このページではAndroidエンジニアが転職する際に気をつけるポイントを書いてみました。
現在IT業界において市場ニーズに非常に高いAndorid開発。
せっかく転職するのであればきちんと自分の転職理由を明確にし、目標が達成できるような企業に移りたいですよね。
ということで転職理由とそれについての考え方などを色々と書いてみました。

理由①年収が低い

Andoridエンジニアで年収が安い、という場合は大きな問題です。
何故かというとAndrodiは現在IT業界において最も需要の高い言語の一つです。
にも関らず年収が低い、ということは何かしらの大きな原因があるはずです。
もちろんあなた自身に問題がある場合は別として、ほかの理由が原因の場合は転職を考える必要があるかもしれません。

 

会社全体の年収が低い

そもそも企業の年収ベースが低い、というケースですね。
この場合はその理由と原因、将来性などを考慮し検討してみるといいでしょう。

スタートアップのベンチャーで今は給与が安いが、将来は役職者になったり稼げる可能性があるなど。
また、ある程度会社の歴史がある場合は先輩の年収などを知ることで自分の将来もリアルに描けるでしょう。

そのうえで自分がこうなりたい、こうなりたくないなどの判断をし次のステップに移るのがベターではないでしょうか。

自分の経験が浅い

いくらAndroidエンジニアの需要が高いとはいえ、IT業界での開発経験2年Andorid開発経験1年くらいのキャリアでめちゃくちゃ高収入になれるか、というとそんなことはありませんよね(笑)
自分の経験や知識が明らかに足りない場合はまずは市場の水準や先輩に追いつくこと。
こういった努力をするほうが先ではないでしょうか。
その上で年収の話をするなり、転職を検討するなりといった行動に移ったほうがスムーズにいくと思います。
スキルはないが金はくれ、では誰も相手にしてくれないのは明らかですよね。

客先常駐である

客先常駐の場合、クライアントからの支払い報酬が高くとも、企業が大幅に搾取している可能性もあります。
Andorid案件の場合市場ニーズは高いため、クライアントからはそこそこの報酬が所属会社支払われていることが多いです。
極端にあなたに還元されていない、というようであればそれはビジネスモデルや会社の体質が起因していることなので、今後も改善の見込みは少ないでしょう。

ただ漫然と働くのではなく、希望の年収を伝えたうえで「どのようにすれば希望に近くなるか」「今後どのような年収が想定されるか」
などきっちりと会社と認識あわせをする必要があります。
このあたりをきちんとできない人は会社に搾取されるパターンが非常に多いので気をつけましょう。
性格的に交渉ガンガンできない、という人はひっそりと転職活動を始めるのもアリだと思います。

作業内容に不満

自社開発、客先に関わらず作業内容に不満、というのはよくある話です。
問題なのはそれが一過性のものか、それとも一定期間で解消されるものなのか、という点ですね。

特に客先常駐などで作業を行う場合、外注だと思って扱いが非常に悪くなる場合もあります。
例えば単純作業しか振らない、とか無茶なタスクを期限を設けて依頼される、とかですね。

このあたりはIT業界の宿命ともいえますが、改善の余地がないようであれば転職もありだと思います。
何故ならこういった問題はホワイト企業や自社開発を行っている企業への転職で解決する場合がほとんどだからです。

まとめ

Androidエンジニアが転職する際に気をつけるポイントについてまとめてみました。
大切なのは会社が原因か自分が原因か、そしてそれが転職によって解決できるかどうかという点につきます。
みなさんの参考になれば幸いです。

Android求人に強い転職エージェントはここだ!

Androidエンジニアが転職して成功するためには、自社開発やホワイト企業に就職することが大前提となります。
ちなみに情報収集は転職サイトよりも転職エージェントを利用することをおススメしておきます。
理由は簡単です。
・転職サイトは企業が掲載しているので都合のいい情報ばかりになってしまう
・転職エージェントは社員の声や生の情報、生きたアドバイスがもらえる

からです。

転職エージェントの情報はネットにたくさんありますので、自分にあった会社をみつけてみてください。

Androidエンジニアの転職はレバテックキャリア一択!

↓Androidエンジニアの転職ならまずは相談したい!転職エージェント↓
【登録はこちら】【レバテックキャリア】

ITに特化した転職エージェントです。年収100万円~300万円アップの事例多数!
転職を考えるエンジニアは登録必須。