上流工程やりたくない」というSEについて解説していきます。
著者は現役のフリーランスエージェントです。

「上流工程やりたくない」という開発者は実はめちゃくちゃ多くて、多くがフリーランスに転身しているのをご存じでしたか?
その背景などを説明していこうと思います。
では早速見ていきましょう。

転職パンダ転職パンダ

ちなみにおススメのエージェントってあるの?


私


レバテックフリーランス
がおススメ。他のエージェントに比べ単価も高い。


SES営業の田中さんSES営業の田中さん

業務系エンジニアの場合は【Pe-BANK】
もおススメ。

日本のエンジニア事情について

現在のソフトウェア開発業界では、経験を積むと下流工程から上流工程に作業シフトしていくのが
一般的と言われています。特に新卒からの就職先で多い大手Sierや大手企業などですとその傾向が顕著です。
数年経験を積むと、自分でプログラミングをする機会はぐっと減ってきます。

要件定義などや進捗管理やベンダーコントロール、マネージメントといった上流工程を担当し、
製造工程やメイキングの部分は外注やオフショアに任せるようなケースが大変多いです。

私

いわゆるSierの下請け構造ってやつですな。

上流工程と下流工程の志向の違い

そういった環境が背景になり、プログラミングを行いたくてIT業界に入ったにも関わらず全く開発に携われない、というエンジニアが実はめちゃくちゃ多いんですね。

ただし、
・新卒で入った会社を辞めるのはもったいない
・そこそこの規模の会社なので辞める踏ん切りがつかない
・仕事がめちゃくちゃ嫌、というワケでもない
・これから給与があがる事を考えると転職するか迷う

などの理由で不満を抱えたまま作業をしている人が一定数いるんですね。

でも「上流工程をやりたくない」というのは特段変わったことではありません。
何故かというと上流工程と下流工程というのははっきりと必要な能力やスキルや志向が異なってくるからです。

上流工程は、
・コミュニケーション能力
・ソフトウェア開発全般の知識
・ユーザー志向やサービス全体のビジネス志向
・色々なステークホルダーをまとめる能力
・プロジェクト全体を推進するような能力

などなんというか、どちらからというビジネスマン全般としてのオールラウンダーな能力が求めれれます。

それに対して開発工程はシンプルに
・開発能力

のみを追求していけばいいわけです。

私

ぜんっぜん違う。野球でいうと1番打者と4番打者くらい役割が違う。


転職パンダ転職パンダ

その例え、余計わからん。

実は上流工程やりたくない人は多い?

これって単純に役割の違いです。
どちらが偉いとかいうことは全くありません。

先に紹介したように日本のIT業界の場合、Sierや下請け構造の影響をうけ、このように
「本当はプログラミングしたいけどできない」という人を大量に生んでしまっているという現状があります。
また、上流工程を担当するのが経験値の多い人になっているため、「上流工程=高賃金」「下級工程=そうでもない」みたいな序列ができてしまっているのもまた現実。

非常に残念ながらこのような土壌ではプログラミングのスペシャリストが生まれることはまずないといっていいでしょう。

私

プログラミングは楽しい。

プログラミングしたい人とフリーランスの相性のよさ

実は著者の知り合いではこのように、「上流工程をしたくない」「開発をバリバリやりたい」という理由でフリーランスエンジニアになった方が結構います。
多くの場合、上述したように作業工程に対する不満が理由なのですがもう一点大きな理由があります。

「Sierで経験を積んでも年収がたかがしれている」という点です。
もちろんすべての会社員がそうとはいいません。
ただし自分のしたい仕事ができずに年収500万円程度であればフリーランスになって年収1000万円稼ぐほうがほとんどの人にとって魅力のはずです。

また、フリーランス案件の場合、案件ごとに「作業工程」が明確にされています。
契約や単価面の兼ね合いもあり、開発要員で入ったのにいつのまにかマナージメントをやらさせていた、というようなことは起きません(笑)
そういった意味でも「上流工程をしたくない人」とフリーランスエンジニアの相性はめちゃくちゃいいのではないでしょうか。

私

嫌な人間関係がないのも◎。

フリーランスで上流工程でなく開発をするには?

開発スキルをあげ、バリバリと開発したい方は、まずフリーランスエージェントに相談してみましょう。
いくらあなたが開発をしたいといっても希望年収に到達しなかったりスキル的に案件がなかったら意味がありませんよね。
エージェントにいくと

・実際の案件数
・単価感
・営業活動にあたりアドバイス

などあなたにあった情報をあたえてくれます。
フリーランス営業は膨大な数のエンジニアを見てきていますから、ほとんどの場合かなり的確なアドバイスをしてくれるはずです。

サイトから登録→相談(打ち合わせ)→案件紹介というフローが一般的です。
エージェントはネットで検索すればたくさんでてきますし、当サイトのおススメのエージェントも紹介しておきますので参考にしてみてください。

私

個人的には
レバテックフリーランス
がおススメ。他のエージェントに比べ単価も高い。

当サイトおススメのエージェントはこちら!バリバリ開発できるよ

さて、当サイトのおススメのエージェントを紹介しておきます。
一概にエージェントといっても企業ごとに強みが特徴がありますので、自分にあったエージェントを探してみましょう。

私

まずは登録!どんどん案件の紹介をもらおう。

最強エージェント!レバテックフリーランス

【登録はこちら】レバテックフリーランス

ご存じレバテックフリーランス。直案件&高単価が魅力です。
オープン系開発からインフラ、スマホ案件まで全て揃ってます。
全てのフリーランスエンジニアは登録必須といっても過言ではありません。

 

業務系や汎用系強し!信頼と実績のPe-BANK

【登録はこちら】【Pe-BANK】

フリーエンジニア向けの案件数&実績抜群!
業務系エンジニア御用達のエージェントです。

 

 

 雇用保険&年金加入や契約社員OK!安定のmidworks

【登録はこちら】【midworks】

保険加入可能。高収入と安定性を実現する素晴らしいエージェント。
安定性を求めるかたにはぴったり。

ハイスキル案件多数!上流SEであればHigh-Performer

【登録はこちら】High-Performer

コンサルや上流レイヤー向け案件多数。
熟練エンジニアや高報酬を狙うあなたは登録必須です。

最新の案件多数!エンジニアの強い味方!ギークスジョブ

【登録はこちら】フリーエンジニア高額案件多数【ギークスジョブ】

気になるベンチャー、勉強している新しい言語・・・
業界でも最先端の案件や情報を取り扱ってます。
まさにギークのためのエージェントです。