ハードルは高いの?フリーランスエンジニア

ハードル競争をする女性

フリーランスエンジニアは高いスキルと知識の方ばっかりなのか?

このぺージではフリーランスエンジニアとして独立するためにはどれくらいのスキルレベルがあればいいのか?皆スキルが高い方ばかりなのだろうか?という点にフォーカスしてみました。
独立したものの、フリーランスとしての水準に達していなくて仕事が全然ない・・ということになったら大変ですよね?
私も会社員→フリーランスエンジニアとなった経験があるためこのあたりについての不安はよくわかります。
では早速見ていきましょう。

結論:フリーランスエンジニアのスキルはそこまで高くなくてもOK

まずは結論から。
私の経験からいうとフリーランスエンジニアになるために突出した技術は必要ありません。
言語に対する基礎的な理解とソフトウェア開発の上流からの一連の流れの経験と知識があれば仕事に困ることはないでしょう。
今では20代で経験2~3年生の開発者がフリーランスになる時代です。
経験やスキルがそもまでなくともマッチした仕事自体はたくさんありますので、そこまで身構える必要はない、というのが結論です。

フリーランスエンジニアはスキル不足も結構いるという実態

こんなことをいうと怒られてしまうかもしれませんが、フリーランスの中にはプログラミングについて本質的な部分の理解が浅い人も多いです。
会社員時代にルーチン作業や特定の業種だけに通用するような環境で開発をしていた人に多い気がします。
ですので、もしあなたが今会社員で独立を検討している場合は、
「自分に足りない部分は何だろう」と考え満遍なく知識をつけておくことをおススメします。

具体的な方法はエージェントに登録し、実際の案件を見せてもらうこと。
案件概要には必須スキル、知識などの項目があり実際の現場ではどういったスキルセットが求められているか一目瞭然です。
それを見て自分の足りない部分を知ることができる、という訳ですね。

独立する時期はいつがベターなの?

スキルはそこまで必要なさそうだ。
自分もフリーになろうかな、と思ったあなた。
で、いつ独立するのがいいんだろうか?という疑問がでてくると思います。

あまりにも若くしてフリーランスエンジニアになるのは少し考えたほうがいいかもしれません。
というのも、ITエンジニアになって1~2年は業界のことやプログラミング知識、
開発現場での立ち振る舞いなど社内人として基礎固めを行える貴重な時期です。
それも給料をもらいながら学習させてもらうことが許される貴重な時間です。
フリーランスで仕事につく以上、教えてもらうというスタンスでなく
助っ人という立場になりますし仕事ができるのは当たり前、という扱いを受けるのが一般的です。
もちろん経験2~3年でもかなり優秀な人はいますし、フリーランスになって業務につくにに早いとは思いません。

このあたりは考え方次第ですが、2年以上経験があってある程度基礎ができている人であればいつでも独立してみてもいいのではないでしょうか。

知ってました?一番大事なのはコミュニケーション能力です

フリーランスエンジニアの場合、自分という商品を看板に背負い仕事をしております。
現場での立ち振る舞いや仕事に取り組む態度などすべて
自分というサービスの評価につながります。
そう考えるとちょっと怖いですよね。
寝不足でもあくびもできない。私もきをつけないと(笑)
それはともかく、フリーエンジニアにとって大事になのはスキルはもちろん、
コミュニケーション能力と覚えておいて間違いはありません。

フリーランスによって一番怖いのがチームメンバーやクライアントとの軋轢なのです。
もし少しでも自覚がある人は少しずつ意識をかえたほうがいいかもしれません(経験者が語る)

体験談/お金が払われない恐怖/やっぱりコミュニケーション大事だね・・

とはいえ、別にやることやっていれば大丈夫でしょ、という考えもあります。
ちょっと私の知り合いのケースを一つ。

業界経験の長いフリーランスエンジニアである彼はどこにいっても職場にうまくなじむことでできません。
具体的には周りとコミュニケーションをうまくとれなかったり、自分のやり方に固執してしまったり、口の利き方がぶっきらぼうだったり、偉い人に気を使えなかったりとにかくクライアントや同僚からの評価が最悪です。
私は彼を知っているのですが、非常にスキルが高いエンジニアです。
英語も堪能ですし、数学もべらぼうに強く、海外にいっても通用するほどずば抜けているスキルをもってます。
ただ自分のやり方に固執したり、指示に従わなかったりという行動が目出ち、現場で嫌われ、挙句のあてにクレームをつけられてお金も払われないまま退場になるようなことが何回かありました。
怖いですよね・・・
ここまで極端でなくともフリーランスでトラブルになる場合って大抵が同じようなケースです。
原因はたった一つ、コミュニケーション能力と気を使う能力が不足していることだけです。
逆にちょっとスキル的に怪しくてもキャラ的に許されて重宝されるようなタイプもいます(笑)
どちらが自分にとってメリットがあるかは自明だと思います。
技術力を売りにするITエンジニアとはいえ、やはり大事なのはコミュニケーションなのです。

必要なスキルセットについて

フリーランスエンジニアに必要なスキルセットとは具体的にどういったものでしょうか?
フリーランスで独立を考えている方は特になるのではないでしょうか。

簡単にいうと、案件ごとに異なりますし、スキル領域によって全く異なりますので一概にはいえません。
必要なスキルセットはだいたいエージェントから案件の紹介を受ける時に記載があります。
私はJavaエンジニアなのですが、例えば以下です。
・Javaの開発経験が5年以上あること
・基本設計~テストまで一連の経験があること
・SpringFWの経験があること
・DIコンテナについて十分な知識があること
・Javascriptの経験があること
・コミュニケーションがあること

これは一例ですが、JavaのSEクラスの場合こういった必須スキルをクリアして初めてエントリーができる、
ということです。
もし足りていないスキルセットがあるようであれば自分にはマッチしていないので、別の案件を探すという流れになりますね。
こういったスキルセットはフリーランスエージェントがよく知っているので、まずは登録し
色々案件の紹介を受けてみると話が早いでしょう。

まとめ

 フリーランスエンジニアはみんな高いスキルと知識を持っているか?
という疑問に答えてみました。
結論からいうと、そんなことは全くありませんということになります。
普通に会社員としてやれている人なら誰でもフリーランスになれます。

2年以上の開発経験がある人なら案件もたくさんあるし相場も高いので気軽に挑戦してみてはいかがでしょうか。

登録必須!定番エージェント一覧はこちら

早速ですが有名どころのフリーランスエージェントをピックアップして一覧にしました。
こちらはフリーランスのプロが使う定番サイトです。
ただし、エージェントによって得意ジャンルや案件の数が全く違いますので自分にあったエージェントに登録することをおススメします。

最強エージェント!レバテックフリーランス

【登録はこちら】レバテックフリーランス

ご存じレバテックフリーランス。直案件&高単価が魅力です。
オープン系開発からインフラ、スマホ案件まで全て揃ってます。
全てのフリーランスエンジニアは登録必須といっても過言ではありません。

 

業務系や汎用系強し!信頼と実績のPe-BANK

【登録はこちら】【Pe-BANK】

フリーエンジニア向けの案件数&実績抜群!
業務系エンジニア御用達のエージェントです。

 

40代からOK!エンジニアファクトリー

【登録はこちら】【エンジニアファクトリー】

40代以降のフリーランス案件を幅広くカバー。
営業スタッフの質が高く、信頼できるエージェントです。
絶対に登録しておきたいエージェントナンバーワンです。

 雇用保険&年金加入や契約社員OK!安定のmidworks

【登録はこちら】【midworks】

保険加入可能。高収入と安定性を実現する素晴らしいエージェント。
安定性を求めるかたにはぴったり。

ハイスキル案件多数!上流SEであればHigh-Performer

【登録はこちら】High-Performer

コンサルや上流レイヤー向け案件多数。
熟練エンジニアや高報酬を狙うあなたは登録必須です。

最新の案件多数!エンジニアの強い味方!ギークスジョブ

【登録はこちら】フリーエンジニア高額案件多数【ギークスジョブ】

気になるベンチャー、勉強している新しい言語・・・
業界でも最先端の案件や情報を取り扱ってます。
まさにギークのためのエージェントです。