このページではネットワークエンジニアの単価と相場について調査しました。
世の中のインフラ基盤を支える重要な役割を果たすインフラSE。

あなたは相場通りの単価をもらってますか?
フリーランス専門の営業(SES営業)の経験が豊富な著者が最新情報をお届けしますので、参考になれば幸いです。
では早速見ていきましょう!

ネットワークエンジニアのニーズについて

ネットワークエンジニアの単価の説明の前に簡単に現在のニーズについて述べておきます。
IT業界全体に言えることですが、ネットワークエンジニア業界も例外でなく、相変わらず慢性的な人で不足に悩んでいるようです。
現場からの需要は高いが残念ながら人材がいない、という状況が続いております。

ちなみに昨今のクラウド化などの影響によって、インフラエンジニアが以前に比べ需要が下がっているとか、ポディションが減っているというような意見もあるようです。個人的にはそういった体感は全くありません。
というのも実際私もSES営業をしていたりするのですが、毎日のようにネットワークエンジニアの募集メールがきていますし、知り合いから人材いない?という連絡が連日きたりしているからです(笑)

少なくともネットワークエンジニアについて言及すれば、発注先は公共機関や大手の金融機関など非常に安定した企業が多くを締めます。
また、現行で動いている大規模システムの刷新やリプレース案件というのは常に発生します。現実に現在の案件も10年や20年も前に作ったインフラ基盤の刷新や統合、移行プロジェクトだったりするわけですよね。
そんな事も加味し今後のことを予想すると将来にも多岐に渡り作業がある、と考えて間違いないのではないでしょうか。

 

ネットワークエンジニアの資格について

よく聞かれるのが「資格を取得したほうが案件探しや単価面でメリットがあるのか?」という質問です。
ネットワークエンジニアの資格というと皆さんご存じのCisco社のCCENT、CCNA、CCNP、CCIEあたりですね。


このあたりの資格を取得することにリターンが見合うか、というのは誰しも気になる点ではないでしょうか。
(参考:Cisco社のWebサイト)
https://www.cisco.com/c/ja_jp/training-events/training-certifications/certifications.html

結論からいうと、ほぼ関係ありません。
フリーランス案件の場合、採用担当者が見ているのは9割方キャリアのみです。
実際私も採用側として開発現場で受け入れをしていましたが、経歴書に資格取得欄があれば「勉強したんだね」というくらいの感想です。
おそらく大半の採用者は同じような感覚を所有しているのではないでしょうか。
現場の人間としてはそんなことよりも参画後本当に戦力になりパフォーマンスを発揮するか、という点のほうがずっと大事なことなのです。

ちょっと言い方は悪いですが、資格って誰でもとれますよね。
今回該当するのは少なくとも合格率一桁のような難関試験でなく、最低限の知識の確認レベルの試験内容です。
ですのでぶっちゃけて言えば取得しているからといって「優秀だ!」とか「是非面談したい!」となることはまずありません。

ということで、資格取得の時間があれば色々な現場で経験を積んだほうがずっと合理的な時間の使い方だよね、というのが結論です。
もちろん新人や未経験に近いようなエンジニアの場合、基礎知識習得のために勉強したほうがいいとは思いますのでそこはお間違いなく。

 

 

ネットワークエンジニアが単価をあげるために重要なポイントについて

ネットワークエンジニアとしては高単価を獲得するにも大切なポイントはどういった点になるのでしょうか?
いくつかまとめてみました。

上流から一人称で対応できる

これはネットワークエンジニアだけでなく、サーバーエンジニアや開発者全般に言えることかもしれませんが。
開発エンジニアの場合、下流工程(製造工程やテスト)などある程度明確な役割分担がなされています。

それに対しネットワークエンジニアの場合、運用作業以外の明確な切り分けが少ないケースが多いです。(説明下手ですみません)
つまり外部から助っ人でくる以上、極力すべての作業をお願いしたい、というのが現場の本音です。
そしてそういったエンジニアには高単価を払っているのが現実です。

ですので、単価を上げるためには上流工程や、自分のできない作業や苦手作業を地道に減らしていくというのが最も近道といえるでしょう。

コミュニケーションを重視する

何をいまさら、といわずに。本当に大切なことです。
単価の安いエンジニアやクレームのくるエンジニアというのはすべからくコミュニケーション力が低いです(笑)

コミュニケーションとは他人の発言を理解し、自分の考える力です。
とてもシンプルですが、これがきちんとできてさえいれば大きな問題は発生しませんし、一定のスキルがあれば信頼し色々と作業を任せてもらえることが多いです。

その結果現場でも中心的な人物となりますし、その場合単価アップの交渉がすんなり通ることも多いです。
コミュニケーションを重視する、という当たり前のことの積み重ねが単価アップにつかがることは間違いありません。

 

 

ネットワークエンジニア単価の相場について

では本題です。
ネットワークエンジニアの単価を工程、経験別に分類してみました。
もちろん案件の予算などにより単価は異なりますし、あくまでも参考程度にご覧ください。

ただし、いつも付き合いのある営業からの紹介が明らかに相場を下回っている、という場合には
別のエージェントからの案件の紹介を検討してみるのもいいでしょう。

 

運用・監視/35~45万円

運用・監視案件の場合は35~45万円程度が相場です。

ネットワークエンジニアの中でも単価が安いのが運用や監視のエンジニアです。
主に若手や業界経験の浅いエンジニアが参画するケースが多い案件です。
また、24時間365Hなどでのシフト勤務が多いのも特徴の一つです。
期間的にはよほどの事がない限り長期で継続するケースが多いです。

インフラロースキルエンジニアの場合、ここをステップアップとして上のレイヤーの作業に
移るのが一般的です。
40代以降の運用SEですと、経歴書で弾かれ、面談まで進めないケースが多いので認識しておきましょう。

 

構築工程/45万円~55万円

構築案件の場合は45~55万円程度が相場です。

構築のみ、の案件の場合単価が抑えられ気味です。
キャリア的には2年~3,5年生くらいの単価です。
設計工程は終わっていて、あとはマンパワーで何とかするような状況になっていることが多いため、
作業期間としては3か月~半年で終わってしまうケースが多いです。

もちろんハイスキルを要求されたり、特定のスキルセットが要求されるような現場であれば
もう少し単価がでる場合もあります。

 

基本設計、詳細設計以降の工程/55万円~75万円

基本設計、詳細設計以降を担当する場合は55万円~75万円程度が相場です。
いわゆるSEクラスで、5年から10年以上の業界経験をもつエンジニアを想定している金額となります。

もっともニーズのあるボリュームゾーンです。
単価の幅が広いのは案件数も多く、求められるスキルもまちまちなためです。
また、商流やプロジェクト予算によっても大きく報酬が異なるため、できるだけいい案件を持っているエージェントと付き合うことがより大切になってきます。
作業期間としては半年~中長期にわたることが多いようです。

このクラスの案件の注意点を一つ。
一人称で作業ができるエンジニアの場合ですと、他のエンジニアのタスク巻き取りまで任せれ、地獄をみるケースが多々あります
(私も経験済です。きっと経験のある人も多いと思いますが・・・)
ですので気になる人は作業範囲、作業量、納期、チーム体制など面談時にヒアリングし、自分がどういう役割でアサインされるか
確認しておくべきでしょう。

 

PM、PL/75万円~85万円

PM、PLとして参画する場合は75万円~85万円程度が相場です。
PM、PL案件の場合、当然ながらSEクラスの案件よりもポディションが少ないため、
案件の数としては少ないです。
期間としては比較的長期案件になるケースが多いです。

PM、PL案件の場合、エージェントよりもコンサル会社のほうが強い場合もあります。
単価がべらぼうにでる代わりに必須スキルの希望が多く、ハードル高めの案件が多いですが、自信がある方はコンサル会社でSESを行ってそうなところを調べ連絡してみるのもいいと思います。

SEクラスの案件に比べ動きが遅かったりするのでよほど理由がない限り複数のエージェントに登録を行ったほうが
効率的にプロジェクトにアサインできるでしょう。

まとめ

ネットワークエンジニアの単価と相場についてまとめてみました。
あなたは現在の報酬に満足ですか?
もし「もっと稼げるはず・・・」と思うあなたは別のエージェントから紹介してもらい比較してみましょう!

ネットワーク案件に強いフリーランスエージェントはここだ!

皆さんエージェント選びはばっちりですか?
フリーランスエージェントを選ぶ際には漫然と選ぶのではなく、自分の得意言語の案件が豊富な企業を選びましょう。
そうでないと商流の深い案件や単価の安い案件の紹介を受けたり、そもそもなかなか案件の紹介がなかったりとエンジニアにとっては大変なデメリットを被ることになるからです。
エージェント選びは自分のスキルを得意分野とする企業と付き合うことが大前提です。

ネットワーク案件強し!高単価を狙うならレバテックフリーランス!

↓高単価で商流浅め。ネットワーク案件のド定番エージェント↓
【登録はこちら】レバテックフリーランス

ご存じレバテックフリーランス。直案件&高単価が魅力です。
フリーランスエンジニアは登録必須。

ネットワーク上流案件多し!PM.PM案件ならHigh-Performer

↓ネットワーク上流&PMやPLの高単価案件なら↓
【登録はこちら】High-Performer

コンサル、PMやPLなどの案件が豊富。
上流レイヤーの案件やハイスペックSEは登録必須です。