このページではフリーランスエンジニアになるために必要な経験年数を解説していきます。
「未経験でもフリーランスになれる?」「実際になった人はいるの?」「若くて独立して仕事はあるの?」というのは誰もが気になるところ。

現役のフリーランスエージェントがどこよりも詳しく説明していきます。
では早速見ていきましょう。

転職パンダ転職パンダ

ちなみにおススメのエージェントってあるの?


私


レバテックフリーランス
がおススメ。他のエージェントに比べ単価も高い。


SES営業の田中さんSES営業の田中さん

業務系エンジニアの場合は【Pe-BANK】
もおススメ。

実務経験未経験でも案件はある?

さて早速ですが「全くの未経験」でフリーランスエンジニアとして稼働することはできるのでしょうか?
結論からいうと厳しいです。
ただし新卒の全く未経験でも何か月か案件探しをすれば現場がみつかるように、案件は全くのゼロというわけではありません。

しかしながら運よくすぐに現場参画することができればいいのですが、そういったケースばかりではありません。
場合によっては現場が決まるまでに数か月かかる事も少なくありません。

ですので資金面や生活面を考慮すると専業で常駐案件エンジニアとして独立するのはあまり現実的な選択ではないかもしれません。
ただしアルバイトなり何かしらの開発作業をこなしながら現場を探す、という方法であれば全然アリです。

私

全く未経験の場合、案件はないわけではないが少ない。

どれくらいからであれば現実的に案件があるの?

ではどれくらいの経験があればフリーランス案件はあるのでしょうか?
エージェントの感覚的にはWEB系で最低半年、できれば一年程度の開発経験は欲しいところ。
逆にそれくらいの経験を積めばあ案件自体はありますし、そこまで苦戦せずに現場を見つけることができると思います。

昨今はエンジニアは売り手市場で若手エンジニアは経験値が浅くとも高単価がでる傾向にあります。
一度軌道にとればキャッシュ面も安定しますので最初のとっかかりのところをどうクリアするか、
というのが一番の大きな壁ともいえるでしょう。

私

半年程度何らかの開発経験があればいける。

未経験エンジニアはどのように経験を積むべき?

では未経験エンジニアはどのように経験を積むのがいいのでしょうか。
もちろん自己学習などを行うのは当然ですが、それだけではなかなか経験があるとは採用担当者に判断されません。

フリーランスエンジニアの場合、企業の面談担当者は経歴書(スキルシート)をみて面談可否を判断しています。
裏を返せば、経歴書にきちんとかけるような業務経験を積むことができれば面談まで進むことができるわけです。
そのためにはどうしたらいいのでしょうか?
以下のような方法があります。
・アルバイト
・知人の手伝い
・自分で開発を行う

簡単に説明していきましょう。

私

とにかく経歴書にかける作業をしよう。

アルバイト

全く未経験の場合でもアルバイトであればかなり仕事はたくさんあります。
「フリーランス」でアルバイト?と思うかもしれませんが(笑)
侮ってはいけません。

アルバイトでも立派な開発業務ですし、学ぶことはたくさんあります。
それだけではなく本来の目的である「業務経験を積み、経歴書に書く」という部分もクリアしてくれます。

賃金が安いのがネックですがフリーランスになって稼げばすぐに回収できます。
半年なり一年みっちりアルバイトをしてもいいですし、アルバイトをしつつ常駐案件を探すという二刀流もありです。
いずれにせよアルバイトをするメリットは非常に大きいです。

私

めちゃおススメ。

知人の手伝い

知人のWEBサイトを作成してあげる、とかでもいいと思います。
あくまでも目的は「業務経験を積み、経歴書に書く」ということですので、
経歴書にWEB系の言語のPHPやJavascirptなどをじゃんじゃん記載しましょう。

業務経歴とカウントされるかは微妙なところでありますが、
何もないよりはよほどいいですし、十分なアピール材料にはなります。

自分で開発を行う

これも上の項目と同じですね。
自分で作業を選べるため、自分の進みたい方向性の開発言語で作業を進めるといいでしょう。

ある程度自信のある制作物ができたら面談の際のPRする材料にもなるますので
是非納得のいくレベルまで仕上げてみましょう。

若手でフリーランスエンジニアになりたい方は?

若手で常駐のフリーランスになりたい方は、まずフリーランスエージェントに相談してみましょう。

・実際の案件数
・単価感
・営業活動にあたりアドバイス

などあなたにあった情報をあたえてくれます。
フリーランス営業は膨大な数のエンジニアを見てきていますから、ほとんどの場合かなり的確な回答をしてくれるはずです。

サイトから登録→相談(打ち合わせ)→案件紹介というフローが一般的です。
エージェントはネットで検索すればたくさんでてきますし、当サイトのおススメのエージェントも紹介しておきますので参考にしてみてください。

私

個人的には
レバテックフリーランス
がおススメ。他のエージェントに比べ単価も高い。

当サイトおススメのエージェントはこちら!

当ページでも説明したようにフリーランスエンジニアになるためにはまずエージェントに相談するのが手っ取り早いです。
一概にエージェントといっても企業ごとに強みが特徴がありますので、自分にあったエージェントを探してみましょう。

私

まずは登録!どんどん案件の紹介をもらおう。

最強エージェント!レバテックフリーランス

【登録はこちら】レバテックフリーランス

ご存じレバテックフリーランス。直案件&高単価が魅力です。
オープン系開発からインフラ、スマホ案件まで全て揃ってます。
全てのフリーランスエンジニアは登録必須といっても過言ではありません。

 

業務系や汎用系強し!信頼と実績のPe-BANK

【登録はこちら】【Pe-BANK】

フリーエンジニア向けの案件数&実績抜群!
業務系エンジニア御用達のエージェントです。

 

 

 雇用保険&年金加入や契約社員OK!安定のmidworks

【登録はこちら】【midworks】

保険加入可能。高収入と安定性を実現する素晴らしいエージェント。
安定性を求めるかたにはぴったり。

ハイスキル案件多数!上流SEであればHigh-Performer

【登録はこちら】High-Performer

コンサルや上流レイヤー向け案件多数。
熟練エンジニアや高報酬を狙うあなたは登録必須です。

最新の案件多数!エンジニアの強い味方!ギークスジョブ

【登録はこちら】フリーエンジニア高額案件多数【ギークスジョブ】

気になるベンチャー、勉強している新しい言語・・・
業界でも最先端の案件や情報を取り扱ってます。
まさにギークのためのエージェントです。